音霊SCP-2845-JP

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-2845-JP
%E9%9F%B3%E9%9C%8A.png

怨霊と通話状態のSCP-2845-JP

オブジェクトクラス: Safe Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-2845-JPは子機のバッテリーを使いきった上で、本体と子機と充電器を別々に低脅威度物品保管ロッカーに収容して下さい。

説明: SCP-2845-JPは、199█年に発売された████製の固定電話です。親機と子機から構成されており、怨霊と自称する存在と通話状態になる異常が発生します。

電話機の液晶画面には電話番号や名前を登録することで通話相手を表示する機能が付属していますが、当時の性能上、使用できる文字はカタカナに限定されています。異常は、通話中に音量調整ボタンを押し液晶画面に"オンリョウ"と表示されることで発生します。このとき元の通話相手側に変化はありません。

SCP-2845-JPは奥平研究員が実家に帰省した際、心霊番組を視聴中に電話が掛かってきたことで発見されました。当時、奥平研究員以外の家族は全員外出中であり着信はその家族からでした。心霊番組を視聴中であった奥平研究員は電話に驚き、比較的大家族であった自宅で自分以外が出払っているというめったにない状況も手伝い、慌てて使いなれていなかった子機で応答しました。結果、誤って音量調整ボタンを押したことで異常に気付き、気絶しました。このため、SCP-2845-JPには電話機を用いた対象へ未知の負荷をもたらす可能性も予測されましたが、これらの異常は奥平研究員以外には認識できませんでした。

補遺1: SCP-2845-JPの異常は奥平研究員にのみ発生するため、当初財団はその訴えを退けていました。後に、奥平研究員は独自の調査で実家の固定電話が自身の帰省する直前に故障し、修理に出されていたことを突き止めました。この際、電話機の説明書に挟まっていた以下の書類を発見したことによりSCP-2845-JPの異常性が認められた形です。

修理完了報告書


修理内容
通話中に雑音が混じるとのことでしたので音量を調整することによって除去しました。

修理代金 無料
消費税  無料
請求合計 無料


特記事項
恐怖した状態で最初に受話器をお取りになったお客様には、心を落ち着けるために担当との通話機能を贈呈いたします。真の思い出は自分にしかわからないもの、あなただけの会話を大切に。

(有)如月工務店


この書類について、奥平研究員の家族は身に覚えがないと証言しています。記憶にも不確かな様子が見られ、雑音の異常と除去は認知していたものの修理した憶えもないとのことでした。SCP-2845-JPの開発元にも問い合わせましたが、機種が古いために修理は受け付けていないとの返答でした。

補遺2: 財団はSCP-2845-JPの異常と如月工務店についての情報を得るため、奥平研究員を通したインタビューを行いました。以下は該当する記録です。

補遺3: インタビュー記録時の落雷と同時刻、奥平研究員の実家近くにある廃屋にも落雷がありました。廃屋は全焼し、焼け跡から如月工務店との関連を示す物品多数が発見されました。物品を調査した結果、廃屋は如月工務店の重要な拠点として利用されていたことが判明しました。この後、██地方一帯での如月工務店の活動が激減したことが確認されています。

一連の出来事については後日、奥平研究員の祖母が地元の天満宮神社で大学受験時に助けられたと思った頃から個人的に菅原道真を信仰していたことが判明しましたが、それ以上の関連は不明です。このため奥平研究員は学問の神としての菅原道真について話を聞いていましたが、怨霊でもあったとは知らなかった模様です。

なおインタビュー後、奥平研究員と██博士の勤務するサイト-81██では全職員の仕事効率の改善や健康状態の回復、収容違反の減少や犠牲者の減少、などの劇的な変化が観測されましたが関連は不明です。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The aoasa02's portal does not exist.


エラー: aoasa02のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7137679 ( 20 Dec 2020 23:16 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License