SCP-2320 - 路面電車 (翻訳)

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x
blank.png

始めて翻訳をしてみました

Item #: SCP-2320

Threat Level: Green

Containment Class: Safe

アイテム番号: SCP-2320

脅威レベル:

収容クラス: Safe


Special Containment Procedures: SCP-2320 is currently contained within Garage 01 at Site-45. Access to SCP-2320 is limited to interviews with SCP-2320-B and exploratory missions to SCP-2320-1. No further physical security is necessary.

Exploration of SCP-2320-1 does not require any deviation from Standard Exploration Protocols.

特別収容プロトコル: SCP-2320は現在、サイト-45のガレージ01に収容されています。SCP-2320への接触は、SCP-2320-Bへのインタビューと、SCP-2320-1への調査任務に限定されています。これ以上の物理セキュリティは必要ありません。

標準調査プロトコルから逸脱したSCP-2320の調査は必要はありません。

Description: SCP-2320 is a refurbished PCC streetcar, originally manufactured by the St. Louis Car Company in 1938. SCP-2320 is capable of operating without access to electrical power and is capable of off-rail travel, but otherwise does not bear any outward mechanical or structural anomalies. The vehicle is painted with a red and white color scheme, typical of the Pittsburgh Railways streetcar fleet.

SCP-2320-A is a humanoid entity inhabiting SCP-2320, measuring 1.5 meters in height and wearing a black zentai1. SCP-2320-A wears a puppet on its right hand at all times, designated SCP-2320-B. This puppet is dressed in the uniform of a Pittsburgh Railways conductor of the period when SCP-2320 was constructed, bearing a nametag that reads “Mr. Conductor”. SCP-2320-B is capable of verbal communication, speaking in Pittsburgh / North Midland dialect. SCP-2320-B is friendly and courteous towards all individuals entering SCP-2320, though it will avoid direct answers to questions regarding its nature and origins.

It was initially assumed that SCP-2320-A was the source of SCP-2320-B’s voice through ventriloquism: This was later found to be incorrect, with the voice originating solely from SCP-2320-B.

説明: SCP-2320は、1938年にセントルイス・カー・カンパニー2が製造したPCCカー3で、それが改装されたものです。SCP-2320は無電力で動作すること、レールなしで移動することが可能ですが、それ以外に機械的または構造的な外観上の異常はありません。車両は、ピッツバーグ鉄道の路面電車に特有の、赤と白の配色で塗装されています。

SCP-2320-AはSCP-2320内に生息する人型実体で、身長は1.5メートルあり、黒い全身タイツを着用しています4。SCP-2320-Aは右手に、SCP-2320-Bに指定されたパペットを常時着用しています。SCP-2320-Bは、SCP-2320が造られた当時のピッツバーグ鉄道の車掌の制服と、「車掌」と記載されたネームプレートを着用しています。SCP-2320-Bは言語によるコミュニケーションが可能で、会話時にピッツバーグ/ノース・ミッドランドの訛りが見られます。SCP-2320-Bは、SCP-2320に立ち入る全ての人に友好的で丁寧ですが、その性質や、起源に対する質問には直接答えようとしません。

SCP-2320-Bの声は当初、腹話術によりSCP-2320-Aから発されていると推測されていましたが、後にそれは誤りであり、声はSCP-2320-Bのみから発せられたものだと判明しました。

If any outside individuals are within SCP-2320 at the times of  0930, 1130, and 1530, it will undergo a SVATS2 (Stable/Variable/Aided/Temporal/Safe/Two-Way) universal transition, emerging in SCP-2320-1 fifteen minutes after departure. Departure times from SCP-2320-1 are scheduled at 1100, 1500, and 1800. The transition between Baseline and SCP-2320-1 appears as movement through a tunnel, with details of the walls consistent during each transition.

SCP-2320-1 is an extrauniversal space containing a BWh desert measuring in excess of 1000 square kilometers in area. The average temperature within SCP-2320-1 is 12.7 ° C. No precipitation has been observed, despite the presence of cloud formations. The desert within SCP-2320-1 consists entirely of white plastic grains, with a grain size of 0.25-0.5 mm. Grains will stick to each other when pressure is applied, and will retain their form when shaped, and have been observed to maintain this form with greater accuracy and resistance to collapse when the shaper focuses on a distinct mental image of what is being formed. For example, the formation of a pyramid shape by research staff was aided by specifically focusing on the image of the Giza pyramids. This method also produced coloration within the affected grains. Only simple structures have been constructed by researchers, even with focus images provided. Methods of building more advanced structures and more detailed patterns are currently being developed and prepared for testing.

9時30分、11時30分、15時30分に外部の人がSCP-2320内部にいた場合、SVATS2 (安定性/可変性/支援性/時間性/安全性/双方向性) の普遍的遷移が行われ、発信から15分後にSCP-2320-1が出現します。SCP-2320-1からの発信時刻は11時、15時、18時です。基底現実とSCP-2320-1間の移行はあらゆる面において、トンネルを通過する動きのように見え、その壁の模様は一定です。

SCP-2320-1は1000平方キロメートルを超える熱帯砂漠気候を有した余剰宇宙です。SCP-2320-1内部の平均温度は12.7度です。雲が構成されているにもかかわらず、降水は確認されていません。SCP-2320-1内部の砂漠は、0.25ミリメートル~0.5ミリメートルの白いプラスチックの粒で構成されています。粒に圧力を加えると粒同士が結合し、形成時の形を維持します。また、形成時にものの確かな形をイメージすることでその形をより正確にし、崩壊を防ぐことが確認されています。例えば、研究員がギザのピラミッドをイメージしてピラミッド型になるように調整します。この方法では影響を受けた粒の内部に着色が生じました。イメージを思い浮かべても、研究員が構築したのは簡単な構造のものだけでした。現在、より高度な構造、より詳細なパターンで構築する方法を開発し、実験に向けた調査を進めています。

Addendum-01: The following structures and entities have been cataloged within SCP-2320-1.

  • Multistory structure consisting of a series of ladders, platforms, and tube slides. Excavation is ongoing, and has revealed attached jungle gym, swing set, apartment complex, helipad, and bungee-jumping station.
  • Unfinished spacecraft. Design is cylindrical, with anterior steering fins and pointed nose.
  • Motile, fruit-bearing tree, similar in outward appearance to Adansonia digitata (Baobab tree). Will position itself to provide shade for nearby individuals. Fruit found to contain Neapolitan ice cream within a cake skin.
  • Four-winged airborne organism measuring approximately 210 meters in length, with a wingspan of 55 meters. Maximum recorded speed and altitude of 30 kph and 140 meters.
  • Steam locomotive with four passenger cars, traveling at speeds in excess of 550 kph. The train's whistle has been replaced with the sound of a roaring bear, or the phrase "Everyone out of the way! It's the Bear Train!"
  • Village consisting of 14 structures, inhabited by 32 bipedal, two-dimensional entities. Entities are bright in coloration and communicate solely in combinations of the sounds "beep", "bop", and "boop".
  • A black, spider-like entity measuring approximately two meters in height. Each leg ends in an ornate, wide-bladed sword of unique design and coloration. Creature's abdomen is on fire, with no apparent detriment.
  • A group of 9 entities, consisting of four policemen5, two firemen6, an entomologist7, a nurse8, and a sushi chef, pursuing an individual referred to as "Doomspider".

No trace of the originators of these artifacts and entities has been found.

補遺-01: 以下の構造物、実体はSCP-2320-1内部でカタログ化されています。

  • はしご、プラットフォーム、チューブスライドから成る多層構造物。発掘調査が進行中で、ジャングルジム、ブランコ、集合住宅、ヘリポート、バンジージャンプ台が発見されました。
  • 未完成の宇宙船。円筒形で、前方に操舵翼が備えられ、機首に突起部があります。
  • アメリカバオバブ(Adansonia digitata)に酷似している、運動性のある実のなる木。近くの人を日陰に入れるように配置されています。ケーキの皮にナポリ風アイスクリームが入った果実が発見されました。
  • 全長約210メートル、翼長約55メートルの4枚翼の飛行生物。最大時速30キロメートル、最大高度140メートルを記録しました。
  • 時速550キロメートルを超える速度で走行する客車4両の蒸気機関車。列車の汽笛が、熊の咆哮や「お前ら出てけ!これは熊列車だ!」といった台詞に代わって聞こえます。
  • 14の構造物から成り、32の2足歩行の2次元生物が住んでいる村。実体は鮮明な色をしており、「ビープ」「バップ」「ブープ」といった音の組み合わせだけでコミュニケーションをとります。
  • 体長約2メートルの黒い蜘蛛のような実体。各脚の先端にはユニークなデザインと色彩の装飾が施された広刃の剣があります。蜘蛛の腹部は燃えていますが、害は特に見られていません。
  • 警察官4名9、消防士2名10、昆虫学者11、看護師12、寿司職人の計9名で構成され、「ドゥームスパイダー」と個称されている人物を追っているグループ。

これらの人工物や実体の作製者の痕跡は確認されていません。


Addendum-02: The following interview was recorded on ██/██/2003.

[Extraneous dialog omitted]
Researcher █████: Do you mind if I ask you a few questions?
SCP-2320-B: Oh no, not at all, always happy to help.
Researcher █████: All right. If you could just describe who you are and what you do.
SCP-2320-B: Well, I’m Mr. Conductor, and I drive this here trolley on the route between Here and There. That’s about it.
Researcher █████: And can you tell me who your employer is?
SCP-2320-B: Oh, I’m just helping out some friends who needed a trolley driver. It’s not really employment, I’m just helping out. Not many people around who can drive one of these anymore.
Researcher █████: Mmm. And what about your destination?
SCP-2320-B: I know it isn’t much to look at now, but it’ll be something really special once things pick up, believe me.
Researcher █████: Can you tell me what will happen then?
SCP-2320-B: Well, think of what happens when you give a kid crayons, and then give a whole bunch of kids a whole lot of crayons and the biggest sheet of blank paper in the world.
[Extraneous dialog omitted]

Addendum-03: The following message was found on a sticky note attached to the front door of SCP-2320. The note was handwritten in fine-tip blue marker.

For Fred & friends -
I’m sorry it’s late, but here you go.
Have a wonderful day, neighbors.
- Isabel & Jeremy

補遺-02: 以下のインタビューは、2003年██月██日に記録されたものです。

[不要な会話のため省略]

█████研究員: いくつか質問をしてもよろしいですか?

SCP-2320-B: ああ、全然。喜んでお答えします。

█████研究員: ありがとうございます。では、あなたが誰で、何をしているのかを簡単に説明できますか?

SCP-2320-B: ええと、私は車掌で、こことあっちをこの列車で行き来しています。

█████研究員: では、あなたの雇い主を教えてください。

SCP-2320-B: ああ、私は列車の運転手を必要としている友人の手助けをしているだけです。仕事ではなく手伝っているだけ。列車を運転できる人はそう多くないですからね。

█████研究員: …うーん。あなたはどこへと向かっているのでしょうか?

SCP-2320-B: 今はあまり注目してもらえるわけではないのは分かっています、でも上手くいけばそこはまさに注目すべき特別な何かになりうるのです、本当ですよ。

█████研究員: そのとき何が起こるか教えてください。

SCP-2320-B: そうですね。大量の子供に、大量のクレヨンと、世界一大きい白紙を渡すとどうなると思いますか?

[不要な会話のため省略]

補遺-03: 以下は、SCP-2320のドアに貼られた付箋に、青のマジックで手書きされていた文章です。

フレッドとみんなへ -

遅くなってごめんね。次はみんなの番だよ。

みんな、素敵な1日を楽しんでね。

- イザベルとジェレミーより

付与予定タグ: en 自律 異次元 人間型 イザベル五世 safe 知性 scp 自我 玩具 乗り物


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

言語

EnglishРусский한국어中文FrançaisPolskiEspañolภาษาไทยDeutschItalianoУкраїнськаPortuguêsČesky繁體中文Việtその他日→外国語翻訳

日本支部の記事を他言語版サイトに翻訳投稿する場合の下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C
    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The Syuiro_Vermilion's portal does not exist.


エラー: Syuiro_Vermilionのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7722682 (22 Sep 2022 20:20)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License