【改訳案】調査記録1046-2 ベータ

このページの批評は終了しました。

原著者:MexanikMexanik
原著のタイトル:Протокол исследований 1046-2 Бета
初訳者:Nataliya_KuznechovNataliya_Kuznechov
初訳版のタイトル:実験記録1046-2 β

上記事に要変更箇所が多数確認されたため修正を検討しています。翻訳投稿ガイドにある「大規模な誤訳の修正、改訳」になると自己判断し修正案を示しておりましたが、改めて修正後の記事の全体を提示します。
修正案提案後に一部の表現を再検討しており、それについても反映してあります。

修正後の内容のみ掲載します。
原著や修正前の版については上記リンクを参照ください。


評価: 0+x

注: この文書は、SCP-1046-2封じ込め試行結果の一部を開示したものです。この試行は特別収容プロトコルを策定する目的で実施されました。調査は[データ削除済み]チームによって、████年██月██日より実施されました。この文書の完全版については、O5に連絡してください。


実験記録1046-2 ベータ-1
目的: 利用可能な技術を使用し、SCP-1046-2を封じ込める試み。

実験 B 1-3
使用設備・機器等: タンクに満たされた水。
結果: 有効性は示されませんでした。これは、オブジェクトが注水に適した掘削跡やトンネルを残さないためです。SCP-1046-2自体に水をかけても有効な結果は得られませんでした。
コメント: だが、これは興味深いな。砂の中じゃ問題ないだろうが、花崗岩の中だぞ? - [編集済み]

実験 B 1-4
使用設備・機器等: 改良型土木機器██-█。
結果: SCP-1046-2の移動は非常に高速なため、地下まで追走することができませんでした。事前に施工してあった掘削孔も、オブジェクトの移動にともない崩壊しました。
コメント: そもそも、あんな巨体なのに動けるのはどうしてだ?異常だ! - [編集済み]

実験 B 1-7
使用設備・機器等: 多数の低周波音発生機。掘削孔内の、地下███m地点に設置。
結果: SCP-1046-2を発生機で囲まれた領域へと誘導すると同時に、それらを起動しました。これを受けてオブジェクトは突如地表に出現し、触手の及ぶ範囲にあるあらゆるものを破壊しました。コントロール・ポイントおよび掘削孔内の発生機群を破壊してから██分後、SCP-1046-2は地下へと戻って行きました。推定によれば、SCP-1046-2の身体部位のうち、活動している部分の長さは███mを上回っていたことになります。
コメント: そこにいた人員には、申し訳なく思っている。 - [編集済み]

実験 B 1-11
使用設備・機器等: [データ削除済み]の超高強度捕獲網。
結果: 地表に現れたSCP-1046-2の手足を捕獲網に拘束するあらゆる試みは失敗に終わりました。捕獲網のうちオブジェクトが破りきれなかった部分は、留め具から引きちぎられ、地下へ引きずられていきました。SCP-1046-2に異常に強力な力があることが確認されました。
コメント: こいつは誰が提案したんだ?やつのサイズを考慮しなかったのか?まさかあいつに手錠をかけようとか思ったんじゃないよな? - [編集済み]

実験 B 1-18
使用設備・機器等: 液体窒素を入れた多数のタンク。
結果: 地表に出現したSCP-1046-2の体部に液体窒素をかけることで、その移動速度を大幅に低下させることに成功しました。その過程で、オブジェクトの複数の細胞組織サンプルが得られました。
コメント: これはいいな。少なくとも収容できそうだったぞ。数十万㎥の岩を急速に凍結させる方法とか、液体窒素の海でこいつを溺れさせる方法とか、俺らがこの怪物を理解するとかの仕事が残ってるけどな! - [編集済み]


実験記録1046-2 ベータ-2
目的: 他のSCPオブジェクトによりSCP-1046-2を封じ込める試み。

実験 B 2-2
使用設備・機器等: SCP-████、ヘリコプター、2つに仕切られた砂利採取場、仕切りを破壊するための爆発物。
結果: SCP-████を使用して、砂場の半分は水で満たされました。SCP-1046-2は砂場に近づいたものの、地表には現れませんでした。██分後、[データ削除済み]が地下から出現し、30分以内に砂場の壁を破壊し、その後SCP-1046-2は潜っていきました。スタッフは無事避難しました。
コメント: このくそったれは学習しているのか!? - [編集済み]

実験 B 2-9
使用設備・機器等: 制御機器を備え付けたSCP-1037-S181 (コードネーム: 「Subterrina」2)、実験用神経毒。
結果: 「Subterrina」はSCP-1046-2の追尾にはほぼ成功していましたが、オブジェクトへの妨害には失敗しました。SCP-1037-S18はオブジェクトの触手によって地表に持ち上げられ、いくつかの破片に砕かれ、その後SCP-1046-2は潜っていきました。
コメント: ああ、「Subterrina」の生育にあれだけの労力を費やした甲斐があったというものだ…。だが、毒は効きそうだったぞ!お前らも見てただろ?「Subterrina」の毒を食らった触手がどうなったかを! - [編集済み]

実験 B 2-10
使用設備・機器等: 液体化した大量のSCP-1038-RU-V3、削孔システム、急冷システム。
結果: SCP-1046-2を罠にかけることに成功し、その後SCP-1038-RU-Vを掘削孔内に注入しました。推定によればオブジェクトの移動速度は███倍にまで減少していたと思われますが、SCP-1038-RU-Vが晶出してから██時間後、実体は掘削孔の大部分を損壊することに成功し、時間が正常に流れている空間へと脱出していきました。当実験が行われた地帯は、その後サイト-██に指定されました。
コメント: SCP-1046-2が大半の装置を破壊したせいで、あそこに流したクロノライトはリユースできなくなった。もう俺もお前もクビだろうな…。 - [編集済み]

実験 B 2-21
使用設備・機器等: SCP-1128-RU-V4、SCP-1046-2の細胞組織サンプル。
結果: 有効性は示されませんでした。SCP-1128-RU-Vはオブジェクトの細胞組織にはほとんど影響を及ぼしませんでした。現在、他のオブジェクトとのクロステストは許可されていません。
コメント: 俺はこいつがいつも足元を這い回ってると思うと恐ろしいよ。千年前から?百万?十億年前からか? - [編集済み]

ERROR

The Gipolibidemia's portal does not exist.


エラー: Gipolibidemiaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7183424 ( 02 Jan 2021 05:16 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License