或中華料理転
評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe Neutralized Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは現在収容下にありません。財団機動部隊(は-95 "海老")は、2名以上の殺人が発生した地点を中心にSCP-XXX-JPを捜索します。必要な場合は一般市民に対してカバーストーリー、「グルメ雑誌の取材」を用いてインタビューを行うことができます。SCP-XXX-JPの影響を受けて事件を起こした人物(以下、対象)は速やかに確保、または警察庁から身柄を引き取ります。その後、対象にはインタビューを行い、カバーストーリー、「死刑執行」を用いて殺害します。殺害する日時は法務省と連携して決定し、実行します。

説明: SCP-XXX-JPは富山県立山町に2015/03/14まで存在していた個人経営の中華料理店「長州」で振る舞われた料理のレシピです。現在までその内容は分かっていません。SCP-XXX-JPは叢雲氏へのインタビューにより、戦時中の戦闘食であったことが分かっています。SCP-XXX-JPの内容は「長州」の店長である叢雲 健老氏のみと、要注意団体"弟の食料品"が理解しています。現在「長州」は廃業していますが、SCP-XXX-JPは"弟の食料品"が保存しており、その内容を知る為の試みは全て失敗しています。1
SCP-XXX-JPに基づいて作られた料理を摂食した場合、摂食した人物(以下、摂食者)の脳内で9000mgのβ-エンドルフィンが分泌されます。これにより、摂食者は高い興奮状態に陥ります。摂食者は刑事責任能力が著しく低下し、一時的な感情による突発的な暴行、殺人事件を起こしやすくなります。その殆どは財団の介入により未遂で終わります。
現在、SCP-XXX-JPに基づいた改良レシピ(SCP-XXX-JP-Wと表記)を"弟の食料品"が保持しています。財団は現在SCP-XXX-JP-Wの特定を進めていますが、進捗は見られません。

補遺1: SCP-XXX-JPによる事件
SCP-XXX-JPによる事件は259件存在しており、そのうち殺人に発展した事件は14件あります。以下はその一部です。

発生場所: 富山県富山市██-█の路上
発生日時: 1998/12/08 21:32
対象: 田中 伸氏
被害者: 斎藤 茂氏、斎藤 まりあ氏2
犯行: 被害者が対象の車に後方から追突し、そのことに激昂した対象がその場で被害者の顔面を中心に数十回殴打し、脳挫傷で死亡。

発生場所: 富山県舟橋村██-█の洋食店「メル」
発生日時: 2001/09/14
対象: 中村 鳩飛氏
被害者: 上園 葵氏
犯行: 「メル」店内で上園氏が偶然、中村氏のアイスコーヒーに手が当たり、それが中村氏のシャツに溢れた。これにより中村氏が激昂し、手に持っていた食事用ナイフで上園氏の首を刺し、多量失血により死亡。

発生場所: 富山県立山町██-█の河川
発生日時: 2013/05/03
対象: 谷田 実氏
被害者: 畑中 卓也氏
犯行: 対象は被害者に対して数千万円の借金があり、それを言い寄られ、激昂した。その際被害者と対象は揉み合いになり、最終的に対象は近くの河川に被害者の顔を沈め、溺死。

補遺2: 消失インシデント

補遺3: SCP-XXX-JP-Wによる被害
SCP-XXX-JP-Wによる事件は2022/09/15現在までに37件発生しており、そのうち殺人に至った事件は34件あります。以下はその一部の記録です。

発生場所: 岩手県盛岡市██-█の路上
発生日時: 2019/12/24 20:08
対象: 六道 亮太氏
被害者: 伏見 加奈子氏、有馬 佳子氏、倉持 塁氏、徳川 明子氏
犯行: クリスマスイブイベントの路上ライブの最中、対象が隠し持っていた刃渡り14cmの包丁で無差別に切りつけ、4名が大量出血により死亡、5名が重体、9名が重軽傷を負った。対象はその場に留まり、警察を侮辱するような発言を繰り返した。連行後の取り調べで、「楽しく生きている奴らが許せなかった」「死刑までに脱獄してまた事件を起こす」などの発言を繰り返した。

発生場所: 京都府宇治市██-█の交差点
発生日時: 2020/02/17 09:35
対象: 上川 弘氏
被害者: 鈴木 剛氏、坂本 哲也氏、山下 俊介氏、横山 慎吾氏、笠原 真澄氏、星野 かな氏
犯行: TV番組「全国全力ロケバトル!!」 のロケ地の下見に来た番組スタッフの乗ったロケバスがコンクリートの下に仕込まれていた対戦車地雷を反応させ爆死。この事件を不審に思った財団が調査したところ現実改変跡が発見され、その跡から改変者とされる対象を拘束。インタビューを行い、動機や現実改変者になった経緯を調べようとしたが、その中で対象はマスコミに対する憎悪や自殺願望のみを話したため会話が成り立たなかった。関係者や一般市民にはカバーストーリー「不発弾の爆発」を流布し、対象は自らの喉を現実改変で切断して死亡した。

発生場所: 東京都渋谷区██-█1308号室
発生日時: 2022/05/24~2022/05/28
対象: 西村 裕太氏
被害者: 森 美那氏
犯行: 対象が帰宅途中であった森氏を誘拐し、スーツケースにて自らの部屋に運搬し、監禁した。警察の取り調べにて対象は被害者に対して両手を結束バンドで縛り、首輪をつけて床と繋げた状態だったことが分かっている。食事は一日一回キャットフードを与え、数十回の殴打や、身体の切断、薬物投与3、[編集済み]を行う生活をしていた。最終的に首輪を天井に繋がれて被害者は頸椎骨折で死亡した。対象は「あの女の子4が苦痛に堪えながら僕を罵倒する姿が可愛かった」「あの娘があの程度で壊れるなんて」「死んでまたあの娘と遊びたいから早く殺してくれ」と発言した。

付与予定タグ: ここに付与する予定のタグ

[[collapsible show="+ 使用画像のライセンス表示を開く"hide="- 使用画像のライセンス表示を閉じる"]]

ここに使用した画像のライセンス表示をストレージサイトからコピー&ペースト

ERROR

The RA-YU-Sama's portal does not exist.


エラー: RA-YU-Samaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7599960 ( 13 Nov 2021 22:26 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License