イかす価値の無い男
評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはサイト81■■の人型収容保管庫に収容し、日に3度生命維持に必要な最低限の水と食料を与えます。
食事や排泄、入浴の時以外で全身の拘束を解く事はあってはなりません。
SCP-XXXX-JPの収容担当者は特定の条件を満たした男性を起用する必要があり、条件を一つでも満たす事が出来なくなった場合は、解任されCクラス記憶処理を施されます。
如何なる理由があってもSCP-XXXX-JPの要求に応えてはなりません。

説明: SCP-XXXX-JPは東京都三鷹市久我山に住んでいた独身男性、孕堕 胎蔵(収容当時42歳無職)です。

SCP-XXXX-JPの能力は任意の女性と、その女性と仲が良い人間を意のままにします。
SCP-XXXX-JPが能力を発動する方法は多岐に渡り、代表的なものは「ライターの火を見せる」「穴の空いた硬貨に紐を通して振る」等です。
Dクラス職員を用いた実験の結果、彼の催眠が男性のDクラスに効果があった例はありませんでしたが、女性のDクラスには100%効果がありました。

SCP-XXXX-JPは、埼玉県春日部市の一家(にのまえけ)の敷地で全裸で居る所を近くを通りかかった警察内部のエージェント(以下、エージェント田所)に身柄を拘束されました。
エージェント田所は一家の人間に事情を聞こうと家屋の中に入りましたが、そこには妊娠8ヶ月目の35歳女性と妊娠7ヶ月の14歳女性が全裸で衰弱していました。
女性らの体には油性マジックで落書きされており、SCP-XXXX-JPの体液が大量に付着していました。

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]

付与予定タグ: ここに付与する予定のタグ


ERROR

The Rokemasa's portal does not exist.


エラー: Rokemasaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7238660 ( 29 Jan 2021 12:38 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License