いつか使うかもしれない構文実験場
rating: 0+x

氏名: 葦原仁月(あしはら じんげつ)、またはジン・ヘルシング(Gene・Hellhting)1。あるいは日本版ブライト。

通称: ヘルシング卿、ヘルシング(葦原)教授/教授、西のブライト東の葦原、資格魔人、みんな知ってるやべー奴、超弩級の天然

性別: 男性

セキュリティクリアランス: レベル4/クラスC。限定的・暫定的にレベル3あるいはレベル2に引き下げられる、または その他の権限を付与・剥奪されることがあります

職位: チームΣ指揮官、教授、博士、(フィールド)エンジニア、フィールドエージェント。

職務: チームΣの指揮、専門/担当分野に関する講義、精神学2に関連するオブジェクトの研究、Safe及びEuclidクラスオブジェクトの実験監督(場合によるがKeterも)、施設内備品/設備の修理/制作/改修、施設内備品の発注/仕入れ/納入3、要注意団体襲撃時の迎撃指揮、要注意団体への潜入/潜入指揮、オブジェクトの調査/回収、葦原教授のやらかしリストを分厚くする事

所在: 必要ならどこでも。普段はサイト-81██

経歴: 200█/█/██、葦原教授はSCP-████-JPの収容と共に財団に雇用されました。一次的に拘留されたものの、友好的な態度を崩さずに職員と接し続けて信頼関係を築いた事も理由の一つです。SCP-████-JPの収容時にブライト博士が接触し、そのまま拘留されました。彼は非常に大きなコネクションを有しているようで、多くの要注意団体との交流記録が存在します。

財団に雇用される以前にGOCでアルバイトとして雇われた際にKeterクラス相当のオブジェクトを複数破壊・現実改変者を終了させ、マナによる慈善財団が引き起こした失態を隠蔽・解決し、財団エージェントと共にカオスの反乱に奪われたいくつかのオブジェクトを奪取し、壊れた神の教会に拉致され、ワンダーテインメント博士にアイデアやコンセプトを提供し、マーシャル・カーター&ダーク株式会社の依頼でオブジェクトを運搬・オークショナーを務め、サーキック・カルトに拉致された際に現実改変能力を埋め込まれ、日本生類創研の作り出した生物型オブジェクトを回収・財団に引き渡し、東弊重工のCEOと親密であり、"博士"に付け狙われています。

人物:

イヴ秘書官と非常に親密な関係であり、度々イチャコラ親密な様子が職員に目撃されます。職務には忠実で勤務態度は真面目ではありますが、彼はオンオフの切り替えが非常に極端です。オフ状態の葦原教授は普段の"私"という一人称から"俺"に変わり、更にある程度丁寧だった口調が多少乱暴なものになります。また、オフ状態の葦原教授は凄まじい天然個性的であるために、そのギャップに驚愕される事が多いです。個性的な彼がドジを踏まないよう、なるべくイヴ秘書官が連れ添い、その驚異的なドジ6を防止します。

常に多くの業務を抱え込んでおり、平日10:00~18:00までの間は基本的に自身のオフィスに籠って仕事をこなします。

自身を"創作者"、"芸術家"、"綴り手"あるいは"語り部"と称し、自由時間はその殆どを創作活動に費やします。創作に関して並々ならぬ熱意を持っており、「生涯止める事はない」と公言しているほどです。しかし、現在のところイラスト等の絵、あるいは歌唱に関しては絶望的本人もその実力を自覚しています。

[[footnoteblock]]

ERROR

The prof_hellthing's portal does not exist.


エラー: prof_hellthingのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7293953 ( 08 Mar 2021 02:06 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License