伝道者

現在このページの批評は中断しています。


アイテム番号:SCP-3345
オブジェクトクラス:Euclid

特別収容プロトコル:オブジェクトを、直接視認することは許されていません。
また、それを視認する場合は、教会のステンドグラスの破片を通して視認してください。
 このオブジェクトの周りは、高さ156mの壁で四方を覆ってください。そして、壁には絶対にスキマを作ってはいけません。
 収容違反は、CK-kクラスシナリオを引き起こしかねません。
 万が一脱出してしまった場合は、オブジェクトの下を飛行機で並走し、必ず市民の目に入らないようにしてください。
万が一目に入ってしまった場合は、市民に記憶操作を即座に行ってください。


説明:SCP-3345は、雲のような形をしたオブジェクトです。正確なサイズは確認できていません。これは、常に人以外の生物の形を作ります。そして、それを見た人間は、その生物を神だと錯覚し、信仰し始めます。
 また、その生物のことを、一律に「神」と表現します。
その時、このような行動、症状を引き起こします。

  • その生物に対して跪く。
  • その生物の話しているかのような幻聴、幻覚を引き起こす。
  • 彼らは幻聴を「お告げ」と表現し、そのお告げに従って行動する。
  • 何人かの異なる神を持つ者同士は、お互いに争い、どちらかが死亡するまで争い続ける。

「お告げ」には、人類に敵対するようなものが多く「お告げ」を聞いた市民5人による、合計8件の殺人事件が報告されています。

実際に信者が聞いたというお告げ

  • Alex Temperton 神:猫 「どこのでもよい犬を一匹連れて来い。」
  • Oscar Harrington 神:

 

そのうちの一人の取り調べの音声データがあります。

容疑者:あなたたちはどうして私たちをとらえるのですか。
警察官:お前は自分のしたことが分かっていないのか。お前は人を殺したんだ。それも2人もな。
容疑者:ああ、あの愚か者のことですか。私は神の崇高な目的を達成するために彼らを殺害したのです。それなら問題はないのではないですか?
警察官:何を言っているんだお前は。その神というのは何だ?
警察官ハハッ。いぬっころなんかをカミサマなんてほざいてるのか?犬に何ができるんだ。笑わせるな。
容疑者 お前今何と言った、神を侮辱したな。万死に値する。神よこの男は神を侮辱しました。神よ私はこの男を殺したいと思ってしまいました。どうすればよいでしょうか。
容疑者神からお告げが下りた。神はお前を殺してもよいとおっしゃった。
警察官おい、おい、やめろ、やめ

 音声ファイルはここで終了しています。

補遺

  • 警察官は全治2週間のケガを負い、現在入院中です。
  • 男は拘束され財団で保護されています。

追記:初投稿です。お手柔らかに。


ERROR

The YU-NEXT's portal does not exist.


エラー: YU-NEXTのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7212645 ( 22 Jan 2021 07:51 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License