SCP-5626 - 数十億の命のために / To Save Billions

このページの批評は終了しました。

帰属表示

原著記事

タイトル: SCP-5626 - To Save Billions
ソース: http://scp-wiki.wikidot.com/scp-5626
作者: AsukaOnnaAsukaOnna
ライセンス: CC BY-SA 3.0

見てほしいところ・財団用語翻訳時の参考

  • Recovery and Historyの序文it became activeはいわゆる仮主語なのか、それともSCP-5626の代名詞なのかが怪しいです。
  • Jonahの音写は個人的なつながり、Whittakerの音写は SCP-2804LTE-2712-Bosch(いずれも同音異スペルの苗字)を参考にしています。
  • O5が他のメンバーを呼ぶ際の呼称はもう一つの計画を参考にしています。

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-5626

オブジェクトクラス: Euclid

Special Containment Procedures: Once every 24 hours, 50 milliliters of human semen are to be ignited in SCP-5626's presence. It currently resides in a standard containment chamber at Site-37, which is kept stockpiled with semen.

特別収容プロトコル: 24時間に一度、ヒトの精液50mlをSCP-5626の目の前で燃焼させてください。対象は現在サイト-37の標準収容チャンバーに置かれており、ここには予備の精液が備蓄されています。

Description: SCP-5626 is a 3.3 m tall statue carved from granite. It depicts an entity with an elongated head, four eyes represented with pieces of jade, and numerous tendrils making up its body from the neck down. Two sets of chiropteran wings wrap around its lower half as it stands on a 34 cm high slab. Various geometric shapes are carved on the slab. It is inanimate but exhibits sapience.

説明: SCP-5626は高さ3.3mの、花崗岩の彫像です。この像は細長い頭部と、翡翠でできた4つの眼を持ち、多数の蔓が首から下の胴体を装飾しています。2対のコウモリのような翼が下半身を覆っており、厚さ34cmの台の上に立っています。台の表面には様々な幾何学図形が彫られています。非生物ではありますが知性を有します。

The statue is capable of producing sounds to communicate with personal. Whenever it speaks its eyes glow green. How it accomplishes complex communication in its state is unknown.

この像は音声を発して職員とコミュニケーションを取ることができます。発声中には眼が緑色に発光します。前述したような性状にありながらも複雑なコミュニケーションが可能な理由はわかっていません。

Objects within 5 m of SCP-5626 can be manipulated by it through unknown mechanisms. In the same range it can telepathically sense the presence of personnel. This ability has allowed it to speak the native language of subjects for ease of communication.

SCP-5626は5m以内にある物体を移動させることができますが、そのメカニズムは不明です。またこの範囲内に職員がいる場合、テレパシーによりその存在を感知できます。この能力によりオブジェクトは対象の母語を発声でき、コミュニケーションを取りやすくしています。

SCP-5626 makes constant demands for daily sacrifices. It has threatened to enact an XK-Class scenario in the event its demand is not satisfied.

SCP-5626は毎日生贄を捧げるよう常時要求しています。また、この要求が満たされない場合にはXK-クラスシナリオを発動すると脅迫しています。

Addendum: Recovery and History

SCP-5626 was found within a tomb located in China on 03/19/████ by a Foundation excavation team. Multiple skeletons of humans and animals were found, and it became active to communicate with personnel. Seismic activity immediately accompanied the area. Below is the transcript of an exchange between Dr. Jonah Whittaker and SCP-5626.

補遺: 回収および経緯

SCP-5626は中国の墓地にて████年3月19日、財団発掘チームにより発見されました。大量の人骨および動物の骨も発見され、オブジェクトが起動して職員とのコミュニケーションを試みました。その直後、地震が辺り一帯に発生しました。以下はジョナ・ウィテカー(Jonah Whittaker)博士とSCP-5626による会話の書き起こしです。

[BEGIN LOG]

SCP-5626: You have foolishly woke me from my slumber. I will flood the world in blood and madness for a thousand years. If you wish to appease me, I demand that you give sacrifice!

Surroundings shake for 6 seconds. Dr. Whittaker tries to maintain his balance.

Dr. Whittaker: We can do that. What kind of sacrifice do you need?

SCP-5626: It won't be cheap, human. This time you must sacrifice millions of your kin in the double digits… In 24 hours!

Another tremor.

Dr. Whittaker: What? How are we suppose to come up with that in such little time?

SCP-5626: I don't know, human. That is your problem. I did not ask to wake up in the first place. Now take it or I destroy this world right now.

Additional tremors occur and Dr. Whittaker hesitates.

SCP-5626: What will it be? You do not have forever.

Dr. Whittaker: Fine! We will give you a sacrifice in exchange for you to spare us.

Seismic activity ceases.

SCP-5626: Deal! No take backs! Good luck and see you at the end of the world in 24 hours, suckers!

[END LOG]

[記録開始]

SCP-5626: 私を目覚めさせるとは愚かなことだ。大地は血に満ち1狂乱の海に沈むであろう。私をなだめんと欲するならば、生贄を捧げることを要求する!

周辺が6秒間振動する。ウィテカー博士は重心を保とうと努める。

ウィテカー博士: 承った。どんな生贄が必要なんだ?

SCP-5626: 安くはつかないぞ、人間よ。此度は数千万人の同族を生贄に捧げよ…24時間以内に!

またも揺れる。

ウィテカー博士: なんだと?そんな短時間でどうすればそんなことができる?

SCP-5626: 私の知ったことではない、人間よ。それはお前たちが考えることだ。そもそも私は目覚めさせてくれなどとは頼んでいないのだ。直ちに承諾せよ、さもなくば今すぐにでもこの世を滅ぼす。

さらなる揺れが発生しウィテカー博士はたじろぐ。

SCP-5626: どうする?いつまでも待ってもらえるとは思うなよ。

ウィテカー博士: いいだろう!我々はお前に生贄を捧げよう、だがその代わりに我々には危害を加えないでくれ。

地震活動が止む。

SCP-5626: 取引成立だ!取り消しは認めない!せいぜい頑張ってくれ。24時間後、この世の終わりにまた会おうじゃないか、間抜けども!

[記録終了]

An emergency meeting was held shortly after with members of the O5 Council, the Ethics Committee, and Dr. Whittaker. Below is the transcript.

緊急会議がこの直後に開かれ、O5評議会、倫理委員会、ジョナ・ウィテカー博士が列席しました。以下はその書き起こしです。

Meeting Log - 5626

Date: 3/19/████


[BEGIN LOG]

O5-3: You fucked us, Whittaker.

Dr. Whittaker: My apologies, sir, but I only bought us time from a potential XK.

O5-1: Dr. Whittaker is right. At least we were given 24 hours to prevent it. Let us review our options. We will discipline him later.

O5-3: How are we going to sacrifice millions to it?

O5-6: Nuclear bombardment of a couple nations?

E5-1: Absolutely not! We can't just have a nuclear holocaust on our hands! How do you expect to deal with the fallout?

O5-6: What do you suggest then? One, do we really need the Ethics Committee here?

O5-1: Yes, and she makes a reasonable point, Six. Nukes are not completely off the table, but I prefer anything else over it.

Dr. Whittaker: How many D-Class personnel do we have?

O5-2: We have plenty but a majority are necessary for the containment of other anomalies. Besides, we don't have them in the millions to satisfy this god.

E5-3: We would also be forced to acquire D-Class from alternative means if we drain the world's prison population for this.

O5-4: Do we know it is a god? How do we know for sure if it can cause an XK? According to the report it is just a statue.

O5-5: There were quakes in the area whose intensity slowly increased. Further research is being done to determine its full threat if we fail to meet its demand. That gives enough cause for us to believe we are dealing with a genuine threat.

O5-11: How about we use SCP-2000? What is the current status on the repairs? We can sacrifice millions of clones instead if it is able to in its current state. We just have to set it to make clones that expire as soon as they are born.

O5-7: The BZHR units are still out of commission, Eleven. They are also built to only make healthy people that would not die within minutes. That time with the defects was just a malfunction.

O5-10: We can still clone people as sacrifice though.

O5-1: Yes but it will be a Herculean feat to kill millions of clones in the time we have remaining.

E5-6: How do we expect to kill them all humanly?

O5-12: Does it matter when it comes to clones of still living people?

E5-6: All life is equal to me. Even if it is only an imitation of another.

O5-1: May we please stay on topic? Anyway, do you have any suggestions, Dr. Whittaker? Time is of the essence.

O5-3: I am wondering the same thing. He got us into this doomsday clock so he should think of something.

Dr. Whittaker: Um, let me think… What about bombing another Earth from a parallel universe?

E5-1: Absolutely not! That is fucking worse than the nukes! Our counterparts will deliver mutually assured destruction. We end up saving no one if we do that.

O5-8: Does the sacrifice have to be human?

Dr. Whittaker: Yes, it said it had to be our "kin".

O5-3: Again, you fucked us. Hard. You really did, Whittaker. Nukes might be the only way to go about this. It also sounds the most ethical to me. Quick and painless for those caught in the blast.

Dr. Whittaker: Wait, I think I might have an idea!

E5-1: Tell us about it. It must be better than the nuclear option.

Dr. Whittaker: It wasn't specific about what kind of human it wants.

O5-1: What do you mean?

Dr. Whittier: Semen.

O5-1: I beg you pardon?

[END LOG]

会議記録 - 5626

日付: ████年3月19日


[記録開始]

O5-3: とんでもないことをしてくれましたね、ウィテカーさん。

ウィテカー博士: 大変申し訳ございません、ですが私には潜在的XKまでの時間稼ぎをするのがやっとでした。

O5-1: ウィテカー博士は真っ当です。少なくとも我々には24時間、それを防ぐための猶予があります。我々に何ができるかを検討しましょう。彼の処分はその後です。

O5-3: どうやって生贄を数百万も出しましょうか?

O5-6: 核兵器で数カ国を爆撃するのはどうです?

E5-1: 断じて看過できません!私たちの手で核兵器による大虐殺ホロコーストを引き起こすなどあってはなりません!それに放射性降下物はどう処理するつもりなんですか?

O5-6: じゃあ何か対案はあるんですか?1番ワン、倫理委員会なんぞ同席させなくてもよろしいのでは?

O5-1: いや、彼女の意見ももっともですよ、6番シックス。核も議論の余地が全くないではないですが、もっと良い策があるはずです。

ウィテカー博士: 今Dクラス職員は何人ほどおりますでしょうか?

O5-2: 大量にいるが、相当な人数が他のアノマリーの収容用にも必要だ。それに、Dクラスの人数は数百万人には及ばない。かの神を満足させられるほどの頭数は揃えられない。

E5-3: 今後のDクラス確保手段を新たに講じる必要に迫られるでしょうね、本件のためだけに全世界の囚人を消費してしまったりしたら。

O5-4: 第一あれは本当に神格なのか?あれがXKを引き起こすという確証はあるのか?報告からはただの像だということしかわからない。

O5-5: 辺り一帯に地震があり、ゆっくりと震度を増していったとのことだったな。現在追加調査中だ。もし要求に応えられなかった場合に起こりうる脅威について検討している。調査の限りだと、直面している脅威が本物であろうことは最早疑いようもない。

O5-11: SCP-2000を使ってはどうかな。現在の修復状況を教えてくれないか。十分修復が進んでいるなら、数百万体のクローンを代わりに捧げられるはずだ。生成されるクローンが、生まれるや否や死亡するように設定するだけでいい。

O5-7: BZHRユニットは未だ故障中ですよ、11番イレブン。それにあれは健康な人間を生成することだけを前提に設計されていますから、数分足らずで死ぬようなクローンは無理です。確かに先天的、遺伝的な欠陥2が確認された事例もありましたが、あれは単なる不具合です。

O5-10: いずれにせよ、生贄用にクローンを生成するというのはいい案じゃないかな。

O5-1: ええ、でも残された時間で数百万ものクローンを殺害するというのは至難の業でしょうね。

E5-6: 彼ら全員を人道的方法で3殺害することなどできるのでしょうか?

O5-12: たかが仮初めの人命クローン4に対して、人道性など気にする必要があるのでしょうか?

E5-6: 私にとってあらゆる命は皆平等です。たとえそれが誰かの模造品に過ぎないのだとしても。

O5-1: 本題から脱線しないようにしましょう。とりあえず何か提案はありますか、ウィテカー博士?期限が迫っています。

O5-3: 私も同じことを思っていたところです。この男こそ我々に終末時計を突きつけてきた張本人なんですから、何か案があって然るべきでしょう。

ウィテカー博士: はい、考えさせてください…。では並行宇宙の地球を爆破するのはいかがでしょうか?

E5-1: 断じて看過できません!核よりももっと非道ではないですか!向こう側からも相互確証破壊が試みられるでしょう。そんなことになれば誰一人として助かりませんよ。

O5-8: 生贄というのは人間でなければならないのですか?

ウィテカー博士: ええ、「同族」でなければならないと言っていました。

O5-3: やはりとんでもないことをしてくれましたね。どうしようもない。やらかしましたね、ウィテカーさん。核だけがこの事態に対処できる唯一の方策でしょう。一番倫理的だと思いますよ。巻き込まれた方々にとっては一瞬のことですし、痛みもなく済ませられるんですから。

ウィテカー博士: お待ちください、妙案が浮かんだかもしれません!

E5-1: 聞かせてください。核爆弾よりは絶対マシだと思います。

ウィテカー博士: どんな人間が欲しいかということは指定されていないんですよ。

O5-1: というと、つまり?

ウィテカー博士: 精液。

O5-1: ごめんなさいもう一回言ってもらえます?

[記録終了]


Foreword: Dr. Whittaker was authorized to enter SCP-5626's chamber with a blow torch, and a petri dish containing human semen. He was accompanied by two security guards.

[BEGIN LOG]

SCP-5626:. Back so soon? I do not see my sacrifices.

Dr. Whittaker: Don't worry. I got it for you right here.

Dr. Whittaker places the petri dish on a nearby table brought in by one of the security guards.

SCP-5626: What the fuck is this, human? What am I looking at here?

Dr. Whittaker: In this petri dish there are around 20 to 50 million humans. They are just in an undeveloped stage.

SCP-5626: That is ridiculous. There is no way that white paste are millions of humans.

Dr. Whittaker: Watch. I offer them as sacrifice.

Dr. Whittaker places the torch on the petri dish, and ignites the semen. The eyes of SCP-5626 glow brightly as the semen burns.

SCP-5626: Ugh, so they are a bunch of humans! I can taste their essence. I thought you came from dust, not from the ooze of white soup! This is cheating! I expected something classier like a futile ritual with ceremonial daggers! I want a real sacrifice! I am never going to hear the end of this from the others.

Dr. Whittaker: You were not specific and no take backs. Remember?

SCP-5626: That is true, human, and I also never said I cannot demand more sacrifices. How about that? Eventually you will run out of this juice, and I will destroy your world.

Dr. Whittaker: Sure, SCP-5626.

SCP-5626: Try not to get cocky with me.

Petri dish is flown toward the wall of the chamber, shattering upon impact.

SCP-5626: I am only obligated to spare the world, but not you in particular. Now leave me. I have a bad taste in my mouth. Ugh!

[END LOG]

前書: ウィテカー博士はSCP-5626収容チャンバーにトーチランプおよび人間の精液を載せたペトリ皿を携帯して進入することが許可されました。2名の警備員が同行しました。

[記録開始]

SCP-5626: 随分早く戻ったじゃないか?生贄が見当たらないようだが。

ウィテカー博士: 心配はいらない。ここに持ってきてやったよ。

ウィテカー博士はペトリ皿を、警備員が近くに運び入れたテーブルに置く。

SCP-5626: ふざけているのか、人間よ?私は何を見せられているんだ?

ウィテカー博士: このペトリ皿にはおよそ二千万から五千万の人間がいる。まだ未発生段階ではあるが。

SCP-5626: 馬鹿馬鹿しい。この白い粘液が幾千万もの5人間だと?そんな道理がどこにある。

ウィテカー博士: よく見ててくれ。彼らを生贄として捧げよう。

ウィテカー博士はペトリ皿にトーチランプを当て、精液を燃焼する。SCP-5626の眼が強く輝き、精液が燃えていく。

SCP-5626: うげえっ、あれが人群だというのは本当だったのか!確かに精気の味がする。私はお前たちのことを、ちりから生じたものと思っていた。だがこんな白濁液から生まれていたとは!しかしこんなのは不正だ!私はもっと風情あるやり方を期待していたんだ。無駄に凝った儀式を、神剣とか使って執り行う、みたいな!ちゃんとした生贄が欲しかったんだよ!これでは他の奴らに延々笑い者にされてしまう。

ウィテカー博士: お前は生贄の様式も指定しなかったし、取り消しは認めないとも宣言していた。忘れてはいないな?

SCP-5626: その通りだ、人間よ。だが私はこれ以上生贄を要求するつもりがないとも言っていない。そうだな?お前たちがこの液体を切らした時、私はこの世界を滅ぼすだろう。

ウィテカー博士: 了解だ、SCP-5626。

SCP-5626: 私の前で調子に乗ったようなことを言うんじゃない。

ペトリ皿がチャンバーの壁面に向かって飛んで行き、衝突で粉々に砕ける。

SCP-5626: 私が危害を加えてはならないのはこの世界なのであって、貴様個人ではない。今すぐ失せろ。ひどい味が口の中に残っている。うげえっ!

[記録終了]


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The Gipolibidemia's portal does not exist.


エラー: Gipolibidemiaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7183424 ( 02 Jan 2021 05:16 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License