SCP-XXXX-JP - お湯たまりの深海

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはサイト-8124の低脅威度保管庫に収容されています。実験にはレベル3クリアランス以上の職員2名の許可が必要です。

説明: SCP-XXXX-JPは折り畳み式の風呂蓋です。プラスチック製であり、折り畳まれた状態では特異性を示しません。SCP-XXXX-JPは35〜45℃の湯で満たされた浴槽へ使用している間に発生します。SCP-XXXX-JPは覆われて影となった水中空間を対象に、異常性により光量を減らします。そうして目視不可な暗さとなった箇所を、SCP-XXXX-JP-Aに指定される水中空間へと繋げます。

SCP-XXXX-JP-Aは光のない平均40℃の水中です。人間の視覚では知覚できない程の暗闇であり、接続面から入ってくる光でしか現在地を把握する方法がありません。水流は穏やかで、水は湯と同じ成分の淡水でした。SCP-XXXX-JP-Aは計測では水圧が2気圧程ですが、空間の上方には水で満たされた空間が広がっているため、地上とは重力の大きさが違うと物理的に推測されます。

空間との接続面は風呂の外(以降基底世界と呼称)から見て水中の影となる断面に当たります。また、SCP-XXXX-JP-Aの内部からは、水面とSCP-XXXX-JPの隙間から差し込む光に照らされた範囲が基底世界と接続しているように見えます。光に照らされた場所は、対応する浴槽内部の側面が見えます。

上記より、基底世界とSCP-XXXX-JP-Aとの境界はそれぞれの空間によって違います。しかし、SCP-XXXX-JP-Aに侵入した物体の一部が基底世界と繋がっていれば、SCP-XXXX-JPからは基底世界にいると判断されるようです。

SCP-XXXX-JP-Aとの接続は湯の温度および光量の条件が満たされた間のみ繋がります。そして、SCP-XXXX-JPをどけた場合は、即座にSCP-XXXX-JP-Aとの接続は遮断され異常性を失います。

SCP-XXXX-JPは接続毎にSCP-XXXX-JP-Aの内部座標を移動させている可能性が高いです。そのため、接続が切れる際にSCP-XXXX-JP-Aの内部にいた人物の生還は困難となり、実質的に死亡扱いとされます。

SCP-XXXX-JP-Aに電磁波や赤外線などの光線は侵入できますが、基底世界に戻ることができません。そのため、SCP-XXXX-JP-Aの内部で一方的に通信を受信できますが、送信ができません。おそらく、接続面には侵入できるものに条件があると予想され、今後の調査の目的の1つとされます。

SCP-XXXX-JP-AにはSCP-XXXX-JP-Bに指定される水中生物に酷似した未確認生物が存在します。現在までに以下のような生物が報告されました。

実験プロセスXXXX-015: SCP-XXXX-JP-Aの帰還方法

SCP-XXXX-JP-Aの内部調査では、現在までに人間を侵入させるのみしか有効な方法がありません。それは、前述した通り、通信機器が使用できないため、機器の遠隔操作が行えないからです。ワイヤー内に電線を通して電波に頼らない通信方法でも、SCP-XXXX-JP-Aとの接続面で電力が途絶えたため失敗しました。しかし、被験者の安全を考慮して、以下の実験プロセスが作成されました。

手順1. 基底世界に固定されたロープのようなものを被験者の体に繋げる。

手順2. SCP-XXXX-JP-Aの侵入時間を事前に決めておき、時間まで侵入した被験者は調査および生存行動に注力する。

手順3. 時間になったらSCP-XXXX-JPをどけて、被験者を基底世界に連れて帰る。

上記のプロセスは、それまでの実験で判明した基底世界とSCP-XXXX-JP-Aの境界の判定を利用したものです。ロープのようなもので繋がれている間は被験者が基底世界にいると判断されるため、SCP-XXXX-JPをどけると被験者は瞬時に浴槽内へと帰還します。

実験記録XXXX-JP.3: SCP-XXXX-JP-Aの侵入記録

SCP-XXXX-JP-Aでは通信機器が使用できないほか、カメラの撮影は暗闇が光を吸収してしまい効果的ではありません。そのため、SCP-XXXX-JP-Aの調査は、被験者が帰還後に提出する報告書を主として情報を集めます。

以下は、実験記録XXXX-JP.3より抜粋した報告書です。SCP-XXXX-JP-Aの調査の流れを具体的に説明しています。


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C
    • _


    コメント投稿フォームへ

    注意: 批評して欲しいポイントやスポイラー、改稿内容についてはコメントではなく下書き本文に直接書き入れて下さい。初めての下書きであっても投稿報告は不要です。批評内容に対する返答以外で自身の下書きにコメントしないようお願いします。

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The Assistant Gija's portal does not exist.


エラー: Assistant Gijaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7607414 (20 Aug 2021 09:56)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License