いつだって雨

SCP TALE いつだって雨

評価: 0+x

https://www.jamendo.com/track/1885699/my-melancholy

ドレイウン。君はオーディオプレーヤーに手を触れる。



海の畝りを乗せた大気の乱れがある。

走っている。ドレイウン、

「なあおい、美しくないか。本当に」

彼は笑っている。きっと怖いのだろう。克服できたつもりなのだろう。

 場所の描写

「君が教えてくれたんだろ、ここに来れば父さんにも会えるんだって」珍しいこともあるもんだな。

何、何だって?

ドレイウンはいつだって自分のことなんて気にしちゃいない。

実際、君は幸せだったのか?

「ああ、懐かしいなぁ。ねえ、タローラン、前のこんな日にドライブに行ったことは覚えているかい?」

美しいな。僕も同じことを考えてたよ。

ドレイウン。ドレイウン。ああ、ドレイウン……。悲しいじゃないか。かけかけの歌を残して。

最後の日まで、彼は幸せだった。

 To Like My Fatherのかいこうばん
 僕からのバトンタッチ×リリー
 ┗バトンタッチいらん?
 一人称、名前もわからん
 くっそきれいな文章、壮大なエモ
 ドレイウン、タローラン、
 ┗僕からのバトンタッチの上を走るドレ
  イウン、幽霊?(ハシーとアウレリオの
  ハシーみたいなの)のタローラン
  ┗最後のシーンでコンドラキの背中を
   見る
   「お前はやり遂げたんだ、何もかも
    できるはずさ。」
   ┗コンドラキは蝶になって消える
「何故こんなところにきたんだ?」
「君が教えてくれたんだろ、ここに来れば
 父さんにも会えるんだって」
「そうだったけ、と彼は笑う」
「ああ、懐かしいなぁ。ねえ、タローラン
 、前のこんな日にドライブに行ったこと
 は覚えているかい?」
「“覚えているさ”心の中のタローランが」

ERROR

The four Boretto's portal does not exist.


エラー: four Borettoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7707552 ( 15 Oct 2021 16:17 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License