ゴッドハンド

現在このページの批評は中断しています。


評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの周辺地区にカバーストーリー「違法営業」を流布します。最低3名以上の警備員が常に現場の近くで待機し、監視します。SCP-XXX-JP内部へ強引に侵入を試みる人物がいた場合速やかに阻止してください。もし何かしらの理由で部外者がSCP-XXX-JPに侵入した場合、カバーストーリー“事故死”の下新たに発生したSCP-XXX-Bを収容してください。

SCP-XXX-JP-Bはサイト-81██にある人型収容室に収容されています。SCP-XXX-JP-Bに高次脳機能障害の症状が出現した場合、SCP-XXX-JP-Bに自身の病状を自覚させないよう適切な対応を行ってください。状態BのSCP-XXX-JP-Bは医療用ベッドに拘束し、介護の訓練を受けた担当職員がSCP-XXX-JP-Bの体の清浄を行い、定期的に流動食を与えます。

説明: SCP-XXX-JPは██県██村付近に位置するコンクリート製の建物で、「整体院佐藤」と書かれた表札が飾られています。近くに住んでいた多数の住民が同じ時期に高次脳機能障害を示したため、警察が調査を行ったところSCP-XXX-JP内部に侵入できなかったことから異常性の発覚に至りました。

SCP-XXX-JP内部に入った人間は人型実体(以下、SCP-XXX-JP-A)に出迎えられます。入店した場合、SCP-XXX-JP-Aは利用者に一般的な整体のサービスを提供します。施術された利用者(以下、SCP-XXX-JP-B)は二つの状態に分けられています。

状態 説明
A SCP-XXX-JPの影響を受けた後の状態。軽・中度の高次脳機能障害(記憶障害、半側空間無視、失語症など)の症状がみられます。
B SCP-XXX-JP-BがSCP-XXX-JPの影響を受けた後、自身の症状を自覚した場合の状態。最低限な日常生活能力を失い、意思疎通が不可能になります。同時に、不定期に他人や自分自身に対し暴力を振るいます。

補遺1: :現在収容されている全てのSCP-XXX-JP-Bが状態Bになったため、実験は新たなSCP-XXX-JP-Bが収容されるまで中止します。

補遺2: :映像を元に調査したところ、SCP-XXX-JP-Aは20██年に医療事故で新聞に取り上げられていた脳外科医、佐藤██と外見が98.6%一致しています。医療事故の被害者は手術を必要としなかったのにも関わらず、主治医の佐藤██の判断により開頭手術が行われ、結果厳重な高次脳機能障害を患いました。裁判の結果多額の賠償金が要求され、佐藤██の医師免許は取り下げられました。当人物は現在行方不明です。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The ikasuki91's portal does not exist.


エラー: ikasuki91のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7233922 ( 23 Jan 2021 21:25 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License