SCP下書き 幽霊交響楽団

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JP、SCP-XXXX-JP-Aは現在収容されていません。担当職員はSCP-XXXX-JP、SCP-XXXX-JP-Aの転移を止める方法を見つけることを最優先事項とします。

説明: SCP-XXXX-JPは恋昏崎を拠点に活動するオーケストラ団体の団員(現在は-1から-94まで存在)の総称です。団員の中には通常の人間の他にGoIの元構成員や元財団職員、外見に異常を有した存在などが存在していることが判明しています。SCP-XXXX-JPは自身を"恋昏崎フィルハーモニー交響楽団"1と名乗ります。結成当時は団員は██名で二管編成でしたが、現在は94名となり四菅編成となっています。

音楽の素養があり、SCP-XXXX-JPの演奏を楽しめる人物には異常は起こりませんが、SCP-XXXX-JPが演奏する音楽の素養が無く、SCP-XXXX-JPの演奏を楽しめない人物がSCP-XXXX-JPの演奏を聴くと体の一部が即座に変化2し、"第6感"を発現します。3聞いた直後は体の変化以外は起こりませんが、その後数日で多くの場合体の変化に耐えきれず死亡するか、脳に障害を受けます。それにより最後に耳にした音楽しか思考することができなくなり、それ以降SCP-XXXX-JPの演奏を聴くためだけに行動します。

SCP-XXXX-JPは非定期的に恋昏崎のホールで一般公演を行っています。演奏前後は、演奏場所のホールに体型を作った状態で突然に転移を行います。終了後は、SCP-XXXX-JP-Aの挨拶が終了した後に同様の転移を行います。その際の転移先は判明していません。

SCP-XXXX-JP-Aは"恋昏崎フィルハーモニー交響楽団"の団長兼指揮者です。40代後半のモンゴロイド系男性と見られます。SCP-XXXX-JP-Aは"第6感"を司る力を持っているとされています。

追記 20██/██/██: 詳しい調査により、SCP-XXXX-JPが全てSCP-XXXX-JP-Aの影響により"第6感"を発現し、すでに意識が無いことが判明しました。そのため、SCP-XXXX-JPは自身の演奏を聴くために活動を行なっていると考えられますが、明らかに自我を持つと感じられることもあるため、SCP-XXXX-JP-Aによりなんらかの調整がされていると考えられます。

記録資料XXXX-JP-β

  • keter
  • jp
  • scp
  • 音楽
  • 瞬間移動
  • 感覚
  • 聴覚
  • 未収容
  • 恋昏崎
  • 恋昏崎新聞社
  • 信濃中央新聞


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The Dr_rrrr_2919's portal does not exist.


エラー: Dr_rrrr_2919のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7200455 ( 28 Feb 2021 12:38 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License