SCP下書き セミも鳴かずば喰われまい

このページの批評は終了しました。

B7E7A71D-923B-4993-AD27-7E66EBE8D49A.jpeg

SCP-XXX-JP-1

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP-1の収容は、現時点では非常に困難かつ不安定です。早急に対応策が必要です。
SCP-XXX-JP-1は大阪府 ████古墳内のサイト██の指定された、一般のクマゼミが生息しているのと同程度の生態系及び自然的環境下の野外収容エリアに収容して下さい。SCP-XXX-JP-1には小型GPSを装着し、常に位置を監視して下さい。

項目1を参照し、SCP-XXX-JP-1の死亡が確認された場合は迅速に手順1を厳守して回収して下さい。
手順1の失敗はSCP-XXX-JP-2の制御、収容困難な過増殖に繋がります。確実に遂行して下さい。

SCP-XXX-JP-1には当オブジェクトのみ毒性が確認されていない、中枢神経侵食細菌N-█████が投与されます(補遺:SCP-XXX-JPの収容における中枢神経侵食細菌N-█████使用改定案を参照)。
手順1が完了した後、 SCP-XXX-JP-1を████古墳内のサイト██の指定された野外収容エリアに再収容して下さい。

説明: SCP-XXX-JPは一般に日本国内でみられる、クマゼミ(SCP-XXX-JP-1)と、その卵(SCP-XXX-JP-2)です。SCP-XXX-JPはオスであることが分かっていますが、発声器による発声は確認されていません。

SCP-XXX-JP-1の付近半径約1kmに生息する、セミ科昆虫のオスは発声器の機能が失われます。SCP-XXX-JP-1の移動により、半径約1km圏内外となったセミ科昆虫のオスは発声器の機能が回復します。

SCP-XXX-JP-1は一般のクマゼミが生息しているのと同程度の生態系及び自然的環境が必須であり、その他の環境下では、SCP-XXX-JPは衰弱することが分かっています。今のところ、この事象の原因は解明されていません。

SCP-XXX-JP-1の寿命は一般的なクマゼミと同程度です。死亡したSCP-XXX-JP-1の一部又は全身を捕食した生物は、その後、約15分間でSCP-XXX-JP-2へと変異します。

項目1

1 GPSでSCP-XXX-JP-1の最近15分での移動距離が、XY座標、0.01未満と観測された場合

2 1に加え、SCP-XXX-JP-1がゼロポイントからのY座標が0以下に存在する

手順1

1 セキュリティクリアラスレベル2以上の担当職員はGPSでのSCP-XXX-JP-1の位置情報をもとに、SCP-XXX-JP-1の死体を20分以内に回収して下さい。

2 SCP-XXX-JP-1の死体に対して煮沸消毒を行って下さい。

3 消毒が完了したSCP-XXX-JP-1の死体をクロオオアリ6匹に捕食させて下さい。

4クロオオアリ6匹のSCP-XXX-JP-2への変異が完了したのち、通常のクマゼミと同じ方法で羽化直後まで育てて下さい。

5完全に成長した個体が2匹以上の時、SCP-XXX-JP-1は一匹のみ残し、後の個体は終了されます。

SCP-XXX-JPに対する、これ以上のいかなる実験は不足の事態を避ける為、許可されていません。

補遺:

SCP-XXX-JPの収容における中枢神経侵食細菌N-█████使用改定案:

SCP-XXX-JPの収容はその特性故、非常に困難とされていましたが、SCP-XXX-JP-1にのみ毒性が確認されていない、煮沸処理で消毒可能な中枢神経侵食細菌N-█████を使用することにより、比較的安定して収容状態を維持することが可能となりました。よってSCP-XXX-JPの一部の特別収容プロトコルは改定されました。

ERROR

The SCP DrJack_Bright's portal does not exist.


エラー: SCP DrJack_Brightのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7099579 ( 09 Dec 2020 16:14 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License