【ニッ速】目指したいのは、理想ではなく挑戦。なぜニッソは挑み続けるのか

トップ » JOICLE取材部 » 【ニッ速】目指したいのは、理想ではなく挑戦。なぜニッソは挑み続けるのか

ニッソ特集 ニッソ車

久能 研究員 凍霧 研究員 須藤編集長


【ニッ速】目指したいのは、理想ではなく挑戦。なぜニッソは挑み続けるのか


 2025年1、JOICLE取材部は驚き現場を目の当たりにした。それはこともあろうか、ニッソが自動車の製造を手掛けているということだった。

✈️なぜそうまでしてニッソは24時間耐久レースへの参加を決心したのか。須藤編集長は5年間に渡る24時間耐久レースへの挑戦を直接取材した。

目指したいのは理想ではなく、挑戦


 驚きのニュースが舞い込んで来たのは、2030年4月末のニッソ戦略会議でのことだ。なんと、ニッソは5年後に開催される「2036 SUPER GT」への参加を表明した。

 明らかにいつもと異なる様子で舞台に上がったのは、久能氏。

モビリティ

 最初に耐久レースへの参加を提案したのは久能 尚史 研究員だと言う。同様は、久能 研究員も
須藤記者はすぐさま久能氏を伺った。

須藤
ニッソが自動車レースに出場するというのは、一体どういうことでしょうか。

久能

須藤
なぜ今になって自動車業界への進出を目指したのでしょうか。

久能
何よりこれは
生類創研がどれほどの力を有しているのか、試さなければならないのです。今回ばかりは、東弊の力を借りずにやり遂げたい。ニッソの技術は如何なるニーズであっても、活かすことができることを見せたいのです。

須藤
それが耐久レースに出場することだったというわけですね。

久能
その通りです。

久能 研究員は
カーボンニュートラルの
そう言われると、実にニッソらしい選択だと言える。

久能
第一に、作りたいと思ったから作るんです。良いじゃないですか。ニッソらしさ、どんどん出していきましょうよ。

やり遂げられるようなチームじゃないとダメだ


実はチームは少し完成されていた

久能氏が自らプロジェクトリーダーとして活躍していた。

「やる気のない奴はいい。やる気のある奴だけやる気のあるふりをしろ」と叱咤激励した。

久能氏はクルマへの熱意を語った。

久能
こう見えてクルマ、好きなんです。

須藤
こう見えて、ですか。

久能
ここでは車が好き、っていう

会社は可能な限り援助すると、

なんと、その開発担当に当てられたのは、第3研究所ヒト科生物研究部門にて主任を務める凍霧 陽 研究員だった。

須藤
当時はどういう心境だったのでしょうか。

凍霧
まさか、とは思いました。ほら、ニッソと言われると、やはり超常生物研究じゃないですか。自動車と言われると、ちょっと考えにくいですね。資金源も乏しいわけですし。それはもう無謀なお願いでしたね。(笑い)

確かに、まずニッソが自動車開発に乗り出すとは考えられない。
更に、他社とは違い非営利的な面もあわせ持つ。
しかし凍霧氏は後にこう語っている。

久能氏のねらいは、いかに生物開発の技術とクルマを結び付けるかである、

凍霧
もちろん、(久能氏から)しっかり聞いていますよ。良いところも駄目なところも。やれることはやり尽くします。後悔の生まれないように、挑戦したいです。


見えてきた他社との「格差」


実際に現地にて他社を視察

來間 燿

しかし、そこでは圧倒的な技術の差を見せつけられたと言う。

特にホンダとマクスウェリズム共同開発は

來間
言ってやりたいですね。(24時間耐久レースは)無謀だって。


ニッソ新技術 “生きている” クルマとは?


そんな中、久能氏の口から驚きの提案が飛び出した。


苦悩の1年間


凍霧
リアガラスに「oh u a so fast」と殴り書きされた芸術家のクルマに抜かされた時ほど、苛立ちを覚えたことはありませんね。(笑い)


ニッソのクルマ、どこまでいく?


評価: 0+x

・日本生類創研が24時間耐久レースに出る
 トヨタイムズを参考に
 ┗自動車作るだけに変更
「それはなんと“生きているクルマ”だっ
 た」
 バックドアソーホーにて開催
 東弊と手を組む
 独占インタビュー
「開催場所へ辿り着くまでにはレースは始
 まっています。財団に見つかっちゃ元も
 こもないですから。その役目は異常事件
 課だけでもう十分です(笑い)」
 awcy、その他色んなとこ
 壊された虚構

・久能が出場を提案
 ↓
・社内でレースチームを結成
 ┗最初から少しできてた
 ┗召集になかなかうまくいかず
 久能は金属に詳しく、車好き
 ↓
・凍霧が開発
 ↓
・1年間 生きている車
 ・血管一つ一つをデザインする、じゃな
  と壊死する
 ・心臓のエンジン
 ・重装甲にすると内部の温度が高くなり
  すぎる
 ・タイヤは実は回ってない→生物の骨格
  的に自立した回転運動の実現は難しい
参考資料
https://magazine.cartune.me/articles/2368

https://www.toyota.co.jp/jpn/company/history/75years/data/automotive_business/products_technology/technology_development/chassis/details_window.html

https://cardictionary.info/archives/2276

https://www.google.com/search?q=%E8%BB%8A+%E5%86%85%E9%83%A8%E6%A7%8B%E9%80%A0&oq=%E8%BB%8A%E3%80%80%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%B6&aqs=chrome.4.69i57j0i4i512l8.5496j0j7&client=ms-android-kddi-jp-revc&sourceid=chrome-mobile&ie=UTF-8

https://motorsports-regulations.com/supergt_regulations/supergt

https://m.youtube.com/watch?v=aFPpUBKcFfo&t=2100s

哺乳類部門鯨偶蹄目動物研究主任
元Dエリア第3研究所 ハイブリッド生物研究主任
Bエリア第3研究所 ヒト科生物研究室長
Dエリア第3研究所 発生生物学研究員
クロトン研究所 地球産生物研究主任
商品企画部一課課長
ポーランド菌類研究所 ポーランド復興キャンペーンチーム担当研究員

凍霧 陽 いてぎり よう
久能 尚史 くのう ひさし
筧田 栄一 といだ えいいち
來間 燿 くるま よう
桧田 天外 ひだ てんがい
居相 翠扇 いあい すいせん
瀬ノ尾 志満 せのお しま

ERROR

The four Boretto's portal does not exist.


エラー: four Borettoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7707552 ( 15 Oct 2021 16:17 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License