吊り下げられし大廃趾(原題Vast Suspended Ruins)
評価: 0+x
blank.png

サイト‐01は完璧を目指して設計された。

Site-01 was designed to be perfect.

拡大した多次元宇宙の中で、財団はかつてゆるく協力していただけだった。宇宙を脅かすようなイベントに対処できるような状態ではなかった。そこで、単一の評議会、単一の司令部、中枢から外縁に下る樹形の連合的な組織、といった統合化の計画の大まかな輪郭が描かれた。その計画は完璧に遂行されるはずだった。

The multiverse had become vast, its various Foundations only loosely aligned. They were ill-prepared to deal with events of cosmic significance. So a unification plan was outlined: a single council, a single command, a cascading and federated tree descending from the centre to the periphery. It was going to be perfect.

サイト‐01、最終的で決定的なサイト‐01はその計画の代名詞だった。ソルとオーチャードの間の暗闇に位置する広大な領域は単一の共有基準点として機能するはずだった。燈火のルアーの切り抜きが半径1000マイルにわたる広大な規模に利用し複製され、停滞と均衡をもたらした。

Site-01 - the final, definitive Site-01 - was the epitome of that plan. A vast sphere, set in darkness between Sol and Orchard, that would function as a single shared reference point. Cuttings from the Lamplight lure were taken and reproduced on a vast scale across its thousand-mile radius, granting stability and stasis.

それは非現実の中に吊り下げられた都市で、全世界の喧々囂々をかき集めたような場所だった。各宇宙の財団が持つイエローストーンは掘り起こされ、それらの持つ時空操作装置が輸送され、プラグインされ、巨大な時計へと接続された。そうして、全員が同期性を保ちながら、思いのままに事象の流れを操ることができるようになった。

It was a city, suspended in unreality, where all the hustle and bustle of the worlds could be unified. The Yellowstone bunkers of every Foundation were dug up and their time-altering machines transported, plugged in and rerouted into an enormous clock, keeping everyone in sync, able to plan and alter the flow of events at will.

エンジニアたちは全容を完全には理解していなかったし、理解する必要もなかった。しかし彼らの内にはその巨大な機関を見上げて不安を抱く者もいた。封印された過去は保管庫に吊り下げられて、もう元には戻れない状態だった。そんな状況からくる不穏が彼らの宿舎や大食堂、飲食店、薬屋に浸透していた。彼らの中の何人かは、夜に声が聞こえるなどと訴えていた。

The engineers didn't fully understand them - they didn't need to. But a few of them felt nervous as they looked up at them. Pasts that were locked away were suspended inside their vaults. Things that could never be recovered. A sense of the unnaturalness of it all pervaded their quarters and mess halls, their eateries and drug parlours. Some of them swore they could hear voices at night.

しかし、何の問題があるだろうか?石と砂で作られた広大なホールは現実のものにであり、領域内の全体に構築されていた。ホールは完璧に安定しており、数えきれないほどの安全装置が設置されていた。財団はサイト‐01が停止した時に何が起こりうるかを知っていて、尚且つそんなことが起こらないように規定していた。いかなる機能不全が起こる確率も天文学的な確率だった。彼らは油断もしていなかったし、思い上がってもいなかった。彼らは慎重だった。

But what could go wrong? Vast halls of stone and sand, the stuff of reality, were constructed across the sphere. It was perfectly stable, designed with a thousand safeguards. The Foundation knew what could happen if Site-01 failed, and they were determined to make it impossible. The odds of anything happening were astronomical. They were not hubristic or arrogant. They would be careful.

彼らの間違いは、全てが永遠に続くと考えていたことだった。

Their mistake was to think anything lasted forever.


アイリーンを隊長に五人。全員アイリ―ンを知っていた。彼女は最も経験豊富な宇宙間エージェントの一人だった。彼女は自身の実行力と厳格さによって隊員たちの信頼を勝ち取っていた。彼女の髪は短いピクシーカットで、目は深みのある濃い茶色に輝いていた。

There were five of them, with Irene in command. They all knew Irene. She was one of the most experienced multiversal agents. They'd come to trust her, her practicality, her severity. Her hair was short, in a pixie cut, and her eyes flashed a deep, dark brown.

サイモンはうわのそらな笑顔をヘルメットのバイザーで隠していた。彼は恐らく、自分を安心させるために、起こりうる失敗を全て数えていたのだろう。彼は、彼なりの方法ではあるが、多分チームの中で最も正気を保てていたのだろう。

Simon was there, his dreamy smile obscured by his helmet visor. He was probably counting all the ways things could go wrong, in order to reassure himself. He was, in his own way, probably the sanest of all of them.

ファティマはいつも通りくよくよと考え込んでいた。アンダルスから逃げ出した彼女は19にして財団に就職した。七年間の勤務によって彼女は鍛えられたが、酔って出来上がった時は、そのころの話がよく彼女の口からこぼれていたものだ。彼女は心の奥で帰りたがっていたが、家族に合わせる顔がなかった。そのため彼女はコルドバの明かりと不滅共和国の中心地のマディナート・アル・ザハラについて何度も美化して語り続けた。白塗りの石の大地では、全てがとても輝かしかった。

Fatima was brooding, as usual. A runaway from Andalus, she had joined the Foundation at only 19. Seven years in their service had toughened her up, but when she got good and drunk, the stories would start spilling out of her. She wanted to return, deep down, but couldn't face her family. So she waxed on and on about the lights of Cordoba, and the Madinat al-Zahara, seat of the Eternal Republic. It all sounded so glorious, a land of whitewashed stone.

アルベルトはいつでも笑顔と優しい言葉を絶やさなかった。彼はどこか暗くて危険な、あるサンフランシスコのスラム街から来た。その街はブラックホールのようであり、カリフォルニアをずっと昔にその腹に飲み込んでしまっていた。財団がまだ取り戻していない多くのソルのピットタウンの一つでもあった。彼は悪戦苦闘の末に境界にたどり着き、その外縁に群がっていたどこにでもいるような救助隊に暖かく迎え入れられた。

Then there was Albert, always ready with a smile and a kind word. He'd come from somewhere dark and dangerous, a slum in San Francisco, that black hole of a city which had long ago absorbed California into its maw. One of Sol's many pit-towns that the Foundation had yet to reclaim. He clawed his way up through shit and dread to reach the surface, welcomed by the omnipresent rescuers that crowded around its edge.

そして、「彼女」がいた。彼女は自身の名前を使うべきだったが、そうしたくなかった。名前というものは人を一か所に固定するからだ。名前は人に定義を与え、変化を妨げる。名前という永続的な本質を与えるものは、彼女の流儀に合わなかった。

And then there was her. She ought to use her name, but she didn't want to. Names pinned you down. Names gave you definition, prevented change. You had an essence if you had a name, a sense of permanency, and that wasn't her style.

しかし、彼女の名前はまだ彼女の中に刻み込まれていた。何度復活しようとも、どれだけ年を重ねようとも、人は自身の過去を切り捨てることはできない。同様に彼女の名前もそこに居続けた。

But it was still there, within her. No matter how many times she was resurrected, no matter how long she aged, you couldn't excise your own past. It was always there.

「聞いて」アイリーンは彼女の思索を一睨みで遮った。「この物体からの放射線は死に至るものよ。おかしくなりたくないなら、私たちは2時間以内にここにおける作戦を完了する必要があるわ。こいつの腹の中では復活できるとは思わないことね」彼女は鼻をこすり、一瞬目を細めた。

"Listen up." Irene interrupted her reverie with a glare. "The radiation from this thing is lethal. We need to be in-and-out in under two hours, or it'll start getting weird. Don't expect a resurrection in the belly of this thing." She rubbed her nose, scrunching her eyes momentarily.

「ここに着陸するわ」アイリーンは地図の端にある巨大な砂時計の形をした地点を指さした。砂時計以外の部分ではあちこちで矛盾が湧き出ては茂り、揺れ動いては消滅し、分解と再形成を何度も繰り返していた。

"We'll be touching down here." She pointed to a spot on the edge of the map, which looked like an enormous hourglass. Except, here and there, the inconsistencies boiled and grew, flailing into nothingness, deforming and reforming over and over again.


彼女は金属製の台座に慎重に足を置いた。それは宇宙に浮かぶ破片であり、ハークレティアンの輝く光が瓦礫の現実性と浮遊を保っていた。

She put a foot gingerly on the metal platform. It was a piece of debris, floating in space, with a shining Harkhretian light keeping it afloat and real.

サイト‐01程の巨大なものを破壊することはできない。飲み込まれたり吸い込まれたりにはあまりにも大きすぎたのだ。どうやら空間分配器の1つの気まぐれに起こった不調から連鎖反応が引き起こされたらしいが、それは膨大な数の偶然の一致によるものだった。一万年周期の同期的なプログラムリセットによって500のフェイルセーフが非アクティブになる一瞬を正確に突かれたのだった。

You couldn't just destroy something as large as Site-01. It was too big to be swallowed or sucked away. What apparently happened was a freak malfunction in one of the spatial distributors, causing a chain reaction that, by an enormous set of coincidences, happened at the one exact second that five hundred of the failsafes were momentarily inactive due to a tiny, once-in-ten-millenia sync-up of programme resets.

それがただの偶然の一致でないことは全員が知っていた。しかし、新しくできた復興部門が念を押し続けていたため、彼らは偶然の可能性を捨てきれないでいた。

Everyone knew it wasn't a coincidence. But, as the new Reclamation Division kept reminding everyone, you couldn't actually rule the possibility out.

サイト全体が崩壊した。ひとたび空間が崩れ始めたかと思うとあちこちに膨らみ、時間も崩壊を始めた。全ての施設が中央の電力ノードの周りで歪曲を始め、散開し、2つの巨大な円錐、あるいは涙滴の形に巻き付いた。そうして、砂時計の形が出来上がった。

The entire site had collapsed in on itself. Once space had failed, ballooning this way and that, time also began to collapse. Everything began to bend around the central power node, and then expand outwards, coiling away in two immense cones, or bulbs. The shape of an hourglass.

他の場所と同じように、そこにいたすべての住民は即死したと思われていた。しかし新しい管理者はそうとは確信しきっていなかった。シグナルを送れば砂時計から返送されていたからだ。外の人々は信号をランダムなデータ、そして古代の機械からの朽ち果てたパターンとして記録していた。しかしその後、オーチャード中にささやき声が聞こえ始めた。そしてそのささやきは止みそうになかった。

Everyone assumed that the inhabitants had been killed instantly, like everywhere else, but the new Administrator hadn't been so sure. There were… signals, if you would, that kept bouncing out of the hourglass. Everyone wrote these off as random data, decaying patterns from ancient machinery. But then, all across Orchard, the whispers started. And they wouldn't stop.

この音は、全く起きたこともないようなことを、ささやいていた。

Whispers of things that had never happened at all.

彼女は注意深く前進していた。アイリーンは二番目の台座に降り立ち、他の隊員もすぐそれに続いた。サイモンはニヤニヤしながら、彼女の方を見上げて手を振った。「玉砕任務もいいとこですね」皮質コルテクスを通してアイリーンにも声が届いた。

She moved forward, carefully. Irene had landed on a second platform; the others, slightly below. Simon waved up at her, grinning. "Nothing like a good suicide mission," came his voice across the cortex.

「笑えない冗談ね、サイモン」アイリーンはぴしゃりと言い捨てた。「ここで皮質がどんなふうに作用するかは未知数なのよ。だからこれは本当に玉砕任務になり"うる"わ。なんにせよ、みんな警戒は怠らないで」

"This isn't funny, Simon," snapped Irene. "We don't know how the cortex is going to react in here. This really could be a suicide mission. So whatever you do, be careful."

サイモンは首を横に振り、彼らの前にある巨大な壁へと向き直った。いくつかの台座や残骸はその中央の大きな裂け目を作った。機械自動修復システムが稼働していて、必死に壁を直そうとしているように見えるが、つなぎ合わせられそうにない。彼らが理解できたのは、これだけだった。

Simon shook his head, and turned towards the huge wall in front of them. A handful of other platforms and ruins led to a huge gash in the centre. Machinery - automated repair systems - could be seen, hard at work, desperately trying to patch up the walls. It was the only thing they understood.

彼女はため息をつき、跳び下りた。

She sighed, and jumped.


砂時計の内部にはむき出しの傷口があった。火花が左右の壁から飛び出し、残された大理石の化粧板の残骸を跳ねていった。ファティマは彼女の側について他のメンバーとの合流地点である2
ニマイル先のアトリウムへと歩いている途中だった。

Inside was an open wound. Sparks flew out of the sides of walls, leaping through what remained of the marble veneer. Fatima was walking beside her; they were en route to meeting up with the others in an atrium two miles ahead.

「アストゥリアス人なの?」

"You're Asturian?"

彼女は質問から始めることにした。ファティマは旅路の間、つまり彼女と知り合ってからずっと黙っていた。そこで、彼女はその手段を足掛かりにして、少し雑談をしたかったのだ。

She started at the question. Fatima had been almost silent for the whole journey - hell, for the whole time she'd known her. And then she wants to make small talk by asking that?

しかしファティマは答えなかった。答えたくなかった。彼女が「はい」と答えた途端には、コルドバとアストゥリアスの歴史のすべて、終わらない戦争、「鉄の壁」、和睦に向けた長い外交努力、ファティマの脳内にあるもろもろ全てが現れるのだ。どんな方法であっても、それは彼女が折り合いをつけなければならないことであると思い起こさせるからだ。

She didn't answer. She didn't want to. The second she answered "yes", the entire history of Cordoba and Asturias, the endless wars, the Iron Wall, the long diplomatic efforts towards a rapproachment - everything would be there, and whichever way you dealt with it, you still had to deal with it.

ファティマは黙って肩をすくめた。「ねえ、別に嫌味を言おうってわけじゃないよ」

Fatima shrugged at her silence. "Hey, I'm not judging."

私はアストゥリアスのことをよく覚えていない。彼女が最後に行ってからは五、六年しか経っていないが、アストゥリアスはたゆまず変化の波にさらされていた。オビエドはキラキラした巨大な都市になっていた。彼女が若かりし頃の大聖堂は林立した鋼鉄とガラスの建造物の影に隠れ、モノレールは低空を飛び交い、多くのコネクションを作って、灰色のコンクリートの集合体で場所全体を覆っていた。

She couldn't even remember Asturias very well. It had only been five or six years since she'd last been there, but the pace of change was indomitable. Oviedo had turned into a vast city of glittering lights. The cathedrals of her youth were shadowed by immense structures of steel and glass, monorails flying through the lower atmosphere, making so many connections that you may as well have shaded the whole place in, a mass of grey concrete.

「ちょうど次の角にいるはず」

"Should be just around the next corner."

ニ人は曲がり角を曲がり、足を止めた。アイリーンとアルベルトはそこにいなかった。代わりに、白衣を着た男が代わりにいる。男は懐中時計を見ている。

The two of them moved around the bend, and stopped. Irene and Alberto weren't there. Instead, there was a man in a white coat, looking at a pocket watch.

彼女は男にゆっくりと近づく。「こんにちは、私の声が聞こえますか?」

She crept closer. "Hello, sir? Can you hear me?"

男は懐中時計を見つめて悪態をつき、そして歩き出す。彼には彼女の声が聞こえていなかったし、彼女の姿を見えてもいなかった。反対側の壁にたどり着いた彼は上を見た。彼の顔が戦慄に染まっていく。彼は振り返り、喚き散らしながら、走りだした。

The man stared at the pocket watch, swore, and then walked forward. He hadn't seen or heard her. He reached the opposite wall, and looked up. An expression of terror took over his features. He turned, screaming, and started to run-

ーーそしてパッと元の場所に戻り、懐中時計を見る。彼は悪態をつき、そして前に歩き出す。相変わらず彼には彼女の声が聞こえていなかったし、彼女の姿を見えてもいなかった。

- and snapped back to his original position, looking at a pocket watch. He swore, then walked forward. He hadn't seen or heard her.

「ループ……」ファティマはため息をついた。「それじゃ、生存者はいないってわけ。誰がこの事件を計画したかは知らないけど、完璧にいったようね」

"A loop…" Fatima sighed. "So no survivors, then. No imperfections in - in whoever's plan this was."

「わからないけど……」彼女は男の近くに近寄る。男は再び走り出し、同じように恐怖に表情を歪めた。「何かが生き残っているわよ。人じゃないかもしれないけど」

"I don't know…" She moved closer to the man, who was running again, the same look of contorted fear. "Something's survived. Even if it's not a person."


彼らは数マイル先で合流した。予定通り場所で予定通りの時刻に到着したと誰もが確信したが、そこには他に誰も見つからなかったと口をそろえていった。

They met up a few miles ahead. They all swore they had reached the right place at the right time, but that nobody else was there.

「時間異常が起きている」アイリーンは言った。「なるほど。そんなことだろうと私たちも考えていたわ。二人がそれを見たってことは、私たちは同様な異常にさらに遭遇するでしょうね。私たちは共に行動した方がよさそうね、さもなければ私たちの命がいくつあっても足りないわ」

"Time trouble," said Irene. "Alright. We figured as much. Given what you two saw, it's likely we'll encounter more. We'd better stick together, or God alone knows when we'll end up."

五人は前進を始めた。その場所は迷宮だった。明るく陽気な会話をするためにではなく、精神を抑圧し、畏怖の感情を生み出すために設計されていた。巨大な鋼鉄の柱、終わりのないような階段、風力システムを備えるに足る広さのある大通り。彼らは、ある機械を前にするアリほどの大きさだった。
The five of them began to advance. The place was a labyrinth. It had not been designed for light and airy conversations, but to overwhelm the mind, create a sense of awe. Huge columns of steel, endless staircases and avenues large enough to have wind systems. They were the size of ants in the face of a machine.

「しかし、これじゃだめですね」ふとアルベルトは言った。「俺たちはずっと歩いてきて、まあどれくらいの長さかは分かりませんが、今までにいくつかの内部構造くらい調査できていてしかるべきじゃないでしょうかーーそこまで多くの廊下はありませんし」

"But this isn't right," said Alberto at one point. "We've been walking for - well, I don't know how long, but we should have got into at least some of the inner workings by now. There weren't that many halls."

「ああ」アイリーンは返した。「異常が起きたシステムはひとつだけじゃないようだ」

"Yep," said Irene. "Which means it's more than one system that's failed."

それはエッシャーの版画のようだった。大理石は白、茶、灰と色を変える。へんてこな階段が彼らをどこかへ、また別のどこかへと連れて行く間にシャンデリアが次々と頭上をかすめる。彼女から見て、部屋の中には訳の分からないものしかなかった。

It was like an Escher print. The marble changed colour, white and brown and grey. Chandelier after chandelier loomed overhead, until an improbable staircase took them somewhere else, and then somewhere else. None of the rooms had any meaning, as far as she could tell.

地図はだいぶ前から機能しなくなっていたが、スキャナーはまだ彼らの位置を示していた。彼らは砂時計のくびれの部分へどんどん進んでいたが、いまだに長い距離があった。気が詰まるほど窮屈であった。彼らは何度も同じ一帯を繰り返し歩いていたが、毎回違う場所を歩いている気がした。その施設が彼らをどうするか決めるまで、彼らはただ苦しみの中にいるかのようだった。

The map had long since stopped working, but their scanners still told them their position. They were moving closer and closer to the centre, to the focal point of the hourglass, but they were still a long way off. It was claustrophobic. It felt like they were moving over the same patch of land again and again, different each time, there only on sufferance until the station knew what to make of them.


付与予定タグ: ここに付与する予定のタグ


ERROR

The KABOOM1103's portal does not exist.


エラー: KABOOM1103のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7737619 ( 13 Nov 2021 08:52 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License