テスト

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


[[collapsible show="+ 「異常の種別」より前" hide="- テキストを隠す"]]

原文: Данный документ был получен в результате осуществления архивно-исторического проекта "Предшественники", реализованного Фондом в ████ году и имевшего целью создание электронного и материального каталога текстов (книги, статьи, заметки, путевые дневники, письма и пр.), относящихся к предполагаемым предшественникам современной Организации, выполнявшим схожие или идентичные задачи.

元訳: この文書は、財団の████によって実行され、テキスト(電子書籍、記事、メモ、旅行日記、手紙など)の電子カタログを作成することを目的とした、歴史アーカイブプロジェクト"Forerunners"の結果として得られたものです。この仕事を行ったのは、財団の前身となった組織と推測されます。


拙案: 当ドキュメントは歴史アーカイブプロジェクト・”先覚伝”遂行の結果として得られたものである。同プロジェクトは財団により ████年に実行された。今日の財団の前身団体すなわち、財団と同じような使命を帯びた、あるいは財団とまったく同一の任を負った組織に関する諸テキスト (書物、記事、メモ、旅行記、手紙など) の電子・非電子カタログを作成することを目的としていた。

  • в ████ году / ████年に」が「████によって」へと誤訳
  • 「Предшественники / [複数形] 先駆者、前任者、ある時点より前にあったもの」で「Forerunners」の訳自体は間違いではない。が当Taleは当初SCP-RU-EXとして投稿されていたようなので、原文でロシア語=想定読者にとっての母語だったものを英語で訳出するのは妥当なのか判断しかねる
  • материального / 物質的な、材料の、金銭的な」の訳抜け
  • 「電子書籍」の「電子」にあたる語が原文にないし以降の文脈にも沿わない
  • 「この仕事を行ったのは」に相当する表現が原文にない。以下を誤訳している可能性がある
    1. 「относящихся к предполагаемым предшественникам современной Организации」
      • 「текстов / 諸テキスト(の)」を修飾する句。「今日の財団の推定前駆者 / 先覚者 (=財団の前身団体と推定される組織)」

#「выполнявшим схожие или идентичные задачи」
* 「предшественникам / 前身者(に)」を修飾する句。「(財団と)類似した、あるいは同一の任務を遂行していた」

旧・サンフランシスコにて過日発生したイベントによりMNZ1境界にも状況悪化が波及することは確定的に明らかである。近隣セクター2における奇象きしょう概況3は比較的良好 (Tela-Bending水準が18 [te/時] 未満) であるが、しかしながら難民の爆発的増加が予想されている。よって彼らに適用するべき"処方箋"の備蓄を、可及的速やかに確保することが急務である。

しかるに、次の通り令達する。


評価: 0+x

未検証報告書
ミーム自動検出: Failed
クラス指定権限不足


S

E

K

T

N

А


周期性

Vedist I


Vedist II


Vedist III


Vedist IV


Vedist V


Vedist VI


SCP-1399-RU


アイテム番号: SCP-1399-RU

オブジェクトクラス: None (下記参照)

特別収容プロトコル: 未考案。

説明: SCP-1399-RUはSCP財団従業員 (職員ID: 07821)、およびこの文書の執筆者であるイゴール・ヴィタリエヴィチ・コラベリニコフです。このファイルが現在SCP-1399-RU本人により編集されているという事実にもかかわらず、信頼性があると考えられる名前、性別、年齢、職場、その他いかなる個人情報、および実在 (あるいはSCP財団の存在) の証拠も存在しません。

SCP-1399-RUは決して眠りに落ちることはないにもかかわらず、定期的に目を覚まします。各”覚醒”は早朝、実体自身のベッドで (ほとんどの場合、目覚まし時計が鳴るとともに) 発生します。SCP-1399-RUの”覚醒”に続き、以前の”覚醒状態” (自己認知状態) にあった時間、およびその時間に関する情報は、実体からは極めて詳細かつ強烈な、それでいて空想上の夢であると認識されます。

現執筆時において、SCP-1399-RUは極秘超常学術機関”SCP財団”の従業員であると自認しています。最新の夢は、ロストフ・ナ・ドヌの金物店のセールスアドバイザーとしての業務を中心に展開しました。残る記憶の断片によれば、その前の夢はロシア極東部の何処かの地域で行われた徴収兵としての軍務に関するいくつかのシーンからなっていました。

SCP-1399-RUの異常性に関する仮説、およびその収容クラスが以下に列挙されています。


Explained。SCP-1399-RUは異常ではない。考えられる理由としては以下のようなものがある。

  • SCP-1399-RUは一連の”夢中夢”を経験しているだけの普通の人間であり、この夢はいずれ終息する。
  • SCP-1399-RUは何らかの重度の精神疾患 (おそらくは解離性同一性障害) を患っている。
  • SCP-1399-RUは過重労働による過労で、通常の夢に対して過敏になっているにすぎない。

Euclid。SCP-1399-RUは異常である。考えられる理由としては以下のようなものがある。

  • SCP-1399-RUは別個の異常存在 (おそらくミーム系) により影響を受けている。特別収容プロトコル: SCP-1399-RUをなるべく速やかに隔離し、観察する。
  • SCP-1399-RUは実際に様々な場所で、様々な人物として自発的に”覚醒”する能力を有する。考えられる説明としては、SCP-1399-RUは”犠牲者の”意識を一時的に自身のものに置換しているものと思われる。特別収容プロトコル: 異常影響源を発見し隔離する。SCP-1399-RUの犠牲者には必要に応じて記憶処理/医療的ケアを施す。SCP-1399-RUを特定し捕縛する。

Atlas4。その実際の性質にかかわらず、SCP-1399-RUは万物の起源である。各”夢”は当該起源により創造された一つの現実である。この仮説が事実であるとするならば、SCP-1399-RUは”存在する”と区分できる唯一の実体である。各”覚醒”は新たな夢世界の誕生と、旧夢世界の崩壊を示している。よって、SCP-1399-RUはApollyonとThaumiel (新たな夢世界には異常が存在しない可能性が高いため) 双方に分類可能である。特別収容プロトコル: 無し。このファイル、財団、一切の異常な世界は忘れ去られる。

ERROR

The Gipolibidemia's portal does not exist.


エラー: Gipolibidemiaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7183424 ( 02 Jan 2021 05:16 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License