去る者、腐るもの

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x
blank.png

「博士、このサイトはどうなるんスか」

サイト-81██。エスカレーターやオートウォークはすでに張りぼてと化し、何度掴んだかわからない手摺は部分ごとに切り離され、壁沿いに転がっている。

「おお、scp-877-jpか。久しぶりだな」
「……えと、自分スか。ピールオブバナナマン。そう呼んでくれ、と言ったはずっス」
「悪ぃ。で、何だったか」
「説明する必要もないと思うんスけど」
バナナの皮は、何か言いたげににサイトを見回した。動きとともに鼻をつく腐敗臭が漂っている。

「ああ。退去通知、だってさ」
「見たらわかるっスが」
「はは。あぁ……悪かったな」
「構わないス」
物憂うように天井を見上げた。その背中は大きく爛れていた。

「おい、どうしたんだ?」
「この傷スか。痛くないんで平気スよ」
「そうじゃねえ」
「……昨日、これからどうなるか知ったんス。それで、どうしても、……やっぱ覚えてないっス」
彼は、おかしいっスよね、こんなの、と笑った。その笑みにはひどい悲しみが包み込まれていた。

「……お前はいつもそうだよなぁ。腐りやすい性格の癖によ」
「冗談に聞こえないっス」
「これは冗談なんかじゃねえ」
無理に笑みを繕おうとするバナナの皮を、正面から見つめた。

「お前たちみたいなアノマリーを保護するのが俺らの仕事なんだ」
その眼には、話し始めた時の眼とは全く別物の、"普通じゃない"何かが秘められていた。
「無理のない範囲で構わない。何があったか、なぜ再生されないのか。教えてくれないだろうか」

その表情にしばらく呆気を取られていたが、やがて落ち着いたとみえ、ゆっくりと語りだした。
「今朝、いつもみたく踏まれてケガをしたんス。でも、再生されなくて」
「原因は、わかるか?」
「きっと、昨晩のことが原因だと思うんスけど」
博士は「昨晩のこと?」と、オウムのように繰り返した。

「……退去通知を知って、自分なりに考えてたんス。でも、分からなくて」

「考えるごとに、このサイトを離れたくなくて。それはできないという現実が、自分を追い越して行くようで、苦しくて。自分、バナナの皮じゃないスか。あの日、財団が貧しくなった日から、どんどん状態が悪化して。……においがひどくなっていることも、自分を苦しくさせて。でも、でも」
言葉が出なくなってきた。

「……それで、なんで自分なんか生きてるんだろうな、なんて考えちゃって、そんな時に踏まれたんス。きっとそのせいっスね」

息を吸って、吐いて、深呼吸。爛れていた彼の皮は鮮やかな色を取り戻し、幾分か修復されたように思えた。
「ハハ。こんなこと言っておいて、やっぱ生に拘ってたんスね」
誰もいない方向を見上げ、語り掛けるように呟いた。

「馬鹿みたいな話っスよね。いっそのこと、ひと思いに笑ってほしいっス」

彼の足元に落ちた一枚の、バナナの臭いがひどく染みついたクリアランスカードには、田辺博士の顔写真が貼り付けられていた。

「だからお願いっス。みんなを、自分の生活を返してください」

博士は、答えなかった。

  • jp
  • tale
  • まずしいざいだん

Qのコンテストに参加します。

テーマはQuandaryです。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The Dr_rrrr_2919's portal does not exist.


エラー: Dr_rrrr_2919のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7200455 ( 28 Feb 2021 12:38 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License