SCP-2014-UA-EX - SCP-2014-RU

このページの批評は終了しました。


INT経由の重訳になります。footnoteの和訳者注を校正して欲しいです。

和訳者注: 愛国的なウクライナGoI、P.O.R.A.の記事です。同GoI主著者のComrade XanderComrade Xanderさんが、ロシア支部職員の視点をエミュレートして執筆した報告書となっています。当記事の節々にはロシア/親ロシア側が撒いた/ている反ウクライナプロパガンダによって醸成された対宇印象が反映されています。
反宇感情を煽るデマの中には、当記事にも表出している「ウクライナでヤク入りオレンジが流通している」という情報も含まれています。

スロヴャンスク/スラヴャンスク、キーウ/キエフ、イルピニ/イルペニなど、ウクライナ語/ロシア語で発音やスペルが異なる地名が多数登場します。カタカナ転写にあたっては、宇露両支部に跨る報告書であることを踏まえ、どっちの言語ベースで行うかとかはあえて統一せず、検索性の高い表記を採用しています。

なお翻訳にあたりComrade XanderComrade Xanderさん、harvester_blandishharvester_blandishさんには大変なご助力をいただきました。この場を借りてお礼申し上げます。

ファイルページ: SCP-2014-RU/UA-EX

ソース: https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Ukrainian_government_troops_advancing_into_Donbass_village.jpg
ライセンス: CC BY-SA 3.0

タイトル: Ukrainian government troops advancing into Donbass village
著作権者: Nabak
公開年: 2014
補足:


評価: 0+x

NOTICE FROM THE ARCHIVAL SERVICE OF THE UKRAINIAN BRANCH

ウクライナ支部アーカイブ課より通達

THE DOCUMENT PROVIDED BELOW WAS RECEIVED FROM THE RUSSIAN BRANCH OF THE SCP FOUNDATION AND HAS BEEN TRANSLATED FOR REFERENCE ONLY.
以下の文書はSCP財団ロシア支部より受領され、参考のため翻訳してあります。

THERE ARE CURRENTLY NO CONTAINMENT PROTOCOLS IN PLACE FOR SCP-2014-RU (NOW — SCP-2014-UA-EX)
現状、SCP-2014-RU (現在はSCP-2014-UA-EXに指定) に対して収容プロトコルは適用されていません。


Designated translator: A.D.
翻訳責任者: A.D.
SCP-2014-UA-EX.jpg

Ukrainian volunteer unit about to start an assault. SCP-2014-RU can be observed on most of the combatants.強襲開始直前のウクライナの義勇軍。兵士らほぼ全員にSCP-2014-RUが付着しているのが確認できる。

Item #: SCP-2014-RU
アイテム番号: SCP-2014-RU

Object Class: Euclid (provisional)
オブジェクトクラス: Euclid (暫定)

Special Containment Procedures: Foundation's agents planted into the Armed Forces of the Russian Federation, the Main Intelligence Directorate of the General Staff of the Russian Federation and the Federal Security Service of the Russian Federation are tasked with locating, detecting and confiscating SCP-2014-RU specimens from corpses, prisoners of war and civilians, as well as from seized inventories. Due to the context of the object's employment, access to the relevant documentation should be restricted to the staff of this Branch until the source of SCP-2014-RU can be definitively established.
特別収容プロトコル: ロシア連邦軍、ロシア連邦軍参謀本部情報総局およびロシア連邦保安庁に配備された財団エージェントは、死体、戦争捕虜、市民および回収済の資産からSCP-2014-RUを捜索、探知および押収することを任ぜられています。当オブジェクトの運用状況に鑑み、SCP-2014-RU流通源がはっきり特定できるまで関連文書へのアクセスは当支部職員に限定してください。

If a live carrier or unused specimen is seized, it shall be transported immediately to the nearest properly equipped Branch facility for further examination.
まだ生きている使用者、もしくは未使用の実例が回収された際には追加調査のため、当支部の最寄りかつ適切な機器を備えた施設に転送します。

Description: The object constitutes a yellow adhesive tape, visually identical to the packing tape of the same colour. Although the analysis of the used samples has not yet revealed any deviations of chemical or physical structure from the typical substances and composition of the non-anomalous product, the nature of the anomalous properties of the object suggests such differences in the active samples. Therefore, their securement and further research constitute a high-priority task.
説明: 当オブジェクトは黄色の接着テープであり、同色の包装用テープと外見上は同一です。使用済のサンプルに対する解析では、非異常の製品にみられるような物質・組成と比べても化学的・物理的構造上の差異は検出されていません。しかし当オブジェクトの異常性からは、アクティブサンプルにはそういった特異性が存在することが示唆されています。したがってこれらの確保および追加調査が優先度の高いタスクとなっています。

SCP-2014-RU is widely employed by the Armed Forces of Ukraine and Ukrainian volunteer military units involved in the conflict in the east of the country. It may usually be observed in key frontline positions and on advanced units during combat operations. The origin of the object has not yet been established; stability of the form and supply suggests the existence of a single source — either in the form of centralised production facilities, or in the form of several production points that coordinate and employ common technical standards and production technologies. The information available to the Branch indicates the absence of independent groups in Ukraine that would be both capable of producing anomalous items and interested in participating in the abovementioned conflict.
SCP-2014-RUはウクライナ東部の紛争に従事するウクライナ軍およびウクライナ義勇大隊により広く用いられており、ふつう最前線の重要なポジションおよび戦闘活動中の高度な部隊にてその運用が確認されます。当オブジェクトの起源は特定されていないものの、その形態や供給が安定していることから、一極集中型の生産施設群、もしくは共通の技術規格や生産技術を採用・連携する複数の生産拠点など、単一の流通源が存在するものと思われます。ロシア支部がアクセス可能な情報よればウクライナには、異常物品を生産可能かつ、前述の紛争への参加に関心があるような独立団体は存在しないようです。

https://www.komatsu.jp/ja/-/media/home/aboutus/locations/oyama_plant.pdf?rev=db21f36540b9495a9f50740ac341d85e&hash=867B12B6D2C8B89F7970882D2987E163

Anomalous properties of the object are manifested when it is applied to the clothes or body of a living person, and cease either with their death or after an indefinite period of time following it. They can vary depending on the width, number of layers and place of tape application, as well as, apparently, the carriers themselves. At the time of writing, the following manifestations of SCP-2014-RU properties have been recorded:
当オブジェクトの異常性が発現するのは生きた人間の衣服あるいは身体に付着している時であり、その人物が死ぬか、あるいはその死からある程度の時間が経つと停止します。この異常性は、付着したテープの長さや何枚重ねて貼られたか、どこに貼られたかによって変わりうるほか、使用者自身にも依存するようです。当報告書執筆時点ではSCP-2014-RUの性質につき以下の発現が記録されています。

  • improved accuracy of firearms. During the analysis of video data from the battles for Slovyansk, Donetsk Oblast, it was established that some members of Ukrainian volunteer and freshly mobilised army units demonstrated shooting accuracy 40% higher than modelled for their civilian professions, even if accounting for the standard error. Thus, Agent Vorobiov, who was at that time attached to the 1st Detached Motorised Infantry Brigade of the 1st Army Corps of the DPR Peoples Militia as s Deputy Commander of the Technical Support Company, has been terminated by a gunshot from a distance of 790 meters. The shooter has been later identified as ███████████ — a programmer from the Irpin city of Kyiv oblast, with no previous military record. Similar cases have been repeatedly reported for teachers, musicians, librarians and other civilian professions in no way related to the firearms expertise. This effects usually correlates with SCP-2014-RU being applied to subjects' arms and is usually observed during offensives;
  • 火器の精度向上。ドネツク州スラヴャンスク1をめぐる戦闘で得られた映像を解析する中で、ウクライナ義勇兵や新規に動員された部隊の一部メンバーが、標準偏差を考慮しても、非軍事職従事者を想定しシミュレートした値を40%上回る射撃精度を記録したことが判明した。これにより当時ドネツク人民共和国民兵第1師団1 АК НО МО ДНР第1独立自動車化狙撃旅団1 ОМСБрに技術中隊副司令として配属されていたエージェント・ヴォロビヨフが、790m離れた場所からの射撃により殺害された。射手はのちに、キエフ州イルピニ2出身のプログラマーである███████████であることがわかったが、当人物にこれまで軍歴はない。同様のケースが教員、ミュージシャン、図書館司書等、火器の専門知識と関わりなど持たない非軍事職従事者においても繰り返し報告されている。この効果はふつう対象の腕に付着されたSCP-2014-RUに相関し、また攻撃中に確認される。
  • decreased sensitivity of pain receptors, as well as interference with standard nervous' and endocrine system's reaction to trauma. This allows the subjects to withstand injuries that are usually incompatible with active operation. Illustrative is the example recorded by the servicemen of the 31st Detached Guards Air Assault Brigade of the Armed Forces of the Russian Federation during their offensive near Ilovaisk, Donetsk region. When they stormed one of the Ukrainian strongpoints as a part of the general encirclement effort, a VOG-25M3 was fired directly into the pillbox's embrasure, exploding inside. Despite that, machine-gun fire, directed at the unit, continued for four more minutes; when the shooting ceased and the assault squad entered the room, it found a body of a soldier with his legs torn off above the knees, his right arm slashed heavily with shrapnel, still clutching the machine gun, and SCP-2014-RU on his bulletproof vest and helmet. Such place of application is considered to be typical for this kind of effect;
  • 痛覚受容体の感度減退および標準的神経系・内分泌系の心的外傷に対する反応阻害。これにより対象は、アクティブなオペレーションがふつうならば困難になる程の怪我にも耐えられるようになる。具体例としてはドネツク州イロヴァイスク4付近での彼らの攻撃中、ロシア連邦軍第31独立親衛空挺旅団31 гв. ОДШБрの軍人らにより記録された例がある。彼らが包囲作戦の一環としてウクライナ側の防衛拠点のひとつに突入した際、VOG-25M5簡易トーチカДЗОТの銃眼に直接撃ち込まれその内部で炸裂した。にも関わらず、隊に向けて機関銃の射撃がそれから4分間にわたり続いた。射撃が止んで強襲分隊が内部に進入した際、兵士の遺体1体が発見された。それは両脚が膝上で裂け、右腕も擲弾の破片で切傷を負い、なおも機関銃を握り続けており、そして防弾チョッキとヘルメットにSCP-2014-RUが着いていた。当効果を呈するのは、こうした部位に付着した場合であるものと見られる。
  • increased endurance. Aerial photography has repeatedly recorded the forced marches of infantry units, the distance and speed of which exceeded those modelled for the relevant terrain and personnel anthropometry. Interestingly, as in the previous case, SCP-2014-RU was mainly applied to the bulletproof vests and helmets of the marchers.
  • 持久力の増強。空撮により歩兵部隊の強行軍が繰り返し記録されているが、行軍距離についても速度についても、当該テレインおよび隊員の体格を想定しシミュレートした値を上回っている。SCP-2014-RUは行軍兵の、主に防弾チョッキとヘルメットに付着していた。この点は前掲の発現事例と同様であり、興味深い。

Expert assessments of the possible nature of the object:
当オブジェクトが持ちうる特性について専門家によるアセスメント:

The sum of available observations and known characteristics of SCP-2014-RU allows us to draw a well-founded conclusion that we are dealing with a thaumaturgical product, to which similar can be found in most of the warlike nations of the world — including the Sarmatians, who previously lived within the territories of the modern Ukraine. This is how Diodorus of Sicily describes the preparation of a Sarmatian detachment for an important battle with the Romans:
SCP-2014-RUの現状できうる限りの観察や既知の性質を勘案すれば、あるひとつの結論の証左が得られる。すなわち我々が今追っているのは、奇跡術の産物だということだ。こういった類の物品は、この世界の好戦的諸国の多くで確認されている。そうした国々にはサルマタイ6…すなわちかつて、今日のウクライナ領土に生きた人々も含まれている。ディオドロス・シケリオテス7も、サルマタイの支隊がある重要なローマとの交戦に向けて準備する様子をこう描写している。

The youngest of them brought a cow from the pasture, heavy with calf and ready to birth in few nights. The warriors briskly surrounded her, and grabbed her horns and legs; and the woman, who followed them in their march, made her eyes straight with the eyes of the beast, and whispered something to her in her alien tongue. When the cow had calmed down, Anakara, who had a beard of grey and hair crowned with hawk feathers, stood up from the bonfire, took his hammer in both of his hands, and struck her hard in the abdomen. The horned one roared, and dropped her child, but restrained she could do naught. Anakara then snatched the dagger from his right scabbard, took off the baby's caul, and carefully inserted the blade into their abdomen, cutting the convulsive frail body from top to bottom. After removing the bowels, Anakara unfolded them to their full length and cut guts into short ribbons, which he then wrapped around the arms of as many men as there were ribbons and placed them in the front row. The calf was then burned, and their mother was blinded for the eyes to give to the woman who aided them in their work.
最も若い者が牧草地から雌牛を連れてきた。仔牛を身籠っていて、幾夜もしないうちに出産しそうな雌牛を。戦士らが機敏にそれを取り囲み、両角と脚とを掴んだ。続いて、行軍に付いて行っていた女がこの獣と目を合わせ、彼女以外には意味不明な言葉で何かを囁いた。雌牛が落ち着いた時、焚火からアナカラ (АнакараAnakara) という男が立ち上がった。男の銀色の顎髭は彼が経てきた劫臈をしのばせ、頭髪は鷹の羽で飾られている。彼は両手に槌を持って雌牛の腹部を叩いた。角ある獣は咆哮し己が仔を産み落としたが、押さえつけられていて何もできなかった。そしてアナカラは右鞘からダガーを掴み取り、仔牛の大網膜8を剥いで慎重にその腹部に刃を刺し入れ、か弱く震える体を上から下へと切り裂いた。内臓を取り出したのちアナカラは、折り畳まれた腸をまっすぐに伸ばして短い切れ端へと分けた。そして彼は切れ端を、切り出せた本数と同人数の男らの腕に巻いてやり、彼らを最前列に配置した。仔牛はその後焼かれ、母牛は目を潰されたのち作業に協力してくれた女性に渡された。

Later, in 1674, during the Chyhyryn campaigns, Russian Prince Grigorii Romodanovskii wrote to his Tsar, Aleksei Mikhailovich:
その後1674年、チヒルィーン遠征9中にロシアのクニャージであるグレゴリー・ロモダノフスキーがアレクセイ・ミハイロヴィチツァーリに宛てた手紙には次のようにある。

No later than yesterday, I had an opportunity to be present at the Cossacks' preparation for an attack on a Turkish convoy. They then just got their gunpowder soaked, dropped by our pososhniks10 on the river crossing; then among the ranks of the Cossacks Sirko11 identified a dozen, which he called "harakterniks"12, and ordered them, either by hook or by crook, but to get the army two carts by the dawn. The Cossacks talked among themselves for a moment, then lit a large fire, grabbed the horse from under our jilets13 Alekseev and, after stabbing it and draining the blood, threw it into the flames. Afterwards, they took out white rags, soaked them in the blood and fastened them in place of their belts; and when the fire has burned itself out, they took the ashes left of the horse and smeared them around their foreheads and eyes. That night they returned with five carts of gunpowder.
昨日以前の話です。コサック達が、オスマントルコの輸送隊に攻撃すべく準備しているところに立ち会う機会がありました。この時コサック達の火薬が湿っておりました。我が国のポソーシニク14達が渡河中に落荷してしまったためです。そこでシルコ15はコサック兵の中から、彼曰く"ハラクテルニク16"なる者を12名選定してこう命じたのです。夜明けまでに軍に荷車2台を用意せよ、是が非でもこれを成し遂げよ、と。コサック達は束の間相談しあったのち大きな火を点け、我が国のジリツィ17たるアレクセーエフが跨っていた馬を掴んで奪い、これを刺傷し血を抜き取ってから火炎に投げ込みました。彼らは然る後、布切れを取り出して血に浸し、腰紐の代わりに巻いてから火が燃え尽きるのを待ち、馬の遺灰を拾って額と目の周りに塗り込みました。そしてその夜のことでございます、彼らが荷車5台分の火薬を引いて帰ってきたのは。

The concept and operational principles of the object were borrowed, most likely, either directly from the Sarmatian culture, or from its successors, such as the abovementioned. The relatively low residual level of Humes, uncharacteristic for such items, can be easily explained by the fact that its operation is thaumaturgically linked to the death of the carrier. Keeping this in mind, I implore you to get us a living specimen as soon as possible, so that we can better research it — this "modernised" ritual could be very useful to us.
大方、当オブジェクトのコンセプトおよび作用原理は上述したような、サルマタイ文化そのものかその後継文化から借用したものであろう。この類のアイテムにしては残留ヒュームレベルが低めであるが、それもこの作用が使用者の死と奇跡術的にリンクされているという事実から容易に説明可能である。以上を踏まえ当方より、生きた実例を早急にお送りいただくよう懇願申し上げる。そうしていただければ当オブジェクトに関しより一層の研究ができる…。この"現代化"を遂げた儀式は、我々にとっても甚だ有用であろう。

Dr.  Boris Lisitsin, Seniour Researcher of the Archaeological Unit of the Anthropogenic Anomalies Division, Site 7
サイト-7 人為性異常部門 考古学班 上級研究員
ボリス・リシツィン博士 (Dr.д-р)

It is clear that we are dealing with an anomaly of chemical origin, if it can be called an "anomaly" in the full sense of this word. Adhesives, if properly prepared, can serve as a medium for psychoactive substances and inhibitors that are subsequently absorbed/disintegrated or excreted from the human body. This is supported by the results of the study of the bodies of some of the carriers, which found varying amounts of such substances. It is further substantiated by the recent history of their use, albeit through a different medium, in related events. There is a public knowledge about the spread of drugged oranges during the so-called "Euromaidan", which unfolded on the eve of the separatist crisis. There is no reason not to believe that this was a piloting of the instrument, the mass use of which can now be observed in the Ukrainian army.
これが文字通りの意味で"アノマリー"と呼べるような代物ならば、我々が今追っているのは間違いなく、化学的機序を持つアノマリーです。適切に準備してやることでこの接着剤が、作用後に吸収/分解あるいは人体から排泄されるような向精神物質や阻害物質を媒介するわけです。この説は使用者の複数の遺体の調査の結果からも支持されています。調査ではそういった物質が様々な量検出されています。関係イベントにおけるこうした物質の直近の使用歴も、媒介物こそ接着剤ではあらねど、この説をさらに裏付けています。分離主義者危機前夜に展開されたいわゆる"ユーロマイダン18"の最中、ドラッグ入りのオレンジが流通していたのは周知の事実でしょう。当イベントが、今日ウクライナ軍により大量使用されていることが確認されているあの道具の、試験パイロット運用の場であったと考えない理由はどこにもありません。

The object is based on a rather progressive concept of pharmaceutical emulation of the main nervous and biochemical effects of SCP-3033 implants using removable and highly mobile medium, which should simultaneously reduce the costs, simplify use and complicate the detection of relevant interventions. Nevertheless, such form comes with some obvious limitations:
当オブジェクトはSCP-3033インプラントの神経学・生化学的な主たる効果を、リムーバブルかつ非常に動かしやすい媒介物を用いて薬学的にエミュレートするという、幾分プログレッシブなコンセプトに基づいています。これにより同時にコストを削減し使用を容易にし、こうした干渉の検出を困難にしてくれるはずです。とはいえこうした形態のせいで以下のように、明らかな制約を受けてもいます。

  • short-term nature of the effects, limited by the amount of active substance placed in the adhesive;
  • relative weakness of the effect caused by the above-mentioned limitation on the applicable amount of the active substance;
  • impossibility of operative remote control of carriers' actions - though it is can be assumed that one of the substance's effects is an increase of subjects' suggestibility when active.
  • 効果時間が短いという性質。接着剤に含まれる有効成分量により制限される。
  • 比較的効果が弱いこと。上述の、添付可能な有効成分量の制限に起因する。
  • 使用者の行動を遠隔操作制御できないこと。ただし物質の効果のなかに、アクティブ状態下において対象の被暗示性を高めるものがあると推定することはできる。

However, these cons do not diminish the effectiveness of the object in certain contexts, such as in military conflicts and clashes, where the participation of combatants is voluntary and requires only improving their combat capability, instead of creating it from scratch. The foremost area of concern here, is that the object's existence stipulates for an organisation in the territory of Ukraine, equipped with scientific and technological capacities sufficient for such kind of research and sustainable production — the Intelligence Division has definitively ruled out the possibility SCP-2014-RU's supply from abroad.
しかしこれら欠点があってもオブジェクトの有効性が減じない状況というのがあるのです。例えば軍事紛争や衝突下。その中でも特に、戦闘員の参加が自らの意志によるものであって、かつ戦闘能力をゼロから創り出すのではなく向上させるだけでいいような場合です。ここで最大の懸念点となるのは当オブジェクトの存在により、こういった研究や安定的生産が可能なだけの科学的・技術的キャパシティを有する団体が、必然的にウクライナ領土内に存在しているはずだ、という事実です。現に諜報部門も、SCP-2014-RUが国外から供給されている可能性はまずあり得ないとしています。

Katerina Fortshrit, SSO, Deputy Head of the Laboratory Diagnostics, Chemistry and Biochemistry Division, Site 7
サイト-7 化学・生命化学部門 ダイアグノスティクス研究所 副所長
カテリーナ・フォルトシュリット上級科学責任者 (SSOс.н.с.)

ERROR

The Gipolibidemia's portal does not exist.


エラー: Gipolibidemiaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7183424 ( 02 Jan 2021 05:16 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License