SCP‐2221-JP 予約の取れない旅館 -11Rate

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-2221-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2221-JPは性質上移動できないため、財団管理のもと敷地を2m以上のフェンスで囲ってください。唯一の出入口は監視カメラにより監視及び、3名の警備員を配置し、周辺地域住民及び関係者にはカバーストーリー「取り壊し予定地」を適用し、一般人の侵入を防いでください。SCP-2221-JP-5Fを調査する際は、2人以上による調査のみ許可されています。

説明: SCP-2221-JPは複数の異常性をもつ日本の██県██群██町に存在する温泉宿泊施設で、財団収容前は旅館███として周辺地域に認知されていました。公的記録には敷地面積4759平方メートル床面積4027平方メートルの築年数157年の建物として記録されていました。

2003年2月█日、周辺住民から、この旅館の客室709号に対する火災の通報が相次ぎ、臨場した消防士が消火活動にあたる際、客室709号へ侵入したにもかかわらず出火している痕跡が見当たらず、付近の客室を捜索したところ外見以上の客室を内部に有していること1が報告され、財団の収容に至りました。関係者、周辺地域住民にはBクラス記憶処理がなされました。なおこの出火による延焼の被害例はなく19時間後自然鎮火しました。

正面入り口以外による外部または内部からによる侵入、撤退する試みは全て失敗しています。また消防が臨場した当時営業中であったにもかかわらず、無人であったことが報告されており、のちの調査により、改装工事以降この旅館による経営実態が無く従業員、宿泊客名簿等に記載の人物は存在しないことが分かっています。このことから改装工事以降にSCP-2221-JPが異常性を発現したとみられています。唯一実在が確認されたオーナーの██氏の所在は現在も不明です。
このscip及び周辺施設を活用したサイト81██の新設申請をO5評議会に行っています。
この申請は、探査記録‐5及びによって発見された異常性SCP-2221-JP-7F~13F-Bにより却下されました。

以下の記録は出火から3日後の探査記録-2221-JPになります。


遠藤博士による2221-JP‐5F実験記録

以下はSCP-2221-JPによる異常性の一覧になります。

以下の文章は遠藤博士によるオーナー██氏の親族関係にあたる██女史に対するインタビュー記録です。

以下の記録はSCP-2221-JP-7F~13F-Bの出現した記録になります。

以下は金庫内より発見された物の一覧になります。

ERROR

The SieveofEratosthenes's portal does not exist.


エラー: SieveofEratosthenesのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7153332 ( 08 Jan 2021 15:50 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License