SCP-xxx-JP 「美の形」

現在このページの批評は中断しています。


評価: 0+x

アイテム番号: SCP-xxx-JP

オブジェクトクラス: Safe Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-xxx-JPは5×5×5mの収容室に収容されます。収容室は実験時を除いて常に密閉状態にし、職員がSCP-xxx-JPを視認することを防いでください。 SCP-xxx-JPの残骸は低危険度物品収容ロッカーに収容されます。

説明: SCP-xxx-JPは異常性を持った高さ2m、重量250kgのミロのヴィーナスのレプリカです。材質は大理石に似た未知の物質で構成されており、下面に「Are We Cool Yet ?」と市販のペンキで書かれています。また随所に引きずった、打ち付けて出来たような損傷が見られます。

SCP-xxx-JPは視認される人によって外観の異なる腕を保有しています。 しかし、この腕には実体がなく触れることができません。 SCP-xxx-JPを視認した人物は例外なくSCP-xxx-JPを「美しい」と認識します。これらの異常性はSCP-xxx-JPの視認を止める事で消失します。また、初めから電子媒体を通してSCP-xxx-JPを視認した場合、異常性は発現しません。

SCP-xxx-JPは2000年に██県██市のアパートの集合ゴミ捨て場にて放置されており、「見る人によって変わる像」として通報を受けたことで発見されました。関係者にAクラス記憶処理を施しSCP-xxx-JPを回収しました。以下はSCP-xxx-JPの実験記録です。

補遺1: 後の調査で、SCP-xxx-JPが発見されたアパートに住んでいる澤木氏がAre We Cool Yet ?の構成員であることが判明しSCP-xxx-JPとの関連性が疑われたため連行を行い、インタビューを行いました。以下はその記録です。

補遺2: SCP-xxx-JPの形成する腕の造形が

補遺3: SCP-xxx-JPの実験の際に事件が起きました。以下は事件の際の監視カメラの記録です。



    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The murasakiran's portal does not exist.


エラー: murasakiranのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7223219 ( 12 Feb 2021 09:31 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License