SCP-XXX-JP 主人公補正

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは0.8m×1.5m×0.8mの専用ケージに収納した状態でサイト-81██の収容室に収容されています。現在、SCP-XXX-JPを用いたいかなる実験も禁止されています。

説明: SCP-XXX-JPは水色の革表紙と計測不能な枚数のページで構成される一冊の書籍です。

被験者がSCP-XXX-JPを手袋などといったものを介さず、素手で開いた際、SCP-XXX-JPにはSCP-XXX-JPを開いた被験者(以降SCP-XXX-JP-1と表記)を''主人公''とした物語が書き加えられていきます。この物語は、SCP-XXX-JP-1の行動とリンクしていることが確認されています。また、SCP-XXX-JP-1の周囲では、事件や事故が起こりやすくなります。しかし、SCP-XXX-JP-1はいかなる事件、事故に遭遇しても肉体的損傷を負うことはありません。しかし、SCP-XXX-JP-1が遭遇した事件、事故に比例したSCP-XXX-JP-1の所有する''大切なもの''が消失することが確認されています。''大切なもの''の定義については、現在時点で不明です。

以下はSCP-XXX-JP内部に記録されていた、最初にSCP-XXX-JP-1になったと推定される釘井翔太氏が"主人公"に設定された物語です。

彼の名前は釘井翔太。同い年の妻と6歳の娘と暮らす平凡な会社員である。仕事は真面目にそつなくこなすと評価されている一方、今一つ情熱がない男であるとも言われている。
彼は今、彼の働く███商事へと向かっている。いつもの通勤路を歩いていると、曲がり角から飛びだしてきた学生の乗る自転車にぶつかりそうになり、転んでしまう。彼は転倒時、右ひざを打撲してしまった。なったものの、持っていた傘でなんとかバランスを立て直した。主人公は怪我をしてはならない。

彼は上司への愚痴をつぶやきながら、職場に向かって歩き続けている。真夏の太陽が照り付けている。彼は汗をぬぐおうとするも、右ポケットに入れていたハンカチがなくなっていることに気づく。家に忘れてきたかな、そんなことを考えつつ公園の横を通った際、園内で遊んでいた小学生が投げたボールが、側頭部に直撃し、彼は側頭部を内出血した。そうになったものの、彼は持ち前の運動神経でボールをキャッチ、小学生に投げ返した。主人公は怪我をしてはならない。

彼はようやく職場に到着した。いつもと変わらない机で、いつもと変わらない風景を眺めながら、いつもと変わらない仕事をこなしていく。そこでふと、彼は朝はあったはずのスマートフォンがなくなっていることに気づく。どこかに落としたのだろうか、と不安になりながらも、彼は仕事を続ける。13時34分、彼は上司に、作成した資料を確認してもらうため席を立つ。上司のいる窓際の机に向かっていると、壁際にある資料ラックが倒れてきた。資料ラックに右足を挟まれた彼は、右足首を骨折してしまった。そうになっていた。危ないしそろそろ取り替えたほうがいいだろうと彼は考えた。主人公は怪我をしてはならない。

仕事を終えた彼は、帰路についている。そこで、毎日外さないでいた結婚指輪がなくなっていることに気づく。これはまずい。妻にばれたらまずいことになる。彼は考えた、何か買って妻の機嫌を取ろうと。彼は近所のデパートに向かった。
デパート内の店で妻へのプレゼントを選んでいると、入り口付近で聞きなれない音が鳴り響いた。銃声だ。強盗が押し入ったのだ。彼は現状が把握できない。あれはなんの音だ?何が起こった?そんなことを考えながら、どうにかその場を去ろうとする。しかしあっさりと強盗に見つかってしまう。強盗は彼に銃口を向け、弾丸を放った。心臓を撃ち抜かれ、彼は鮮血を吹き出す。彼は死亡した。とうとした。しかし、通報を受けた警察が店内に進入。あっさりと強盗を確保したため彼は助かった。主人公は死んではならない。

彼は警察から強盗が起こった時の様子についていくつか聴取された後、自宅へ向かった。結婚指輪のことは謝って、また明日探そう、あとスマホも探さなければ、などと考えながら高層ビルの工事現場横を歩いていると、彼は落下してきた鉄骨により潰され、死亡した。彼の目の前に鉄骨が落下してきた。あと数秒落下が遅かったら、彼は潰されていただろう。主人公は死んではならない。

午後10時、ようやく彼は自宅に帰り着いた。ドアを開ける。異様に静かだ。何かがおかしい。この時間にまだ寝ているはずはない。彼は妻と娘の名前を呼ぶ。返事はない。家じゅうを探す。いない。彼は無我夢中で妻と娘を探した。妻の職場、近所のファミレス、隣町にある妻の実家、記憶にある限りの妻が行きそうな場所のどこを探してもいない。彼は我も忘れて走った。するといきなり、曲がり角からバイクが飛び出してきた。そのまま跳ね飛ばされ、彼は死亡した。バイクは急ブレーキをかけ転倒、彼は立ち尽くす。主人公は死んではならない。
彼はふと思う。俺は何のために走っている?俺は何を探している?俺は一体……………………….

誰だ?

主人公は死んではならない
主人公は死んではならない
主人公は死んではならない

補遺2: SCP-XXX-JP-1となった釘井翔太氏の身元は現在まで発見されていません。


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C
    • _


    コメント投稿フォームへ

    注意: 批評して欲しいポイントやスポイラー、改稿内容についてはコメントではなく下書き本文に直接書き入れて下さい。初めての下書きであっても投稿報告は不要です。批評内容に対する返答以外で自身の下書きにコメントしないようお願いします。

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The tomosibi5353's portal does not exist.


エラー: tomosibi5353のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7290192 (01 Mar 2021 11:23)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License