【INT経由重訳】SCP-081-UA – ヴァンカ・フスタンカ

このページの批評は終了しました。

「キーウ」との整合性を取るため「и」は「ウィ」ではなく「イ」のようにカタカナ転写する。

ライセンス関連

以下をDiscussに投稿する予定

付与予定タグ

以下のようにINTでは (そして原文でも) safeとeuclid が両立している。現行のタグガイドはスラッシュクラス持ちスキップが新登場することを前提としていないため、投稿時にスタッフに確認する必要あり。確認。
esoteric-class 死体 化学 エントロピー 放射性 蘇生 scp ua

  • INTでのタグ: cadaver chemical entropic euclid oo radioactive reanimation safe scp ua

評価: 0+x
5E327CD7-F5F5-401E-9F24-497382FCD783.png

SCP-081-UA in quiescence.
静止状態のSCP-081-UA。

Item #: SCP-081-UA
アイテム番号: SCP-081-UA

Object Class: Safe/Euclid
オブジェクトクラス: Safe/Euclid

Special Containment Procedures: The object should be stored in a dedicated drawer of Site ██'s morgue, at the temperature from +2°C to +4°C. For the purpose of conducting experiments and responding to the possible containment breaches, the inventory of Site ██ must contain a set of field or everyday officer uniform of the Russian Airborne Forces, model 2014, decorated with appropriate insignias and badges. Under no circumstances may the bag covering the object's body be opened.
特別収容プロトコル: 当オブジェクトはサイト-██死体安置所の専用の引出しにて、+2°Cから+4°Cの温度で保管するものとします。実験を行う際や収容違反の可能性に備えておくため、サイト-██のインベントリに、ロシア空挺軍将校の2014年モデルの野戦服あるいは常装の軍服を収容するものとします。これらは適切な勲章やバッジをあしらっておくものとします。いかなる状況下においても当オブジェクトの遺体を覆う袋の開封は禁止します。

Description: Externally, the object constitutes an unmarked black body bag made of high-pressure polyethylene; several fusion spots may be observed, indicating previously damaged areas. Although currently there is no safe way to confirm this by direct visual observation, but tactile examination, as well as computer tomography data, indicate that the body bag contains a partially decomposed male corpse. Application of radiological methods of examination is complicated by a significant number of small, irregularly-shaped metal objects residing inside the body. Nevertheless, their location, as well as the fragmentation of particular bones and ruptures of internal organs, indicate a violent death (see Post mortem examination report PM-A- 081-UA).
説明: 外見上、当オブジェクトは黒い無地の高圧法ポリエチレン製の遺体袋です。溶着の痕跡が散見され、以前はそれら箇所が破かれていたことが示唆されています。この遺体袋の中には、それを直接的に観察できるような安全な方法は現状確立されていないものの、接触での検査やコンピュータ・トモグラフィの結果から、部分的に腐敗した男性の死体が入っていることが示唆されています。遺体内部には不自然な形状の金属片が多数存在しており、そのため放射線を用いての検査は困難となっています。ですがそれら金属片が入っている位置や、一部の骨の破片および破裂した内臓の破片があることは、これが暴力による死亡であることを示唆しています (検死報告PM6-A-081-UAを参照のこと)。

Manifestation of the object's anomalous properties depends on its temperature. At temperatures below +8°C, SCP-081-UA is quiescent and cannot be distinguished from similar non-anomalous specimens. When the temperature exceeds the aforementioned mark, the object gradually acquires mobility, starting from its upper part and reaching the area of the lower extremities within ten minutes.
当オブジェクトの異常性発現は温度依存性を有します。+8°C未満の温度下では静止状態であり、非異常の同様のサンプルと区別不可能です。温度が前述の水準を超過した際、当オブジェクトは徐々に運動性を得ます。この変化はその上部から開始し、10分で下部領域にまで及びます。

Upon reaching full mobility, SCP-081-UA will attempt to assume an upright position; on success, the object will immediately begin moving east. The principle behind the faultless determination of the correct direction of movement is currently unknown; large-scale outdoor testing, including such in local magnetic anomalies, could not be conducted due to the security situation. Experiments conducted on the outskirts of Kyiv indicate minor (up to a millisecond) changes in its trajectory, depending on the location. It is believed that, by projecting the object's trajectory, it will be possible to determine its destination point; proper conditions for carrying out the necessary research are awaited.
完全に運動可能な状態に到達すると、SCP-081-UAは直立姿勢を取ろうと試みます。それに成功すると、当オブジェクトは直ちに東に向かって進行開始します。正確な進行方角が特定できなかった場合にどのような挙動を取るのかは現状不明です。地磁気異常をはじめとする環境下での大規模な野外試験は、喫緊の治安状況下では実施不可能です。キーウ郊外で行われた実験では、ロケーションによって軌道が若干 (1ミリ秒以下) ながら変化することが示唆されています。当オブジェクトの軌道を描画すれば、これがどこに向かおうとしているか推定できるものと思われます。そのために行うべき実験の適切な条件策定が望まれています。

Usually, SCP-081-UA will attempt to move eastward regardless of obstacles in its path, bypassing land obstacles by the shortest route available and crossing the water ones. Due to the physical inability of the object to make movements necessary for swimming, this usually ends with SCP-081-UA drifting downstream, followed by re-establishment of the trajectory upon reaching land. When encountering an obstacle that cannot be avoided — such as entering an active state in an enclosed space — the object will stop moving in its normal direction; instead, it will start chaotically moving within the accessible area, throwing over things, and headbutting windows and doors. It is believed that by doing so the object is trying to draw attention to itself, in order to enable the change of its dislocation and continuation of movement.
通常SCP-081-UAは、進路に障害物があったとしても東へと進もうと試みます。陸上の障害物なら出来る限り最短のルートを使って迂回し、水の障害物なら横断しようとします。泳ぎに必要な動作が物理的に不可能であることから、これは普通SCP-081-UAが下流に流されていくという結果に終わり、その後陸上に漂着したのちに軌道に復帰します。閉鎖空間内で活動状態に入ってしまった場合をはじめ、回避不能な障害物に遭遇した際には、当オブジェクトは通常の移動方向に進むのをやめ、その代わりに移動可能な範囲内で四方八方に動き回ったり、物を投げたり、窓やドアに頭突きをしたりします。これは当オブジェクトが周囲の注意を自身に向けることで、状況を好転させたり、移動の継続を可能にしようとしているものと見られます。

Although under normal conditions SCP-081-UA will ignore humans and other living things in its path, two significant exceptions exist. The first is the object's aggressive reaction to active attempts to prevent its movement. When provoked, the object will pursue the triggering subject until tactile contact is made, which in all recorded cases has resulted in breaching the integrity of the covering bag and further ████████████████████████████; in the light of the above, experiments of this kind are currently prohibited. The second exception is the object's reaction to persons in the officer's uniform of the Russian Airborne Forces. Manifestation of this reaction occurs most stably on the everyday and field uniform of the model, which has been adopted since 2014. In the presence of a person dressed in such, SCP-081-UA immediately stops moving and straightens its frontal part towards it. If there are several such persons, it will react on the person bearing the insignias of the highest rank; in the case of equal ranks — to the visually oldest. The object will then try to fulfill all commands of such a person, regardless of their nature, danger to itself or the principle possibility of their execution. A particular experiment is noteworthy in this regard: agent Appel, dressed as a colonel of the Russian Airborne Forces, ordered the object to "disappear", while being in a closed room. Not being able to leave the premises, it fell to the floor; after receiving a comment from agent Appel about failure to complete the task, SCP-081-UA huddled under the radiator, becoming increasingly agitated under the further criticism until the experiment was aborted due to the risk of breaching the integrity of the object's covering bag.
通常状態ではSCP-081-UAはその進路にヒトやその他生物がいても無視しますが、顕著な例外が2パターン存在します。1パターン目は、その進行を妨げようとする試みに対して当オブジェクトが示す、攻撃的反応です。挑発的刺激が与えられた際、当オブジェクトはそのトリガーとなった対象を物理的接触するまで追走します。なお記録された全事例において最終的に、包んでいる遺体袋の密封性が損なわれた上で████████████████████████████っています。上記の点に鑑み、このような実験は現在禁止されています。2パターン目の例外は、ロシア空挺軍将校の制服に対する当オブジェクトの反応です。この反応は、2014年に同軍が採用したモデルの野戦服、あるいは常装の軍服に対して、極めて安定的に発生します。こうした衣装の人物を前にすると、SCP-081-UAは直ちに進行を停止しその方を向いて背筋を伸ばします。そのような人物が複数人いる場合、最高位の階級の徽章を付けた人物に対してこうした反応を示します。一方、全員の階級が同じだった場合には、最も老年であると思われる人物に対して反応します。その後当オブジェクトはそうした人物から下された命令を遵守しようとします。この遵守の試みは、その命令の性質がどんなものであるかや、オブジェクト自身に危険が及ぶかどうか、またその遂行が原理的に不可能であるかどうかさえ問わず実行されます。これに関して1件の特筆に値する実験があります。本実験では、エージェント・アーペリ (АппельAppel) がロシア空挺軍大佐に扮し、閉鎖された部屋の中で当オブジェクトに「消え失せよ」と命じました。そこから退出することができず、床に倒れ込みました。エージェント・アーペリから当任務の失敗を告げられると、SCP-081-UAは暖房用放熱器の下に近寄り、さらなる叱責を受けて徐々に興奮していきました。これは、包んでいる遺体袋の密封性が損なわれるリスクから当実験が中止されるまで続きました。

Discovery circumstances: SCP-081-UA was discovered on 31 March 2022, in a dead-end siding of the Primysky Station of the Kyiv-Pasazhyrsky railway station, after the section lost power due to the damaging of a high-voltage transmission line by a fragment of a downed Russian missile. Due to the lack of electricity, the temperature inside the refrigerated wagons, storing unidentified corpses from the Buchan district of the Kyiv region, neared +10°C, leading to the transition of the object to its active state. An detachment of the National Guard of Ukraine encountered it on duty, when the object was already following the sleepers to the public railway. After an attempt to stop the object resulted in ████████████████████████████████████████████████, the incident was communicated to Site ██. Its specialists cleaned and decontaminated the affected area, isolating the anomaly in a freight wagon along the object's trajectory. On the night of 1 April, the air temperature dropped to 6°C, which subsequently led to the object's return to quiescence. The wagon with the object was then transported to Area ██/5, where, after a week of monitoring, the initial containment procedures were determined.
発見時の状況: SCP-081-UAは2022年3月31日、キーウ・パサジールシキー7のプリミシキー駅8の安全側線にて、ロシアが投下したミサイルの破片により高電圧送電線が破損した際に発見されました。キーウオーブラスチのブチャ地区ラヨンから身元不明者の死体を運搬していた冷蔵列車内の温度が、電力不足により+10°C近くになり、その結果当オブジェクトが活性状態に遷移しました。任務中のウクライナ国家警備隊分隊がこれに遭遇した時には、既に当オブジェクトは枕木を辿って一般路線に向かっていました。当オブジェクトを静止しようと試みましたが████████████████████████████████████████████████という結果に終わり、このインシデントはサイト-██に伝達されました。同サイトの専門職員がこれに曝露した領域の清掃と除染を実施し、当オブジェクトをその軌道上にあった貨物列車へと隔離しました。4月1日の夜、気温が+6°Cにまで低下したことで、当オブジェクトは静止状態に戻りました。この車両はその後エリア-██/5に移送され、1週間のモニタリングを経て初期収容プロトコルが策定されました。

ERROR

The Gipolibidemia's portal does not exist.


エラー: Gipolibidemiaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7183424 ( 02 Jan 2021 05:16 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License