他人

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPの保持者を発見するために財団フロントの企業やwebサイト上でアンケートを行い、保持者の疑いがある人物をリストアップし調査してください。SCP-XXXX-JP保持者と発覚した人物にはカバーストーリー「事故死」が適用され、直ちに確保、サイト‐81KLの標準人型収容房に収容されます。

説明: SCP-XXXX-JPは一定の条件を満たしている人間に起こる異常現象です。異常現象が発現した人物(以下発現者と呼称)は自分以外の他人の顔が「入力」に見え認識できなくなるようになります。財団が発見した最初の発現者は財団職員でした。発現者となった職員の挙動に違和感を持ったほかの職員の報告よりSCP-XXXX-JPが発見されました。発現者は他人の顔が「入力」に見えることに違和感を感じず、たいていの場合他者にSCP-XXXX-JPの話をしない、または話す人がいないという傾向にあることが、最初に発見された発現者が財団職員であったことに大きく関係しているとされています。前述の通りSCP-XXXX-JPが発現するには条件があります。条件は以下の通りです。
#
SCP-XXXX-JPの異常性は相貌失認の症状と似ていますが、相貌失認は脳の損傷などが原因なのに対して、発現者の脳には損傷などの異常が見られないということは特筆すべき点です。

ERROR

The Kozue-Moku's portal does not exist.


エラー: Kozue-Mokuのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7613692 ( 27 Aug 2021 07:45 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License