いや、お前誰だよ

このページの批評は終了しました。


評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはサイト-81██の低危険度収容ロッカーに収容し、内部に監視カメラを設置してください。SCP-XXXX-JPの実験及び所持はいかなる場合においても禁止され、所持した職員は尋問の後に解雇処分となります。

説明: SCP-XXXX-JPは█████社製のスマートフォンです。SCP-XXXX-JPは連絡先登録及び通話機能を持つアプリケーション1のみインストールされており、設定機能や他のアプリケーションをインストールする機能は使用できません。SCP-XXXX-JPにはその時点で生存するすべての人間の住所、電話番号等が登録されており2、いずれかの人物が死亡、誕生、住所の変更等をした際に登録されている情報が変化します。SCP-XXXX-JPには約1時間ごとに通話用アプリケーションを通じた着信が届きます。3この際の着信者の表示はその時点で生存しており、SCP-XXXX-JPを所持していた人物(以下対象)にとって親しいが知覚している人物4です。この着信に出た場合、SCP-XXXX-JPからノイズ音が約5秒間発せられた後に通話が切断されます。通話が切断された時点で対象は表示されていた着信者に関する全ての記憶や情報が消失または改変されます。ただし、途中で通話を切断した場合はこの異常性は発現しないことが実験により判明しています。

補遺1: 発見経緯
SCP-XXXX-JPは20██年に不良品として█████社に返品されており、SCP-XXXX-JPの影響を受けたスタッフを財団エージェントが発見したことにより収容されました。関係者には記憶処理が施され、カバーストーリー「都市伝説」が流布されました。また特筆すべき点として、SCP-XXXX-JPを█████社に返品した人物に関する記録は█████社のデータベースに存在せず、現在も調査が継続されています。

補遺2: インシデント記録-XXXX-JP-1
20██年6月、SCP-XXXX-JPの██回目の実験における輸送作業中にSCP-XXXX-JPの影響を受けた職員が2名発生しました。この際に表示されていた着信者の大多数は該当する職員が歩道ですれ違う等、ほとんどの面識を持たない人物でした。このことから、SCP-XXXX-JP着信者の表示は「対象にとって親しい人物」ではなく「対象が知覚している人物」であることが判明したため、特別収容プロトコルの改訂及びオブジェクトクラスの引き上げが行われ、該当する職員は記憶処理の後別サイトへ異動となりました。

補遺3: インシデント記録-XXXX-JP-2
20██年9月、██博士がSCP-XXXX-JPの影響を受けました。特別収容プロトコルに基づき、██博士は尋問の後に解雇処分されました。また、当時表示されていた着信者は「ジャグラー社5」であり、SCP-XXXX-JPからはノイズ音ではなく機械音声が再生されていました。以下はその内容です。

「思い出書き換えサービス」提供終了のお知らせ

当サービスは現在に至るまで何人もの記憶を書き換えて参りましたが、来るべき新たなる時代に伴う必要性の観点から、誠に勝手ながらサービスの提供を終了させていただきます。

「思い出書き換えサービス」をご利用してくださった皆様に、深く感謝を申し上げます。

20██年12月に当サービスに代わる新たなサービスを開始する予定ですので、今後はそちらをご利用ください。

当インシデントが発生した翌日から、SCP-XXXX-JPは連絡先登録及び通話機能以外の機能も使用可能な非異常性のスマートフォンに変化しました。このことからSCP-XXXX-JPはNeutralizedクラスへの再分類が予定されています。また、音声中で言及された「新サービス」が新たなオブジェクトである可能性が示唆されたため、財団は現在緊急対策チームの結成を検討中です。

補遺4: 発見記録
20██年10月、インシデントの際に記憶処理が行われた職員及びSCP-XXXX-JPを所持していた█████社の開発スタッフについて詳細な調査が行われました。調査の結果、全員の共通項として過去に██████.onionというダークウェブにアクセスしていた事が判明しました。このことからSCP-XXXX-JPを開発した人物は██████.onionのユーザーのいずれかであるとされており、██████.onionにアクセスした経験のある人物の特定及び調査が予定されています。



    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The LAIMU's portal does not exist.


エラー: LAIMUのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7222583 ( 04 Sep 2021 11:10 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License