SCP-XXXX-JP テレビの向こう側 (仮)

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはサイト-81██の低危険度収容ロッカーに収容し、内部に監視カメラを設置してください。SCP-XXXX-JP-1による被害を防ぐため、SCP-XXXX-JPを中心とした半径100m範囲にはカバーストーリー「地盤沈下」を適用し民間人を退避させてください。

説明: SCP-XXXX-JPは製造元が不明な25インチのダイヤル式ブラウン管テレビとその内部から出現する人型実体(以下SCP-XXXX-JP-1)です。SCP-XXXX-JPは電力供給がないにもかかわらず、雨が降っている未知の都市の映像を常に表示しており、毎週月曜日にSCP-XXXX-JP-1を出現させます。

SCP-XXXX-JP-1は毎週月曜日にSCP-XXXX-JPから出現する人型実体です。SCP-XXXX-JP-1は黒色のスーツと帽子を着用しており、顔面部や手は完全な黒色であるため表情などは現在まで確認されていません。SCP-XXXX-JP-1は、自身を中心とした半径100m範囲に満12歳の児童(以下対象)が存在した場合、その対象の位置に移動します。この際に、SCP-XXXX-JP-1が通過した地点は映像機器か肉眼かを問わず周辺が激しく乱れて見えます。SCP-XXXX-JP-1は対象の位置まで移動した後、対象を掴んで消失します。消失した直後、SCP-XXXX-JPにSCP-XXXX-JP-1と見られる実体が表示され、男性の笑い声と思われる音声を10秒程発します。

補遺1: 発見経緯
SCP-XXXX-JPは20██年に██県にて発生した児童連続失踪事件において、目撃者全員がSCP-XXXX-JP-1と酷似した存在について証言したこと、失踪は必ず月曜日に発生していたこと、「テレビから人が出てきた」との通報があったことにより発見されました。通報者である安藤 ██氏はインタビュー後に記憶処理を施して解放しています。

補遺2: インタビュー記録
以下はSCP-XXXX-JPの元所有者である安藤 ██氏へのインタビュー記録です。

対象: 安藤 ██氏

インタビュアー: エージェント・██

<記録開始>

[重要度が低いため割愛]

エージェント・██: では、最後の質問です。安藤さんは、どのような経緯であのテレビを手に入れたんですか?

安藤氏: ああ、あれは友人からもらい受けたものでしてね。なんでも、彼の家の屋根裏部屋にあったんだとか。

エージェント・██: 友人、ですか?

安藤氏: ええ、まあ。その友人が言うには、いつの間にか屋根裏部屋にあったらしいです。

エージェント・██: なるほど、分かりました。本日はどうもありがとうございました。

安藤氏: いえいえ、こちらこそどうもありがとうございました。

<記録終了>

終了報告書: インタビュー中に言及された安藤氏の友人である佐藤 ██氏ついて調査を行ったが、SCP-XXXX-JP発見の約1か月前に失踪していることが判明した。現在も調査は継続されている。

補遺3: 実験記録
以下はSCP-XXXX-JPの実験記録です。

実験記録XXXX-1 20██/03/09

対象: D-3610

実施方法: D-3610をSCP-XXXX-JPから1m先に設置

結果: SCP-XXXX-JP-1が出現、D-3610を掴んだまま消失。

実験記録XXXX-2 20██/03/16

対象: D-9017

実施方法: D-9017をSCP-XXXX-JPから100m先に設置

結果: SCP-XXXX-JP-1が出現、D-9017を掴んだまま消失。

実験記録XXXX-3 20██/03/23

対象: D-5983

実施方法: D-5983をSCP-XXXX-JPから101m先に設置

結果: SCP-XXXX-JP-1は出現しなかった。

実験記録XXXX-4 20██/04/02

対象: D-2876

実施方法: D-2876を消失させた際にSCP-XXXX-JPから発せられる音声の解析

結果: D-2876、D-5983、D-9017、D-3610他、19名の児童、佐藤氏と声紋が一致した。

補遺4: 発見記録
SCP-XXXX-JPを安藤氏に譲渡したと思われる佐藤氏が居住していたアパートを調査した結果、佐藤氏が使用していたとみられる手帳が発見されました。手帳のメモ欄は日記として使用されており、一部SCP-XXXX-JPに関係する記述が存在しました。以下はその抜粋です。

20██年1月3日

今日は███ちゃんの顔を久々に見れた。
大分長い間不審者扱いされてたっぽいけど、そろそろ大丈夫だろう。

20██年1月4日

あれからもう1年は経つのに、まだ不審者として見られてるみたいだ。
なんでだ?

20██年1月5日

███ちゃんは諦めて、別の子にすることにした。
これなら、しばらくは大丈夫だろう。

20██年1月6日

今日は新しい子を見つけた。名前は███君。本当にかわいい。
あと、部屋にある古いテレビが急に点いて砂嵐になった。
ポルターガイストってやつか?

20██年1月7日

コンセントから抜いたのに、あのテレビがずっと砂嵐のままだ。
それに急に笑い出したし。
気味が悪いから、明日の廃品回収に出そうと思う。

20██年1月8日

ずっと砂嵐だったかと思えば、あのテレビから黒ずくめの人?が出てきた。
無口だし、怖い。

20██年1月9日

なんなんだよ、ずっとずっと砂嵐のままだ

20██年[判別不能]

もういやだ
だれかたすけ



    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The LAIMU's portal does not exist.


エラー: LAIMUのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7222583 ( 04 Sep 2021 11:10 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License