SCP下書き クライガイ

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは5m×5m×5mの鋼鉄製の収容セルに収容されます。収容セル内壁の破壊による収容違反を防ぐため、SCP-XXX-JPは監視カメラによる監視状態を継続し、収容セルに大きな損傷が生じた場合は速やかに修復して下さい。また、多量の血液の散布によって収容セル内が汚染された場合は適宜清掃ロボットによる清掃を行って下さい。

説明: SCP-XXX-JPは未確認のヒト型実体です。全長約2.7mであり、外見的な特徴として赤褐色の外皮や肥大した頭部がみられます。

SCP-XXX-JPの血液にはボツリヌス毒素に似た特徴を持つ未知の成分が含まれています。生物がこの毒素に触れた場合、瞬時に皮膚から血管内に吸収されることで約1分で全身の神経系が停止します。

SCP-XXX-JPは生物に対して非常に攻撃的です。SCP-XXX-JPが生物を目視した場合、咆哮しながら周囲の物を頭部で繰り返し殴打します。また、それと同時に自身の頸部や胸部を爪で損傷させることで血液を周辺に散布します。これらの行動は攻撃の準備や威嚇を行っているものと考えられていますが、周辺に生物がいない場合に行われることも頻繁に確認されています。一連の行動を終えた後、SCP-XXX-JPは目視した生物を頭部での殴打や神経毒により殺害し捕食します。

発見経緯: SCP-XXX-JPは茨城県██市の███山にて「破壊音や不気味な叫び声が聞こえる」との通報を財団が傍受したことで発見に至りました。住民らが所有していた車は全てフロントバンパーが激しく損壊した状態で発見されていました。行方不明となった地点の周辺にSCP-XXX-JPのものと考えられる血液も確認されたこともあり、これら一連の事案はSCP-XXX-JPによるものと推測されます。

SCP-XXX-JPの咆哮には現状で3種類のパターンが存在する事が確認されました。このことから言語学チームは咆哮に言語的な意味があると推察し、実験映像記録の解析を実施。結果として3種類のパターンの咆哮それぞれに1つの単語が含まれていることが確認されました。今後も新たなパターンの咆哮が確認された場合は速やかにサイト管理官に報告され、言語学チームによる解析が行われます。以下は現在確認されている単語のリストです。


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C
    • _


    コメント投稿フォームへ

    注意: 批評して欲しいポイントやスポイラー、改稿内容についてはコメントではなく下書き本文に直接書き入れて下さい。初めての下書きであっても投稿報告は不要です。批評内容に対する返答以外で自身の下書きにコメントしないようお願いします。

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The Genryu's portal does not exist.


エラー: Genryuのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7455630 (15 May 2021 14:23)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License