超体験型現代アート
評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPが出現した際はカバーストーリー「地盤調査」、「不審物/不発弾処理」を流布し、周辺の人物を退避させ、両腕を拘束させたDクラス職員にSCP-XXXX-JPと「対話」をさせてください。

説明: SCP-XXXX-JPは日本国内のアートもしくは展示物として置かれている作品前に出現する台型の実体です。上面には赤い丸い押しボタンが設置されており、その上には小型の電光掲示の機械が内蔵されています。

事案XXXX-JP:

記録開始

SCP-XXXX-JP: また押さないの?

D-1123: いやだから押せないんだって。

SCP-XXXX-JP: そうですか 

SCP-XXXX-JP: では私が押そう

D-1123: ちょっと待て。「また」?お前もしかして知能がー

[SCP-XXXX-JPのボタンの色が青に変化する。SCP-XXXX-JPの後ろ側から細長い機械の腕のようなものが出てくる。]

D-1123: えちょっとなんだよこれ!?

[腕がSCP-XXXX-JPのボタンを押す。]

SCP-XXXX-JP: 「アート」だよ。それでは楽しんで。

記録終了

付与予定タグ: ここに付与する予定のタグ


ERROR

The King-Crab373's portal does not exist.


エラー: King-Crab373のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7310467 ( 16 Mar 2021 14:36 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License