命の選択(ゲーム) (仮題)

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 国内での自殺事件の発生が確認された場合、周囲への聞き込み、現場の監視カメラの記録を確認し、SCP-XXXX-JPの発生が確認された場合、映像回収、記憶処理などを施してください。自殺を図ろうとした人物(以降、対象の)の生存が確認された場合、事情聴取の後、記憶処理を施してください。

また、SCP-XXXX-JPの発生を防ぐため、全国の自殺対策支援センター等の協力を経て、定期的に各企業、および教育機関での自殺予防の公演を行わせてください。

説明: SCP-XXXX-JPは自殺を図ろうとする対象に、低確率で発生する現象です。

対象が決心し行動に移そうとした際、対象の過去の姿に酷似した人型実体(SCP-XXXX-JP-A)と、対象の未来の姿と考えられる人型実体(SCP-XXXX-JP-B)が出現します。SCP-XXXX-JP-Aは、対象の自殺を阻止するため、SCP-XXXX-JP-Bは、対象の自殺を成功させるために、会話を試みます。

SCP-XXXX-JPの発生中、対象はSCP-XXXX-JP-A、およびSCP-XXXX-JP-B以外からの干渉を受けず、外部から対象の自殺を阻止することは、不可能です。

対象の自殺の阻止に成功した場合、および対象の自殺の阻止に失敗した場合のどちらの場合であっても、1~3分後ほどで両個体は消失します。

以下は、SCP-XXXX-JP発生中の自殺の瞬間が記録された、街頭防犯カメラなどによる映像の一例と、各個体の反応の簡易な状況の要約です。

補遺1: 以下は映像記録SCP-XXXX-JP-3の数日後に行われた宮野克己氏へのインタビュー記録です。

補遺2: ██県██橋にて、内山尚宏氏(25歳)による飛び降り自殺事件が発生しました。周囲の監視カメラ、および目撃者は存在しませんでしたが、内山氏の遺品であったボイスレコーダーに、当時の様子2が記録されており、音声データの調査の結果、SCP-XXXX-JPの発生が確認されました。以下は内山氏のボイスレコーダーに記録されていた記録の一部抜粋です。 


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The sakapon's portal does not exist.


エラー: sakaponのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7585233 ( 15 Aug 2021 12:45 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License