3871-JP - 連鎖反応 (1/13 更新)

現在このページは批評中です。

評価: 0+x
blank.png
ガイドへのリンク
アイテム番号:3871-JPItem#:3871-JP
クリアランスレベル2: Clearance
収容クラス: safe
safe-icon.svg
副次クラス: {$secondary-class}
{$secondary-icon}
撹乱クラス: #/dark
dark-icon.svg
リスククラス: #/warning
warning-icon.svg
domino_00

SCP-3871-JPの内、(0,0)の組が描かれた実体の一つ


アイテム番号: SCP-3871-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-3871-JP群及びSCP-3871-JP-Aを内部に保管するサイト-81PDは常に施錠され、低脅威度物品収容場兼、実験場として利用されます。サイト-81PDには常にDクラス職員3名を滞在させ、異常性の研究員への伝播を防いで下さい。異常性から脱したDクラス職員は早急に処分し、処分後25時間が経過するまでは遺体を別室に保管して下さい。実験は、現在もSCP-3871-JPが活性化していることに留意し、特別な目的がある場合を除き、必ずサイト-81PDの内部で行うようにしてください。

説明: SCP-3871-JPは物理的耐性を持つ寸法23×46×8mmのドミノ牌です。外見の一般的なドミノ牌との差異はありません。SCP-3871-JPは地面、他のSCP-3871-JP実体、異常性の対象となる人物(以降SCP-3871-JP-Bと呼称)による接触を除く全ての物体の干渉を受け付けることはありません。SCP-3871-JP-BはSCP-3871-JPを並べる(以降、「ドミノ並べ」と定義)以外の行動を取らなくなります。この時、SCP-3871-JPを生成及び収容する箱(以降SCP-3871-JP-Aと呼称)に、倒れたSCP-3871-JP群を一度全て収容してから「ドミノ並べ」を開始します。SCP-3871-JP-Bは、並べられたSCP-3871-JP群が倒れ続ける連鎖反応(以降、「ドミノ倒し」と定義)を完了させるとSCP-3871-JPを並べる行為は一切行わなくなりますが、影響下にあった際の自身の行動に疑問を抱くことはありません。SCP-3871-JP-Aの装置による分解・破壊はSCP-3871-JPの無限発生を誘発する恐れがある為、行われていません。

発見経緯: 2021/7/1、フリーマーケットアプリにて「誰にも邪魔されないドミノ」として販売されていたSCP-3871-JPを発見したエージェント・██が私的利用を理由に購入した際、SCP-3871-JPが配送予定日を3日超過しても配送されない事例が発生。エージェント・██自ら回収に向かったところ、エージェント・██が回収地点である配達担当店にて「ドミノ並べ」を始めたことが確認され、当該の配達担当店を財団フロント企業が買収し、サイト-81PDとしてSCP-3871-JPの研究を行うこととなりました。現在、エージェント・██はSCP-3871-JP-B-3に指定されていますSCP-███-JPの収容作戦実行中に殉職しました。尚、SCP-3871-JPの出品者(SCP-3871-JP-B-1)は非異常性の要因で既に終了していた為有益な情報は得られていません。よって現在までSCP-3871-JPの起源は不明です。

以下はSCP-3871-JPに関する実験記録です。

実験記録3871-JP-1 2021/7/11 19:21-19:49

対象: SCP-3871-JP , SCP-3871-JP-B-3 , D-81711
方法: D-81711にSCP-3871-JP-B-3の「ドミノ並べ」を妨害させる。
結果: 耐性により、あらゆる妨害は無効であった。その場の職員の内、「ドミノ倒し」の最終到達点に最も近い地点に居たD-81711がSCP-3871-JP-Bに変化した(SCP-3871-JP-B-4に指定)。SCP-3871-JP-B-3は異常性が消失した。
終了報告書: 対象は転移していくと推定される。対象がSCP-3871-JPの設置に多大な時間をかけている為、次の実験を即刻行う。──三那博士


実験記録3871-JP-2 2021/7/11 19:58-23:56

対象: SCP-3871-JP , D-81711(SCP-3871-JP-B-4)
方法: SCP-3871-JP-B-4が「ドミノ並べ」を行う床に、25×50×1000mmの直方体型の筒を設置、固定する。
結果: 筒はドミノ牌が入る大きさではあったが、SCP-3871-JP-B-4は筒内部にSCP-3871-JPを設置することはなく、筒の上部を床と見做しSCP-3871-JPを設置した。
終了報告書: 障害物を無理に退かす、異常な身体の変化を引き起こし無理にもSCP-3871-JPを設置する等は行わないと判明。──三那博士


実験記録3871-JP-3 2021/7/12 0:06-34:29

対象: SCP-3871-JP , D-81712(SCP-3871-JP-B-5)
方法: D-81712を故意にSCP-3871-JP-Bにし1、サイト-81PD外に誘導し「ドミノ並べ」をさせる。
結果: SCP-3871-JP-B-5は何度か栄養失調により倒れては処置を繰り返していたが、14度目の処置後、飢餓の深刻化により終了した。また、SCP-3871-JP-B-4に異常性が再発した。
終了報告書: 自力で栄養を摂ることが不可能であること、また、設置が中断されると先代のSCP-3871-JP-Bは異常性の影響が再発することが判明した。今回だけで屋外の実験は充分だ。──三那博士


実験記録3871-JP-4 2021/7/13 10:43-14:07

対象: SCP-3871-JP , D-81713(SCP-3871-JP-B-6)
方法: D-81713を故意にSCP-3871-JP-Bにし、サイト-81PD内で「ドミノ倒し」をさせる。
結果: SCP-3871-JP-B-6が「ドミノ倒し」に成功したと同時に、サイト-81██のDクラス職員専用棟にて待機中であったSCP-3871-JP-B-4が突如として終了した。
終了報告書: 原因を調査中。後々追記を行う。──三那博士


追記1: サイト-81██内部の監視カメラの記録により新たな異常性が発覚しました。以下はその記録です。

映像記録-s81██-d37-20210713140453

付記: SCP-3871-JP-B-4とD-81609は専用個室が隣接しており、互いの発言を認識できる状態にあった。██監視員は当時Dクラス職員専用棟を監視カメラ越しに監視しており、上記2名に対し館内放送を用いて注意を行っていた。

<再生>

[重要度の低い会話を省略]

SCP-3871-JP-B-4: …なあ。なんか聞こえねーか?

D-81609: いや、別に何も。

SCP-3871-JP-B-4: そうかい。俺には聞こえてんだ。よく耳を澄ましてみろよ。

D-81609: ……シーンとしてんな。

SCP-3871-JP-B-4: 馬鹿が。何なんだよこの音は……気味悪ぃな……

D-81609: どうせお前の幻聴だろ?な?

[SCP-3871-JP-4の声が震え始める。声からは恐怖感が窺える。]

SCP-3871-JP-B-4: ほら……ゴトゴトって何かデッカいものが列になってこっちに倒れてきてるような音。我ながら的確な例えだと思うが。なぁ、聞こえるだろ?

D-81609: いや……お前、急にどうしたんだよ。そんな焦らな

SCP-3871-JP-B-4: [遮る]おい、もうすぐそこまで来てる!押し潰される前に出るぞ!

██監視員: 不必要に大声を出すのは控えなさい。

SCP-3871-JP-B-4: 必要に決まってんだろ!俺の命が危ねーんだよ!俺に圧死しろとでも言ってんのか?早く出せ!なあ!

[SCP-3871-JP-B-4が扉を何度も叩く。]

██監視員: 何も音は鳴っていない。これ以上暴れ続けるようなら鎮静剤を投与する。

SCP-3871-JP-B-4: ああ、いいさ。鎮静剤でも何でも打ってみればいいじゃねぇか!人の命を蔑ろに……

[一瞬の沈黙、後に強い衝撃音。SCP-3871-JP-B-4専用個室内壁が瞬時に赤く染まる]

D-81609: ……おい、今の音は何だ?

██監視員: [放送機器に]Dクラス職員専用棟███番個室に異常発生!周辺のプロトコルに従い直ちに緊急隔離措置を!繰り返す──

<終了>

終了報告書: 調査の結果、SCP-3871-JP-B-4は背後より起源不明の直接的な力を受け全身を粉砕骨折したことにより終了しており、終了時刻はSCP-3871-JP-B-6が「ドミノ倒し」を完了させた時刻と完全に同刻であると判明しました。終了時SCP-3871-JP-B-4に加わった力は6000N以上、重量換算で約612kg以上と推定されています。SCP-3871-JP-B-4が訴えた音の出処は不明です。──三那博士


以上の記録により判明した新たな異常性と、過去に被異常者となった経験のあるSCP-3871-JP-Bが例外無く、連続して終了している事実との関連性について調査が行われています。

追記2: 以下は上記の調査により判明したSCP-3871-JP-Bに発生した事象のリストです。
対象 発生事象等 時刻
SCP-3871-JP-B-1 動画制作者 自室にて休暇中、突如本棚の角に頭部を激突させ終了したと見られる。一人暮らしであった為か、目撃者は存在せず。発見当初は精神的苦痛による非異常性の自死と見られていた。異常性にも関わらずSCP-3871-JPを販売し、SCP-3871-JP-B-2に影響を与えることが可能であったことから、転売を目的にSCP-3871-JP群を入手したと推測される。 7/5 14:00(推定)
SCP-3871-JP-B-2 配達員 就職先にてパイプ椅子に着席しての休憩中、周囲を見渡す素振りを見せ、パニック状態に陥る。その間も着席したままであった。その後、突如上半身が前方に勢いよく倒れ、上半身の大半を骨折した状態で終了した。同僚により死体が発見された後、事件として警察に処理されていた。 7/11 19:49
SCP-3871-JP-B-3 エージェント 事象発生以前(7/11 20:58)に頭部への致命傷により殉職していた為、事象による終了は無かった。埋葬準備中に事象が発生し、7/14、映像記録を受けて行われた調査により全身が圧潰された状態で発見された。 7/12 0:06(推定)
SCP-3871-JP-B-4 Dクラス職員 収容室内壁に頭を強打し終了。終了直前に「巨大な物体が列になり自身に向けて倒れてくる」幻聴を訴え興奮状態となる。詳細記録は追記1に記載。 7/13 14:07
SCP-3871-JP-B-5 Dクラス職員 34時間23分に渡り屋外で「ドミノ並べ」を試み、非異常性の栄養失調により終了。 7/13 10:29

調査結果より、SCP-3871-JP-Bは、後代のSCP-3871-JP-Bが「ドミノ倒し」を完了させたとき、後方から受ける力により例外無く終了することが判明しました。これを受け、SCP-3871-JP-Bの延命を試みる為のサイト-81PDの大幅な増築が提案されましたが、SCP-3871-JP-B-5の事例を受け、小規模な増築に留まりました。現在、殆ど24時間周期でSCP-3871-JP-Bが「ドミノ並べ」「ドミノ倒し」を完了させている状況です。

現在、SCP-3871-JP-B-09 Jul 2021 15:00が「ドミノ並べ」を実行しています。

追記3: 以下の文章は三那博士により追記されたものです。

SCP-3871-JP-Bは、宛らSCP-3871-JPのように連鎖反応を起こす。

SCP-3871-JPは前方のSCP-3871-JPを倒す。前方のSCP-3871-JPが倒れると、接触までにかかる時間を経てその次のSCP-3871-JPも倒れる。最後のSCP-3871-JPが倒された瞬間、SCP-3871-JP-Bは終了する。SCP-3871-JP-Bが終了すると、SCP-3871-JP群は片付けられ、無かったことにされた後、新たに配置される。

SCP-3871-JP-Bは先代のSCP-3871-JP-Bを倒す。先代のSCP-3871-JP-Bが倒れると、「ドミノ倒し」にかかる時間を経てそのSCP-3871-JP-Bも倒れる。最後のSCP-3871-JP-Bが終了した瞬間、「何か」が終了する。「何か」が終了すると、SCP-3871-JP-B群は「片付けられ」、無かったことにされた後、新たに配置される。

3871jp

三那博士の作成した図と文章。

最後のSCP-3871-JP-B、つまり最後の人類に渡る前にこの連鎖を止めなければならない。でなければ、私達は「片付けられ」、誰にも知られぬまま、忘れ去られてしまうだろう。──三那博士



追記4: 当該文章はその内容がもたらす被害を考慮し、閲覧制限がかけられています。



付与予定タグ: scp safe jp 強制力 人工 精神影響 聴覚 破壊不可能


    • _


    コメント投稿フォームへ

    注意: 批評して欲しいポイントやスポイラー、改稿内容についてはコメントではなく下書き本文に直接書き入れて下さい。初めての下書きであっても投稿報告は不要です。批評内容に対する返答以外で自身の下書きにコメントしないようお願いします。

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The T2_8na's portal does not exist.


エラー: T2_8naのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7801238 (02 Jan 2022 00:52)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License