みんな最後はおなじ

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x
blank.png

朝だ、太陽が眩しいが昨日ほどじゃない、程よく晴れた。
こんな日だが、いつもと同じように仕事に行かなければならない、とりあえず朝食を摂ろう。

テレビを付けた、マンホールみたいなロゴとともにどこかの組織の声明が出されたというニュースだ。
見たこともない組織だ、海外の話か?
それより為替を見ないと、一応把握しておかないと上司からいつ突っ込まれるかわかったもんじゃない。
円安ドル高、いつも通りか、まあそう変わるものでもないし。

テレビを消した、もう意味は無い、朝食は食べ終えた、着替えて出発だ。


携帯に通知が入る、防災アプリだ、幸いここに被害は届かない、間もなくして会社から安否確認と通常通りの営業の司令が出た。
いっそ休みたかった。

今朝見たニュースを思い出した、異常存在がどうだの人類を守るのがどうだのとかって言っていたっけ、俺も小さい頃は人類を守るとかって憧れてた。
今は一端の銀行員、職場にも生活にも不満は無いが、平坦で何もない生活だ。


電車に乗って職場に向かう、携帯でニュースを見る、
気になる見出しだ、アメリカで死者が████人…?
どうやら馬鹿でかいトカゲみたいな生き物が大暴れしたらしい、今日は悪い意味で刺激的だ。
少し気分が悪くなったし、動画でも見よう。

【今アメリカで起きていることの全て】
あのニュースを見て気分が悪くなったのにこのタイトルに惹かれてしまう、未だに大人になりきれない部分があることに少し笑みがこぼれる。
実際にあのニュースの馬鹿でかいトカゲや、すごい速いガリガリな高身長の男の画像が出る。
間違えてゲームの実況でも開いたかと思ったが、俺が見たい動画に間違いない。
英語だからよくは分からないけど、コメント欄の海外勢を見ればガセネタじゃない事は想像が着く
詳しく調べる前に職場近くの駅に到着した、社会人になってから時間があっという間だ。


駅から会社に向かう途中カバンが震えた

「もしもし、部長、どうかされました?」
「どうもこうもニュースを見ただろう!会社に来ている暇は無い!安否確認が先決だ!」
「ニュースってあのアメリカのですか?でもうちに影響はないんじゃ…」
「とにかく!今は電話している暇は無い!後で確認したまえ!自分の身は自分で守るんだぞ!」

ツーツー

言われたようにニュースを更新した、目を疑う、日本にもあのガリガリなバケモノが来たらしい、それどころか、人を殺しまくっていると。
それだけじゃない、東京が肉塊だらけになって、あちらこちらで爆発が起きたと書いてある。
戦争でも始まったのか、はたまた宇宙人の地球侵略か、どちらにせよ信じ難い話ー

耳を劈く爆発音がした。
一瞬にしてさっきの馬鹿げた想像が現実に現れた。
それとともに、我ながら不謹慎な好奇心と非日常への期待が膨らんでいった。

―何か想像もし得ない事が起きているんだ

とりあえず爆発音がした方向へ向かう、ビルが崩落している。
女性が下敷きになっている、助けてあげなくては。

「ありがとうございます…」
「いえ、立てますか?」
「はい、大丈夫…あ…あぁ…」
「どうかしましたか?」

俺と彼女をすっぽりと覆う影ができる。
背中の奥、本来はありえないところに風が吹き抜けた、これが平凡な生活からの変化への背徳感だったらと。

不公平だ。
だけど俺はやりきった。こんなのは不公平だ。視界が揺らぎながら、俺の血と目の前の彼女の血が混ざり会うのを見た。あの白いガリガリだった。

力が抜けてその場に倒れふす、もうそこにそいつはいなかった、いやいたかどうか分からなかっただけかもしれない。

何が起きたのか分からない、それを知る前にもう既に死にそうだ、もしかしたらもう死んでいるかもしれない。誰かを助けて、非日常な生活を送れるかもしれないと思ったけど、そんな上手い話は無いみたいだ。結局俺には平凡な生活しか許されていなかった。

もうこの傷じゃ絶対に助からない、そうかこれは傷なんだ。今俺にできることはもはや何も無い、あとはここで誰にも知られず、この異常の死者の一人になるだけなんだ。

どうやったってそれしかない。

こうして命を終えようとしてようやくわかった、俺はヒーローになれるような人間じゃなかった。
俺はただの一般人だ。なんの物語にもならず死ぬ奴だ。そして目の前の彼女も同じ立場にいる。何も分からない。結局、俺は何も出来ないまま死んでいく。

どうして何も出来ないんだ?どうして誰も救えなかった?どうして非日常になれないんだ?どうして望んじゃいけないんだ?どうして非日常になりたかったんだ?

どうして俺は殺された?どうして彼女は殺された?どうして…どうして…理由は無いんだろうな。

もし誰かこの声が聞こえるなら俺の代わりにみんなを救ってくれ、頼む、俺より少しでも真理に近づいている誰か、誰でもいい、無理なんだ、俺には無理だ。

血が足りなくなってきた。意識が落ちる。

ああ…夢ぐらい見たかった。


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C

ERROR

The huurinn_kamen's portal does not exist.


エラー: huurinn_kamenのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7535868 (02 Jul 2021 12:11)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License