SCP-3029 - KIC 8462852 ("Tabby's Star") / KIC 8462852(タビーの星)

このページの批評は終了しました。


原文: https://scp-wiki.wikidot.com/scp-3029 by GeometryPrimeGeometryPrime et al., rev. 36
評価: 0+x
blank.png
KIC_8462852_in_IR_and_UV.png

KIC 8462852 photographed in Infrared and Ultraviolet light / KIC 8462852の赤外線および紫外線写真

Item #: SCP-3029
アイテム番号: SCP-3029

Object Class: Euclid
オブジェクトクラス: Euclid

Special Containment Procedures: Because of the size and distance of SCP-3029, full containment is impossible. Some aspects of SCP-3029 are already well-known among civilian media outlets, so completely hiding the anomaly through amnestics or editing of scientific data is implausible. However, such methods may be employed to convince astronomers that the observed dimming pattern is the result of dust clouds or comets obscuring the star from view.
特別収容プロトコル: SCP-3029の大きさと距離の隔たりのため、完全な収容は不可能です。SCP-3029のいくつかの側面はすでに民間の報道機関の間で周知されており、記憶処理や科学的データの改ざんによりアノマリーを完全に秘匿することは妥当ではありません。しかし、これらの手段は、観測された減光パターンは塵雲や彗星が星を視界から覆った結果である、と天文学者に納得させるために利用できます。

Description: SCP-3029 is the cause of the phenomenon affecting KIC 8462852, an F-type main sequence star located in the Cygnus constellation, roughly 1,280 ly from Earth. This star dims periodically - while it was first assumed that this indicated a transiting exoplanet, the irregular nature of this dimming ruled out that possibility.
説明: SCP-3029は、はくちょう座に位置するF型主系列星KIC 8462852に影響する現象の原因で、地球から約1,280光年の距離に位置します。この恒星は定期的に減光します。これは初め系外惑星の通過を示すものと考えられていましたが、減光が不規則であることから可能性は否定されました。

Class_C_Stellar_Engine.jfif

Diagram of the SCP-3029 system / SCP-3029の概要図

SCP-3029 has been determined to be an array of large, reflective objects,1 in an orbit around the star with an average altitude of █.██ AU. It is currently believed that these function as solar collectors, and have been known to obscure a maximum of over 20% of the star's light.
SCP-3029は一連の巨大な反射物体2であり、周回軌道上の平均高度█.██天文単位で星を取り囲んでいると判明しました。現在は太陽熱集熱器として働くと考えられており、最大で20%以上の光を吸収することが知られています。

The star system also appears to move at a calculated rate of roughly 0.1c relative to the Earth. The cause of this motion is a large curved reflector,3 measuring roughly 2 AU across and directed perpendicular to the galactic plane. This reflector is aligned such that only the darkened side is visible from Earth, but at no point obscures KIC 8462852. Furthermore, it is positioned such that photon pressure cancels its gravitational attraction to its parent star, and directs all light, radiation, and emitted particles in the opposite direction.
加えて、当該の恒星系は地球に対して約0.1cで接近していると考えられています。この接近は、およそ2天文単位の幅を持ち銀河面に垂直方向を向く、巨大な湾曲した反射器4が原因となっています。この反射器は地球から暗い面のみが見え、なおかつKIC 8462852のどの点も覆い隠さないよう整列されています。その上、光子圧力が主星の重力を相殺し、反対方向へ全ての可視光、放射線、および放出粒子を向けることができるような配置がなされています。

This directed emission produces a small prograde thrust, causing a noticeable acceleration in the entire system, that will eventually lead to its escape from the gravity well of the Milky Way. Assuming constant acceleration to reach its current speed, it is believed that this "thruster" has been in operation for over a century.
この有向放射はわずかに天体の順行を推進させ、系全体の顕著な速度の増加を引き起こし、将来的に天の川銀河の重力井戸からの脱出を引き起こします。一定の加速度で現在の速度に達したと仮定した場合、この「スラスター」は1世紀以上にわたり動作していると考えられています。

No information is currently known about either the creators of these megastructures, or their motivation for accomplishing a project of this scale.
現在のところ、これら巨大構造の創造主、この規模の計画を遂行する動機のいずれも不明なままです。



    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The p1ng's portal does not exist.


エラー: p1ngのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7749785 ( 13 Nov 2021 12:42 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License