終わらせるメビウスの輪

このページの批評は終了しました。


アイテム番号:SCP-XXX-JP
オブジェクトクラス:Safe→Keter→Thaumiel→Neutralized
特別収容プロコトル:SCP-XXX-JPは30cm×30cm×30cmの鉄製の箱に収容してください。(これはアクシデントXXX-1前の方法です。)

8月10日現在、SCP-XXX-JPの収容は確立されておりません。(これはアクシデントXXX-2前の情報です。)

SCP-XXX-JPは現在活動しておりませんが、引き続き警戒してください。

説明:SCP-XXX-JPは紙でできたメビウスの輪です。

SCP-XXX-JPの異常性は他者の終わらせたいと願ったものを終わらせることです。この異常性は全てに対して有効です。

SCP-XXX-JPは対話が可能です。以下はSCP-XXX-JPと神谷博士の対話です。

神谷博士:あなたはどのようにして生まれたのですか?
SCP-XXX-JP:さぁ…。どうだったかな。忘れた。
神谷博士:そうですか。では次の質問です。あなたはなぜ終わらせるのですか?
SCP-XXX-JP:?お前らが終わらせたいと願っているのではないか。
神谷博士:確かにそうですね。では最後の質問です。あなたが終わらせる動機はなんです?
SCP-XXX-JP:お前らは生きるのに理由があるのか?同じことだ。
神谷博士:そうですか。ありがとうございました。

補遺:
インタビュー記録XXX-█

インタビュー対象:女子高生██████ 財団がSCP-XXX-JPを見つける前の保持者。いじめを受けていた。
インタビュアー:神谷博士
<記録開始>
神谷博士:こんにちは。…大丈夫ですよ。そんなに緊張なさらずとも。
██████:は、はい…。すみません…。
神谷博士:大丈夫です。今日はあのメビウスの輪について教えてください。
██████:あのメビウスの輪は…。近所の山奥にある家で見つけました。それを私は持ち帰り…学校の愚痴を聞くお人形の様にしました…。
神谷博士:続けてください。
██████:はい…。えっと…私は学校でいじめられてて…。それで私はある日…あのメビウスの輪にこう愚痴ったんです…。
神谷博士:なんと言ったのですか?
██████:あの子たちの人生なんて早く終わらないかなって…。そしたら…フフッ
神谷博士:██████さん?
██████:みんなしんだ!わたしを!いじめたやつらは!みんなしんだ!わたしをいじめるからだっ!あはははははははは!
記録終了
記録終了後、██████は叫びながら部屋を出るが警備員に捕まる。その後、██████は精神科病院に入院した。

アクシデントXXX-1
SCP-XXX-JPが自身の異常性を使用し、収容違反を起こす。2時間後に再収容した。このアクシデントにより、SCP-XXX-JPはKeterクラスに引き上げされた。

アクシデント‐2
突如としてSCP-XXX-JPの異常性が消えました。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The kouen_mikan's portal does not exist.


エラー: kouen_mikanのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7743875 ( 15 Nov 2021 02:53 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License