SCP-2915-JP

現在このページの批評は中断しています。


評価: 0+x

アイテム番号: SCP-2915-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2915-JPは、サイト-81██の低危険度物収容ロッカーに収容してください。現在、SCP-2915-JPを用いた実験は禁止されています。

説明: SCP-2915-JPはあらゆる破壊行動に対して耐性を持つ弾薬ケース(50発収納可能)に入った、純度99.9%の銀で構成されている3426発のマスケット銃の弾です。
SCP-2915-JPは着弾すると着弾地点が有機物か無機物かに関わらず修復します。
以下はSCP-2915-JPを用いた実験の記録です。


SCP-2915-JPは、フランスのロゼール県の旧称███████地方にある███村の教会から発見されました。「███村のシャルル・███神父はどのようなケガも治す」という噂を耳にした財団エージェントが現地に赴き調査したところ、SCP-2915-JPの異常性が明らかになり、収容されました。シャルル・███神父にはAクラスの記憶処理を施したうえで解放しました。また、カバーストーリー"プラシーボ効果"を流布しました。

補遺2915-JP-Ⅰ: SCP-2915-JPは現在まで複製する方法が見つかっていません。これ以上の実験はSCP-2915-JPの喪失につながると考えられるため、禁止されています。

補遺2915-JP-Ⅱ: 以下は、███村に伝わっている民間伝承の記録の写本です。

むかしむかし、この地域には大きな獣がいました。
獣は2匹で人々を襲い、食べてしまいました。
噂では、獣は人々を襲うことで仲間を増やすと言われていました。
それを恐れた人々は獣を狩ることにしました。
実は片方の獣は一切人を襲ったことはありませんでした。
そのことに気がついたある猟師がいました。
その猟師は、片方の獣は噛まれて呪われた人間ではないかと考えました。
そして、その人を助けるべく、猟師は「魔法の銀の弾丸」を10発作りました。
そして、見事獣を狩り、もう片方の獣に弾丸を撃ちました。
すると、獣の姿がみるみると美しい女性に変わりました。
そして、猟師と女性は末長く幸せに暮らしました。

財団エージェントが周辺地域を調査しましたが、類似する伝承を発見することができず、信憑性は低いものと推察されます。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The Ginnnann's portal does not exist.


エラー: Ginnnannのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7282242 ( 02 Mar 2021 11:32 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License