SCP-6320

このページの批評は終了しました。

SCP-6320 in English
日本語がおかしくなっていないか(特にカーソン博士や会話ログのところ)、内容が意味不明でないか、の点で見ていただきたいです。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-6320

オブジェクトクラス: Euclid1

特別収容プロトコル: SCP-6320は現在、サイト-107の最下階にあるその周りに建てられた19 x19メートルの部屋に収容されています。 SCP-6320の収容室に入る職員は、標準的な保護服を着て入室する必要があります。 チャンバーは、SCP-6320の16メートル25メートル30メートル以内に物質が残らないように、1日2回、徹底した清掃をする必要があります。

注:収容プロトコルは、インシデント6320-Aを受けて改訂中です。

説明: SCP-6320は、ネバダ州██████にある使われなくなった銅鉱山の底の石壁にある異次元の裂け目です。鉱床脈の形で現れるこの異常は、「宇宙空間への裂け目」に似ているとされており、内部は視差効果を示しています。しかし、SCP-6320の挙動は平面的なものであり、この見かけ上の奥行きが錯覚によるものであることを示しています。

SCP-6320の半径16メートル以内に残った散り散りの粒子状物質(ほこりなど)または自立した液体は徐々にSCP-6320の形状に変化した後、完全に消滅します。また、SCP-6320と直接物理的に接触した物体や生物はすぐに消失します。異常存在により消失した記録装置によって内部を記録することは不可能です。2

補遺: サイト-107は現在拡張の第1段階にあります。建設により、現在の採掘構造が新しい建物に組み込まれます。第二段階では、本質的に異次元の異常を収容するための新しい封じ込めエリアの建設を監督します。第二段階は、利用可能な人員の不足により中止されました。


From: ten.pcs|nosrac.m#ten.pcs|nosrac.m
To: ten.pcs|syah.p#ten.pcs|syah.p
日付: 7.5.19
件名: RE: サイト-107の拡張について

サイト-107の拡張を中止したことは理解できますが、次元の異常に関する現在の安全対策が、ひどく時代遅れであることを皆さんにお伝えしたいのです。異次元空間から物体や生物を回収するための大規模な研究は、1989年に行われたものが最後です。私は、この分野の安全手順の更新に重点を置くことが、財団全体にとって非常に有益であると信じています。失うものが少なければ少ないほど、私たちが自由に使えるものが増えるのです。

M.カーソン博士



補遺2: SCP-6320の以前に記録された影響範囲の約4メートル外側でコーヒーがこぼれた際、異常な動きが観察されたため、封じ込め作業員によって一時的な境界が確立され、追加の活動がないか監視されるようになりました。 現場の担当者は、記録された影響範囲外にいても、作業スペースをできるだけ清潔に保ち、ゴミを出さないようにすることを強くお勧めします。


From: ten.pcs|nosrac.m#ten.pcs|nosrac.m
To: ten.pcs|syah.p#ten.pcs|syah.p
日付: 7.21.19
件名: RE: サイト-107の拡張について

最終的にサイト-107が廃止されることに問題がないことを明確にしておきたいと思います。拡張を停止するという決定に続いて、縮小するのは当然の選択です。 SCP-6320はこれまでのところ目立った危険性はなく、特に最近の慢性的な人員不足を考えると、200人の職員をSCP-6320に使用する価値はありません。 私の職員は他の場所で利用される可能性があります。しかし、これは私の現在の問題につながります。 少なくともあと1、2年は職員を維持したいです。 SCP-6320は、先ほどお話しした安全対策を開発するための理想的な候補です。 最近の効果半径のわずかな拡大を除けば、SCP-6320はその効果において完全に予測可能で測定可能であるように思われます。 ほとんどの異次元異常については同じことは言えません。 更新された安全対策は、長期的には人的資源を節約します。 人々がまだここにいる間に、私たちはこの追求の機会をつかむべきです。 率直に言って、そうしないのはばかげていると思うのです。

M.カーソン博士



補遺3: SCP-6320の部屋の清掃方法が、異常付近の施設の低層階で感じた一連の小さな揺れを受けて変更されました。これまで1回だったチャンバーの清掃を、1日2回に増やしました。現時点では、その他の変更は必要ないと思われます。


From: ten.pcs|nosrac.m#ten.pcs|nosrac.m
To: ten.pcs|syah.p#ten.pcs|syah.p
日付: 8.28.19
件名: RE: サイト-107の拡張について

単刀直入に言います。あなたは間違いを犯しています。200人近い有資格者がいるのです。最も不安定な次元の異常の1つを封じ込めたのです。リスクは少ないが 得られるものも多い これらの安全対策は時代遅れで、[削除済]のような大惨事は現時点では基本的に避けられないでしょう。私の職員は他の場所でも役に立つと思いますが、ここでも同じように役に立つはずです。今すぐだ 1年だけでいいんだ 1年あれば、また災害が起きた時に、何千人もの命を救えるかもしれない。財団が職員の安全にもっと力を注げば、そもそも職員不足にはならないでしょう。私たちは人類の安全のために行動しているのです。私たちの仲間が人間であることを忘れている。考え直されることを強くお勧めします。

M・カーソン博士

インシデントログ:6320-A
記録日: 2019年9月6日 午後1:26
注記:以下の記録は、サイト‐107の研究者であるコービン博士とネバダ州のMTFアルファ4の通信指令室との電話から引用されたものです。


[記録開始]
通信指令室: こちらアルファ-4の通信指令官です。
コービン: こんにちは、あなたの部署ではないことは分かっている、しかし、私は… 私は本当に他に誰を呼べばよいか分からなかったんだ。これは私が持っている唯一の電話番号の一つなんだ。すぐに助けが必要なんだ。おそらく緊急事態だ。
通信指令室:どんな状況ですか?
コービン: 私は██████のサイト-107でSCP-6320の担当職員として働いているんだが、今日は遅刻してしまい、ドアを見つけれないんだ。
通信指令室: ドア?
コービン: ドア、サイトの正面ドアが見つからない。駐車場はあるし、チェックポイントも全部あるんだが…正面玄関が…ないんだ。何が起きているのかわからない。誰にも連絡がつかないんだ。誰も電話に出ないんだ。
通信指令室:申し訳ありません、解析がうまくいきません。
コービン:サイトはここにないんだ。
通信指令室: どういう意味ですか?
コービン: 建物の正面には古い鉱山跡の入り口があって、ここには何もない。中は完全に空っぽだ。ただただ、なくなってしまったんだ。敷地全体がなくなっているんだ。
通信指令室: …誰か助けてくれる人を探してみます。
[記録終了]


補遺4:サイト107の消失に伴い、収容プロトコルの改訂は保留されています。SCP-6320の説明とシャフト内の位置は変更されていません。当オブジェクトはKeterに再分類される予定です。回収作業は人手不足のため、現在保留中です。

ERROR

The Kozue-Moku's portal does not exist.


エラー: Kozue-Mokuのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7613692 ( 27 Aug 2021 07:45 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License