キュウリのごぼう抜き

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: インターネット上にてSCP-XXXX-JP関連と思われる書き込み、写真や映像を見つけた際には、投稿者への聞き込み後に消去させた上で記憶処理を施して下さい。

SCP-XXXX-JPの発生期間中、東日本に存在する財団関連施設の全てにおいて、その年に終了した職員達に慰霊の意を込め適切な装飾を施した盆棚を作製し可能な限り多くの精霊馬1を供えてください。

SCP-XXXX-JPの発生期間終了時に、御仏前として備えられた金額は、各関連施設の維持費へと回されます。

説明: SCP-XXXX-JPは、主に東日本の家庭を中心として、毎年8/13~8/162の間に発生する現象の総称です。

SCP-XXXX-JPの発生条件として、以下の点が挙げられます。

  • 浄土真宗以外の宗派についている。3
  • 盆棚を作り終え、適度に飾りつけを行っている。
  • 野菜を使った精霊馬を作っている。

SCP-XXXX-JPの異常性は、大きく分けて3段階あり、以下の表の通りです。

段階 内容
第1段階 8/13~、盆棚の周りで話し声が聞こえる。供えられた御仏前の内、5~20%の金額が消失する。
第2段階 発生条件を満たした家庭の内、5~18の家庭にて、家庭内の人物が全員就寝するなど、人の目が無い状態になると、精霊馬が動き出す(以下、この個体をSCP-XXXX-JP-Aと呼称)。最初のうちはあまり動けないが、8/15深夜までには実物と同様のように振る舞う。
第3段階 8/16早朝、SCP-XXXX-JP-A、および家庭内の人物1名(以降、対象)が消失し、翌日までに破損したSCP-XXXX-JP-Aと共に再出現する。この際、対象は消失している間の記憶を有していない。

SCP-XXXX-JP-Aは多くの場合、新盆の家庭で確認されます。

発見経緯: ██研究員の祖母の新盆の際、ペット用監視カメラに精霊馬の動く姿が写されていたことにより異常性を確認。他の地域での目撃情報を調べた際、数件の書き込みが見られました。そのため投稿者宅を訪ねて事情聴取し、記憶処理を施しました。

補遺1: 20██/8/14、酒本研究員宅にてSCP-XXXX-JPが発生し、SCP-XXXX-JP-Aが確認されました。SCP-XXXX-JP-Aの行方を確認するため、8/15の深夜、酒本研究員に小型発信器および小型カメラを所持させました。消失後の発信器の情報では、██県に存在する██競馬場を示したため、エージェントを現地に向かわせましたが、酒本研究員、およびSCP-XXXX-JP-Aは発見されませんでした。以下は消失後の映像記録です。

映像記録XXXX-JP

<記録開始>

酒本研究員: もうすぐて16日になりますね。これからどうなるのやら。

[映像が暗転し、ノイズ音が3秒続いた後に復旧。競馬場らしき空間が映り、辺りには多数の人型実体(以降、SCP-XXXX-JP-Bと呼称。)が存在し歓声を上げている。]

酒本研究員: ……ここは競馬場?それにいつの間に座っていたんだ?あの、すいません。少しよろしいでしょうか?

SCP-XXXX-JP-B-1: お願いだ、このレースに賭けてるんだ。頼む頼む頼む……

酒本研究員: 失礼、聞こえてますか?

SCP-XXXX-JP-B-1: 頼む頼む頼む……

酒本研究員: あの、聞きたい事があ

SCP-XXXX-JP-B-2: 止めときな兄ちゃん。そいつは大金をを賭けたらしい。

酒本研究員: 賭けた?何にです?

SCP-XXXX-JP-B-2: 変なこと聞くな兄ちゃんは、レースだよ、レース。兄ちゃんは違うのかい?

酒本研究員: あ、えぇ、何せ気がついたらここにいたものですから。

SCP-XXXX-JP-B-2: ん?じゃあ、兄ちゃんは、ただの見物って訳だ。

酒本研究員: いえ、その……まぁ、そんな感じです。

SCP-XXXX-JP-B-2: ならちょうどいい、そろそろ最後のレースだ。ほら見てみろ、今年もいい馬が揃ってるぞ。

酒本研究員: 別に馬を見たいわけじゃ……何ですかアレは!?

[映像には、通常の馬並みに巨大化したSCP-XXXX-JP-Aが6体映っている。]

SCP-XXXX-JP-B-2: 何って、見りゃ分かるだろ?馬だよ。

酒本研究員: あれが馬に見えるんですか?どう見ても精霊馬じゃないですか!キュウリやナスそれにゴーヤまで……

SCP-XXXX-JP-B-2: 精霊馬……?詳しい品種は知らねぇけど、馬だろ。

酒本研究員: いえ、そうじゃなくてですね。

SCP-XXXX-JP-B-2: それにキュウリ、ナス、ゴーヤ?何のことだかわからんが……ほれ、もう始まるぞ?

[SCP-XXXX-JP-Aが一斉に走りだし、歓声が大きくなる。]

酒本研究員: 凄い……本当に走ってる。

SCP-XXXX-JP-B-2: 当たり前だろ?馬なんだからよ。 あー、4番はダメそうだな。6番と3番の戦いになりそうだな。

SCP-XXXX-JP-B-1: いいぞ!そのまま行け!行け!行け!

SCP-XXXX-JP-B-2: あっちは報われそうで何よりだな。

酒本研究員: あの4番の模様……間違いない。私が作った精霊馬だ。

SCP-XXXX-JP-B-2: さっきから変なことばかり言うな……おぉ!兄ちゃん見てみろ!出遅れた4番が、ごぼう抜きで一気にトップに躍り出たぞ!

酒本研究員: ごぼうは知ってるんですね……

SCP-XXXX-JP-B-2: そのまま4番が一位通過だ!最後までどうなるかわからないから、やめられないんだよなぁ!

SCP-XXXX-JP-B-1: そ、そんな……

酒本研究員: ……えっと。

SCP-XXXX-JP-B-2: そっとしておいてやりなよ?

酒本研究員: そうですね。それにしても……

SCP-XXXX-JP-B-2: お?どうしたんだ?

酒本研究員: 4番の騎手、ゴーグルで顔が隠れているとはいえ、どこかで見たことがあるような気がして。

SCP-XXXX-JP-B-2: そうなのか?それなら近くで見るといい。あそこ、コース近くにちょっとした場所があるだろ?優勝騎手のサインとか貰えたりする場所なんだ。運が良ければ確かめられるぞ?

酒本研究員: ウィナーズサークルてすね。情報感謝します。

SCP-XXXX-JP-B-2: おっ、知ってたのか。いいってことよ。 ほら、終わる前に行ってきな。

[ウィナーズサークルに移動し、SCP-XXXX-JP-B群を押し退けながら前に進む。]

酒本研究員: すいません。通りますよ。おっと失礼、急いでいるので……痛っ、あっ、ごめんなさいね。

[集団の最前列に抜け出し、騎手の前に出る。]

酒本研究員: あの!すいません。お聞きしたいことが。

騎手: おや?君は……そうか、これは君の馬なんだね? こいつのお陰で優勝できたんだ。██4、君には感謝している。

酒本研究員: どうしてそれを……それに私の名前を?

騎手: そんなことはどうでもいいさ。何もお礼は出来ないが、せめて君の幸運を祈るよ。

酒本研究員: ……あなたは一体?

騎手: おっと、失礼。流石にこの姿じゃ、わからないのも無理はないな。

[騎手がゴーグルとヘルメットを取る。]

酒本研究員: そんな、あなたは……

[映像が暗転し、ノイズ音が3秒続いた後に復旧。映像は酒本研究員の自室を写している。]

酒本研究員: あれ、時計が……もう終わったのか?

<記録終了>

追記: 酒本研究員に当記録を確認させたところ、最後の騎手の素顔は、祖父のものあることかが判明しました。また特筆すべき点として、30~40代ごろの姿と酷似していたことが、酒本研究員の証言、および酒本家のアルバムから確認されています。

補遺2: 20██/8/17、酒本研究員宅の盆棚の後片付けの際に御仏前の総額が、消失前日に確認されていた額より5倍ほど多かったことが確認されています。また、酒本研究員以外のSCP-XXXX-JPの第1段階の発生が確認された職員の家庭において、御仏前の総額が元に戻る場合、戻らないしない場合、および元より1.5~2倍の金額になっていた場合の3通りのパターンが確認されました。

ERROR

The sakapon's portal does not exist.


エラー: sakaponのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7585233 ( 15 Aug 2021 12:45 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License