模好音調

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x
blank.png
アイテム番号: XXXX-JP
レベル2
収容クラス:
esoteric
副次クラス:
archon
撹乱クラス:
ekhi
リスククラス:
notice


特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JP、およびSCP-XXXX-JP-Aを完全に収容した場合、人々の生活に支障をきたし、多大な混乱を引き起こす可能性があるため、研究等に使用する個体以外の収容は行われず、一般社会からの異常性の秘匿に重点を置きます。

全国に存在する耳鼻咽喉科の医療機関へフィールドエージェントを派遣し、SCP-XXXX-JP-Aの一般人による発見を防いでください。加えて、財団の保持するWebクローラーを使用し、インターネット上にSCP-XXXX-JP、およびSCP-XXXX-JP-Aに関する情報の発信の有無を24時間体制で監視し、発見された場合即座に消去、および発信元の人物に対して記憶処理を施してください。

説明: SCP-XXXX-JPは、体長約0.2cmのヒトスジシマカ(Aedes albopictus)に酷似した外見を持つ生物です。既存の種との外見上の違いはほぼ無く、後述する生態によってのみ判別が可能になります。SCP-XXXX-JPは、7月上旬~9月下旬産卵時期を迎え、睡眠中の生物(以降、対象)の外耳道から体内に侵入し鼓膜付近に複数個の産卵を行います。この際、後述する一例を除き対象がSCP-XXXX-JPの接近に気づくことは極めて低確率です(実験記録XXXX-JPを参照)。SCP-XXXX-JPの産卵から1~3日ほど経過すると孵化します(孵化した個体をSCP-XXXX-JP-Aと呼称)。

SCP-XXXX-JP-Aは孵化後、対象の鼓膜を食い破る形で穴を開け、蝸牛かぎゅう1に向けて侵入し、体液を餌として寄生します。穴を開けられた鼓膜は、SCP-XXXX-JP-Aの臀部から放出されるタンパク質に類似した物質により塞がれ、その後正常状態と同様に機能します。この時放出される物質には麻酔作用があり、対象は痛みを関知することが出来ません。寄生状態にあるSCP-XXXX-JP-Aは、ある特定の周波数の音声、あるいは振動を受けると微弱な電気信号を発します。この電気信号が蝸牛神経を通ることにより、聴覚的な刺激に対する感情の変化が発生します。この変化には個人差があり、どのような法則性によって定まっているかなどは本稿執筆時点では不明です。SCP-XXXX-JP-Aの寄生から約1年経過後、再び対象の鼓膜を食い破り、外耳道内で蛹になります。この時対象の耳垢に擬態し、対象による耳掻き、あるいは体位による自然排出で体外に出ることにより羽化し、新しいSCP-XXXX-JPとなります。

SCP-XXXX-JPの卵、およびSCP-XXXX-JP-Aは財団の保有する最新鋭の医療技術により約90%の確率で除去が可能です。

以下は、SCP-XXXX-JP-Aによる感情の変化を調査するために行われた実験記録の一部抜粋です。

補遺1: 20██年に行われた調査によるとSCP-XXXX-JPは、熱帯~温帯地域に生息していることが確認されました。しかしながら、地球温暖化による平均気温の上昇により、当時の調査から現時点までに生息圏の拡大が確認されており、世界人口の約75%がSCP-XXXX-JP-Aの影響を受けていると推測されています。

補遺2: SCP-XXXX-JP-Aの除去手術を受けた財団職員の内、約70%に作業効率の低下が確認されました。2以下は、除去手術を行った職員のうち、作業効率の低下が顕著に見られたエージェント・草下に対して行われた行ったインタビュー記録の抜粋です。

付与予定タグ: scp jp archon 感覚 寄生 昆虫 聴覚



    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The sakapon's portal does not exist.


エラー: sakaponのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7585233 ( 15 Aug 2021 12:45 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License