生存刑(仮題)

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png


アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 全国の刑事施設への協力を経て、SCP-XXXX-JPの発生を確認してください。SCP-XXXX-JPはその性質上、直接的な収容が不可能であるため、SCP-XXXX-JPが発生中の施設(以降、対象施設)を一時的に買収後、カバーストーリー「集団感染のための一時閉鎖」を流布し、外部からの対象施設へのアクセスを遮断することにより擬似的な収容を行います。

SCP-XXXX-JPの発生が確認された対象施設へSCP-XXXX-JPの発生終了を確認するため、2日に1度Dクラス職員1名を適切な裁判を受けさせた上で入所させてください。

説明: SCP-XXXX-JPは刑務所をはじめとした、刑事施設に発生する現象です。SCP-XXXX-JPの発生期間・対象施設はそれぞれランダムであり、常に最低でも1箇所の対象施設が確認されています。

SCP-XXXX-JPが発生した場合、対象施設内に収監されている囚人・受刑者(以降、SCP-XXXX-JP-A)に身体的な負傷に対する再生能力・不死性が付与され、負傷に対する痛覚の感受性に変化が起こります。この再生能力、および感受性の変化には個人差があり、その条件は判明していません。については下記の実験記録を参照してください。

以下は、再生能力の限度を調査するために行われた実験の一部抜粋です。

実験記録XXXX-JP-1 - 日付20██/3/19

対象: SCP-XXXX-JP-A-1、同-2、同-3

実施方法: 各対象から出血が確認されるまで、カッターナイフを右手首に差し込んでいき、出血した時点で引き抜く。

結果:
対象 完治までの時間(分) 備考
SCP-XXXX-JP-A-1 40
SCP-XXXX-JP-A-2 5 引き抜いた際、刃の先端に少量の血液が付着するだけの出血量であったが、鋭い痛みを訴えた。
SCP-XXXX-JP-A-3 50

追記: SCP-XXXX-JP-A-1、および-3の両者は、SCP-XXXX-JP-A-2より出血量が多かったにも関わらず疼痛を覚えるのみであった。

実験記録XXXX-JP-3 - 日付20██/4/9

対象: SCP-XXXX-JP-A-7、同8、

実施方法: 麻酔を投与した上で右手の小指を切断する。

結果:
対象 完治までの時間(分) 備考
SCP-XXXX-JP-A-7 40 切断面から新しく小指が生えてくる形で完治した。
SCP-XXXX-JP-A-8 10 同上のプロセスで完治した。鈍痛を訴えた。

追記: SCP-XXXX-JP発生当初、SCP-XXXX-JP-A-7は、公務執行妨害罪1。SCP-XXXX-JP-A-8は、障害罪2で対象施設に収監されていた。

分析:前回までの結果と照らし合わせた結果、恐らく対象に課せられている罪の重さによって再生能力の強度と、感じる痛みの度合いが変わっているものだと考えられる。- 酒本博士

実験記録XXXX-JP-6 - 日付20██/5/26

対象: SCP-XXXX-JP-A-11、同-12

実施方法: 各対象へ順番に絞首刑を執行する。

付記: 各対象は死刑囚であったため今回の実験に使用した。

結果: 2名とも即死せずに、何かを訴えるように叫び続けた。そのままの状態で10分間経過した後も、各対象は死亡することなく意識を保持し続け、支離滅裂に叫び続けていた。実験終了後に身体検査を行った所、落下時の頚部の損傷、および長時間の頚部圧迫に対する後遺症が確認されなかったが、終始自身の生命の終了を懇願しており、精神鑑定の結果重度の鬱の症状が確認された。

分析: 死刑等の重罪を課せられた人物の場合、身体の損傷と再生がほぼ同時に行われているようであり、感じる痛みも正気を保っていることが奇跡であるほどに、これまでの被験者とは比にならないほど強烈な物になっていると推測される。- 酒本博士

SCP-XXXX-JP-Aの再生能力は、対象施設からSCP-XXXX-JPの発生が確認されなくなった後も永続的に付与されます。SCP-XXXX-JPの発生期間中に対象施設へ入所・移送された人物がいた場合、その人物は12~24時間かけてSCP-XXXX-JP-Aとなります。

補遺: 20██/10/22、SCP-XXXX-JP-A-28が突如死亡しました。死亡鑑定の結果、過度なストレスによる突然死と判断されましたが、直接的な死因は不明であり、SCP-XXXX-JPの新たな異常性によるものと推測されています。また、特筆すべき点として、SCP-XXXX-JP-A-28は、SCP-XXXX-JP発生当時、対象施設に殺人罪3、懲役25年で服役中でした。また当日は本来、25年の刑期を終える出所予定日だったことが確認されています。

付与予定タグ: scp jp euclid 感覚 建造物 触覚



    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The sakapon's portal does not exist.


エラー: sakaponのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7585233 ( 15 Aug 2021 12:45 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License