"おう"に越したことはない

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP-A及び、SCP-XXX-JP-Bはサイト-81██に収容されます。SCP-XXX-JP-Bの収容違反時には、機動部隊ほ-11("遊び相手")が指定されている地点へと移動し、再収容を行います。

SCP-XXX-JP-Cはその性質上、現時点では収容不可能です。一般社会へその存在及び、影響が露呈した場合即座に隠蔽が実行されます。

イベント発生による一般社会への露呈を防ぐため、SCP-XXX-JP-Bの出現地点には住居が建てられ、財団による管理が行われています。

説明: SCP-XXX-JPは常に合わせ鏡の状態を維持する縦170cm×横50cmの姿見1対(SCP-XXX-JP-A)と、その間に発生する直径10cm程度の卵型の球体(SCP-XXX-JP-B)及び、SCP-XXX-JP-Aの内部にのみ映るSCP-XXX-JP-Bの像(SCP-XXX-JP-C)の総称です。SCP-XXX-JPはいずれも破壊耐性を有しています。

SCP-XXX-JP-Bは殻を有しており、それは未知の物質を由来にして構成されています。その内部は調査により、木片、プラスチック、金属類で構成されていることが判明しています。なお、後述のイベントが発生する度に構成物質の比率が変化していることが確認されており、補遺にて示された事象に複数の例がある可能性を示唆しています。恐らくイベントの発生によりSCP-XXX-JP-Bは更新されるものと推測されますが、どのように生成されているのかは、現時点では明らかとなっていません。

SCP-XXX-JP-Cは、この次元とは異なる次元にあると推測されています。特筆すべき点として、SCP-XXX-JP-A以外の鏡に映ることはなく、SCP-XXX-JP-BをSCP-XXX-JP-Aが映す範囲の外に移動させた場合でもSCP-XXX-JP-Aの内部に常に映り続けます。(後述のイベント中を除く。)

イベント概要: 毎年1/1~1/7の間に1度、SCP-XXX-JP-B、SCP-XXX-JP-Cが消失するイベントが発生します。このイベントの発生は阻止できません。当該イベントは以下の通りに進行します。

  • SCP-XXX-JP-B、SCP-XXX-JP-Cが消失する。イベント開始。
  • 消失後SCP-XXX-JP-Bが即座にSCP-XXX-JPの回収地点に出現する。
  • 機動部隊ほ-11("遊び相手")がSCP-XXX-JP-Bを回収し、SCP-XXX-JP-Aの間に配置する。
  • SCP-XXX-JP-CがSCP-XXX-JP-A内に出現し、イベント終了。

発見経緯: SCP-XXX-JPはエージェント・六路、エージェント・碧陽によって、GoI-1054("とこよ総工")1が廃棄したと推測される製造施設の探査中に梱包された状態で発見されました。また、以下の内容の文書が同封されていました。

これは君たちへのささやかな贈り物である。球は卵、鏡は母体。これは君たちの言う異常を、終わりなき世に落とすための装置なのさ。

当然こちらも企業として活動しているため、このような形式を取らせてもらった。君たちは財団の消滅に怯える必要は無く、我々は製品の生産場所に気を配る必要は無い。どうだ、素晴らしい共生であると思わないか?

もちろん生成される物品は人々を無闇矢鱈に殺めるようなことはしない、我々が保証しよう。

我々は今後も常世の実現に向けて活動をしていく。どこかで君たちの手を借りることになるやもしれないな。

とこよ総工代表 六々堂式神2

補遺: SCP-████-JPの組成調査時、SCP-XXX-JP-Bの外観部に用いられていた物質と同様の物質が確認されました。また底部には、"永劫の意義を -と総"3との記載があり、財団はSCP-XXX-JPによって当該オブジェクトが生成された可能性があるとして、更なる調査を行っています。現在、SCP-████-JPは██個発見されています。


tag1 tag2 tag3 …..



ページ情報

執筆者: 2res4g8
文字数: 2107
リビジョン数: 109
批評コメント: 0

最終更新: 05 May 2021 12:42
最終コメント: 批評コメントはありません

ERROR

The 2res4g8's portal does not exist.


エラー: 2res4g8のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7284158 ( 22 Feb 2021 13:24 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License