SCP-XXXX-JP 行き過ぎた資本主義
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 以下の銘柄のSCP-XXXX-JP-2を保有し、サイト-81██の低危険度収容ロッカーに収容してください。

銘柄コード 団体名 目標保有率 達成保有率 保有目的
2999-0000-0000-0003 SCP財団日本支部 100% 100% 当財団の秘匿性と決裁権を維持するため
0000-0000-0000-0000 日本証券取引所市場第零部 66.7% 70.0% SCP-XXXX-JPを機能停止するための単独決議権を得るため

また、SCP-XXXX-JPを機能停止したまま収容するためにSCP-XXXX-JP-1-0000-0000-0000-0000の株主総会に必ず出席し、休眠状態のままSCP-XXXX-JP-1-0000-0000-0000-0000を継続することを決議してください。

説明: SCP-XXXX-JPは日本証券取引所が開設する非上場団体の株式を取引する市場です。正式名称は日本証券取引所市場第零部、俗称は日証0部と呼ばれています。20██年現在、SCP-XXXX-JPは無期限休業中ですが、親団体となる日本証券取引所は営業を続けており、異常性は見られません。

SCP-XXXX-JPは上で述べたように、非上場団体の株式を扱うことができる異常性を持ちます。対象は日本国内での活動を中心とする団体に限定されると思われますが、厳密な定義については把握できていません。SCP-XXXX-JP内では各団体に16桁の銘柄コードが一意に割り当てられており、財団でもそれに従い、SCP-XXXX-JPで扱わている団体をSCP-XXXX-JP-1-(銘柄コード)として扱い、その銘柄の株式証券をSCP-XXXX-JP-2-(銘柄コード)とします。また、SCP-XXXX-JP自身も上場していることが確認されています。銘柄コードは0000-0000-0000-0000です。

SCP-XXXX-JPはWebページ(以下、SCP-XXXX-JP-3とする)上から売買の手続きが可能です。1。SCP-XXXX-JP-2を保有していると以下の株主権が得られます。

  1. 株主総会での議決権
  2. 配当や株主優待の利益配当請求権
  3. 団体が解散する際の残余財産分配請求権

銘柄の各団体には何らかの形で資本金が渡ります。主に初取引が成立した直後であることが多いですが、業績が好調で資金を欲した場合は増資され、業績が不調な場合は減資されます2。この際の取引方法は団体名義か代表者名義の銀行口座宛の送金が多く見られますが、銀行口座を持たない団体への送金方法については道端にて拾う/落とすなど偶発的な形式で確認されています。

以下は幾つかの銘柄についてまとめた記録になります。参考としてSCP-XXXX-JP-3に記載された相談センターのコールスタッフからのアドバイスも記載しています。

銘柄コード 団体名 アドバイス
1000-0000-0000-0001 日本国政府 主に議決権目当ての人が多い人気の銘柄、でも競合が多く、目的によっては国会、内閣辺りの子団体の方がコスパは良いことが多い
9000-0000-0000-0001 皇室 個人投資家には人気がないが 、世界規模でもトップクラスの銘柄。裏で色々動いているとか

実験記録XXXX-1 - 日付2011/06/01

対象: SCP-XXXX-JP-3

実施方法: ██によるハッキングを行い、SCP-XXXX-JP-3への接続障害を発生させ、取引を停止させる。

結果: SCP-XXXX-JP-3の接続障害は発生したが、18時間後に復旧した。その後、██研究員は電子計算機損壊等業務妨害罪により逮捕された。

分析: SCP-XXXX-JPは合法的なものとして認知されており、強引な方法での収容は難しいと思われる。

[!— 脚注をコメント欄の上に表示するために必要な構文です。不要な場合は削除してください。 —

ERROR

The aluminati's portal does not exist.


エラー: aluminatiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7717244 ( 22 Oct 2021 15:38 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License