ミッドナイト・イヴ
/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        bottom: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 15;
        font-family: san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888 !important;
        background-color: #fff !important;
        border-radius: 3em;
        color: #888 !important;
        text-decoration: none!important;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -25em;
        width: 17em;
        height: 100%;
        background-color: rgb(184, 134, 134);
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        -webkit-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -moz-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -ms-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        -o-transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
        transition: left 0.5s ease-in-out 0.1s;
    }
 
    #side-bar:after {
        content: "";
        position: absolute;
        top: 0;
        width: 0;
        height: 100%;
        background-color: rgba(0, 0, 0, 0.2);
 
    }
 
    #side-bar:target {
        display: block;
        left: 0;
        width: 17em;
        margin: 0;
        border: 1px solid #dedede;
        z-index: 10;
    }
 
    #side-bar:target + #main-content {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        background: rgba(0,0,0,0.3) 1px 1px repeat;
        z-index: -1;
    }
}
評価: 0+x

反逆者の門The Gate of Traitors


吊られた王と大使がいた時代、黒の君主が大使(神の形をした穴)に対抗するための、鍵(神の形をした穴を埋め合わせるための?)を見つける→吊られた王の顔?→黒の君主「私は鍵を見つけた」

アラガッダのどっかの裏門(反逆者の門)
白の君主から反感を買う、追いかけてきた白の君主に鎖を右手に付けられる

反逆者め!
白の君主は叫ぶ。

黒の君主が「我らが吊られた王は父を殺されていた経験があること(おそらくアルコーン大使が殺した的な)、とあの方の失墜のシナリオ自体アルコーン大使によって書かれたものだ!(ここから吊られた王の父はアルコーンに殺されたこと、この経験からアルコーンを知っていたということがわかる(なお、吊られた王の口からはほとんど語られない))」と言う→「私は王に同情?している、愛している」←大使がくる前の王を愛していた、王は不死身を欲するような欲深い人じゃない!

白の君主「奴を解放するつもりか」

彼は叫んだ。
売国奴は死んだ!大使こそがアラガッダの全てだ。

黒の君主「王は死なず、ただ檻に閉じ込められているだけ。そして私の仮面こそがその鍵だ?的な」
パレードの騒ぎがゆっくりとおざかる

白の陶器の仮面に音を立ててひびが入る。彼は鎖を手繰り寄せ、
アラガッダの檻に鍵は存在しない。檻は否定そのもだ。丸い釘を四角い孔にはめ込むことは出来ないように。

だが、私には可能だ。

ならば証明してみせよ、
白の君主の左手がモーニングスターの柄を掴んだ。
鍵を渡すのだ。

黒の君主「やだ 看過できぬ」

黒の君主が右手を引きちぎって逃走 苦悶をうかべ首をふる。
無駄だ。この痛みでは王は救えぬ。

白の君主の仮面は苦痛の形相を浮かべ、無機質な叫びを発した。

最早そこには腐敗した君主の亡骸を除いて、残されたものは存在しなかった。


ページコンソール

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C

ERROR

The four Boretto's portal does not exist.


エラー: four Borettoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7707552 (15 Oct 2021 16:17)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License