(՞ⳁ ̛̽̽)君もジyoンだ バックアップ
rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはネットワークから完全に切断され、サイト-8183の収容用サーバールームに収容されます。SCP-XXXX-JP内のデータを閲覧する際はレベル2以上の職員の許可と主電源が切断されないように厳重に配慮することが義務付けられています。SCP-XXXX-JP内に投稿されている改変されたデータはSCP-XXXX-JP-AとしてSCP-XXXX-JP内に保存されます。

説明:SCP-XXXX-JPは投稿した文が改変されるSNSのサーバーです。SCP-XXXX-JPは███社が所持していたSNSの運営に使用されていましたが、SCP-XXXX-JPは███社がサーバーを停止させた際に財団により収容されました。サーバーの停止はSCP-XXXX-JPの改変能力によって多数の侮辱や単一の顔文字を使った投稿が頻繁に繰り返されたことを原因としています。SCP-XXXX-JPに追加された投稿は元の投稿がどのような物であっても、片仮名で表記され侮辱する言葉が多数使われている投稿に改変されます。この影響は「Ozone」1を用いたときにのみ回避することができます。SCP-XXXX-JPを用いた実験の記録は以下を参照してください。

片仮名で投稿してることや顔文字についての書き込みをすると投稿者を侮辱する文に改変されます。改変内容から、SCP-XXXX-JPが改変する日本語の筆記法には「ジyoンゴ」という名称が存在すると考えられます。

SNSの利用者の大半が改変を認知してるため完全なSCP-XXXX-JPの完全な隠蔽は不可能だと判断したため。財団はSCP-XXXX-JPによる一連の事件を「コンピューターウイルス、進化の脅威」とSNS上やメディアなどでも拡散し、カバーストーリー「コンピューターウイルスに感染したサーバー」と「DDoS攻撃によるサーバーの停止」を適用しました。財団はSCP-XXXX-JP収容前、███社の運営するSNSアカウントにダイレクトメッセージ機能を用いてインタビューを実施しました。以下はその記録です。

補遺1: このインタビューの内容からジyoン氏が異常性に何らかの形で関与していることが推測されたため、実際に███社を訪れインタビューを実施しました。

SNSの開発チームにいたジyoン氏の家を訪れた際には、ジyoン氏の私物だと考えられるパソコン上に以下の文章が表示されていたのが確認されています。

何もかもが最悪だ、今なら何にでも暴言を吐ける気がする。俺だって悪意があってアレを追加しようとしてたんじゃない!
根も葉もないことを言い出して!!!!俺すらも(՞ⳁ ̛̽̽)トオナジアツカイヲシヤガッテw
フザケンナヨwwwツギハオマエラガナルベキダヨナヒテイシツズケタ、(՞ⳁ ̛̽̽)ニwww

補遺2:事案-Aでは██研究員(処分済み)がSCP-XXXX-JPのデータを閲覧し実験を行なっていたところ、稼働中のサーバーの電源を誤って切り、SCP-XXXX-JP内のデータが削除されてしまいました。SCP-XXXX-JPはデータが削除されてしまいましたが現在も稼働中です。

SCP-XXX-JPの閲覧を行う場合は職員コードとパスワードを入力してください。
閲覧にはレベル2以上の職員の許可が必要です。

職員コード
パスワード
  • jp
  • Safe
  • scp
  • オンライン
  • 記憶媒体

ERROR

The Masamutsu's portal does not exist.


エラー: Masamutsuのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7279076 ( 17 Feb 2021 14:42 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License