SCP-1019 ミスター・ゆうどく(原題: Mr. Toxic)

現在このページの批評は中断しています。


評価: 0+x

Item #: SCP-1019
アイテム番号: SCP-1019

Object Class: Euclid
オブジェクトクラス: Euclid

Special Containment Procedures: The property surrounding SCP-1019 has been purchased underneath the Foundation mining front "Atlas Burning." Provisional Site-127 is to be established near the main entrance of SCP-1019. Armed guards are to patrol the facility with one being stationed at each known ventilation site and two being positioned outside of the main entry way into SCP-1019.
特別収容プロトコル: SCP-1019周辺の土地は、財団の採掘戦線"アトラス・バーニング"の下で購入されました。SCP-1019の正面入り口付近には臨時サイト127を設置し、既知の換気場所に一人、SCP-1019の正面玄関の外側に二人の武装した警備員を配置し、施設を巡回させてください。

SCP-1019-A is contained within a standard containment unit. Personnel are not allowed to interact with it following its initial recovery.
SCP-1019-Aは標準的な格納容器に収められています。SCP-1019の最初の回収後から、職員がSCP-1019に触れることは禁じられています。

Description: SCP-1019 is the designation given to an underground facility located in Alcross, Sweden. The facility's layout is almost identical to Site-179's underground component, however numerous wings including D-Class housing and office spaces are inaccessible due to cave-ins.
説明: SCP-1019は、スウェーデンのアルクロスにある地下施設の呼称です。施設のレイアウトはサイト-179の地下部分とほぼ同じですが、D-クラスの住居やオフィススペースなど多くの棟が陥没しており、立ち入る事は不可能です。

Scans of SCP-1019 for antimemetic, temporal, and cognitohazardous effects are all negative. All other hypotheses as to the creation or manifestation to SCP-1019-A are to be submitted to Research Team Caviidae.
SCP-1019の制吐効果、時間効果、認知障害効果のスキャンは全て陰性です。SCP-1019-Aに関するその他の仮説は、研究チーム・キャビティに提出してください。


Exploration into the Site has also noted the following:

  • Foundation documents noting the locations and containment status of known anomalies previously or currently contained at Site-179 each with varying degrees of accuracy
  • A photo of the previous Site-179 director's daughter in the cafeteria
  • A file containing all D-Class currently present at Site-179
  • Human muscle and adipose cells lining the office walls
  • A bunker component that when scanned was predicted to reach the same depth as Site-179's XK-class bunker
  • A key card owned by Site-179's previous director


また、本サイトの調査により、以下の物品が見つかりました。

  • それぞれ精度の異なった、サイト-179の過去または現在の既知の異常の位置と封じ込めの状況を記した財団の文書
  • カフェテリアで撮影されたサイト-179の前所長の娘の写真
  • サイト-179に存在する全てのD-クラスが記録されたファイル
  • オフィスの壁に並ぶ人間の筋肉と脂肪の細胞
  • サイト-179のXK級バンカーと同じ深さに達すると予測されるバンカーの部品
  • サイト-179の前所長が所有していたキーカード

SCP-1019-A is the designation given to an amalgamation of several human bodies. All DNA testing preformed on SCP-1019-A has reported inconclusive results. SCP-1019-A has a roughly spherical shape and is only capable of minimal movement. It is able to speak, though it shows no further signs of intelligence. All speech of SCP-1019-A is to be considered incoherent and is to be ignored.
SCP-1019-Aは、複数の人体が合体したものです。SCP-1019-Aに対して行われたDNAテストでは、どの人体のDNAか結論は出されていません。SCP-1019-Aは概ね球形であり、最小限の動きしかできません。喋ることはできますが、それ以上の知性の兆候は見られません。SCP-1019-Aの発言はすべて支離滅裂であるとみなし、無視してください。

Recovery: On 05/31/2032, SCP-1019-A was discovered by an agent in a Keter Wing containment cell. During the encounter all information was lost along with said agent — with the exception of her clothes, equipment, and weaponry which had been abandoned nearby.
発見記録: 2032/5/31、SCP-1019-Aはケテル翼収容セル内でエージェントによって発見されました。その際、近くに捨てられていた衣服・装備・武器を除き、全ての情報がエージェントと共に失われました。
.
.
.


.
.
.


.
.
.


.
.
.

> does the black moon howl?
> 黒い月は吠えるのか?

only when it needs to be heard
ここぞという時だけ



.
.
.

>welcome O5-6
ようこそ、O5-6



.
.
.

>O5-7 has one email and one attachment(s)
>O5-7から、1件のメールと添付ファイルが届いています。

.

>open both?
>y/n
>両方開きますか?
>y/n

.
.

yes
yes

.
.

>opening
開いています…

.
.
.

.
.
.

I know it's your little "vacation" right now six, but I'm gonna suggest you return early. Admin's now been catching wind of this misters shit and he's threatening to join in on the hunt if this latest skip is another one of those damn things. Not the best thing to happen if you ask me. The mentions of Wondertainment's right now being scrubbed from those other two files, but even then there's not much else that's really there. I doubt they'd be able to help much more than the rest of the council.
今は小さな"休暇中"だと思うが、早めに帰った方がいい。管理者がこのミスターの噂を聞きつけ、もし今回の件が他の連中と同じなら調査に加わると脅している。私に言わせれば、これは最高の事態ではない。ワンダーテインメントの記述は今、他の二つのファイルから削除されているが、それでも他にあまりないのが現実だ。他の評議会より役に立てるかどうか疑問だ。
Excuse 1019's file also, I'm sure you've already read it, but you should know that it's been edited for privacy.
1019のファイルも既に読んでいると思うが、プライバシー保護のために編集されている事を理解してくれ。
The agent was one of your elites, X-04. Sent her into that old bunker, right? She didn't come back out. All I have is a recording of this thing. You have to watch for yourself.
君の部下で、エージェントのX-04。あの古いバンカーに入れたんだろう?出てこなかった。録画しか無いんだ。自分で見るしかない。
I cut it down to the important parts cause I know how much you hate being bored.
退屈なのは嫌だろうから、重要な部分だけを切り出しておいた。

.
.

>opening
開いています…

.
.
.

.
.
.

Video Log

映像ログ


Date: 12/15/2031

記録時間: 2031/12/15


Begin Log

記録開始

00:30:21:02: The camera is pointed towards a mass of adipose and muscular tissue. It is rhythmically moving. A gun is seen entering the frame. The mass stills and several tendrils form on its back. They anchor into the wall and spin the mass around. The camera moves back revealing the full room. It is a standard XK-class preparation office with a mostly rotted desk in the center. There are no other notable features.
00:30:21:02: カメラは脂肪と筋肉組織の塊に向けられている。それはリズミカルに動いている。銃がフレームに入るのが見える。塊は静止し、その背中にいくつかの巻きひげが形成される。それらは壁に固定され、塊を回転させる。カメラは後退し、部屋の全景が映し出される。標準的なXKクラスの準備室であり、中央にはほとんど朽ち果てた机が置かれている。他に目立った特徴はない。

00:30:50:12: An arm raises off of the side of the mass. It wheezes. The mass' eight front facing eyes look at the camera.
00:30:50:12: 塊の横から腕が伸びる。それは喘ぐ。塊の8つの正面向きの目がカメラを見ている。

00:30:53:10: It settles and laughs through the multiple mouths on its cranium.
00:30:53:10: それは落ち着き、頭蓋にある複数の口を使って笑う。

00:30:53:10: It begins to speak through the various mouths.
Con.: SCP-1019-A - "Been a while since I've moved."
00:30:53:10: 様々な口を通して語り始める。
Con.: SCP-1019-A - "久しぶりの引っ越しだ。"

00:31:04:32 A tendril forms on top of SCP-1019-A's head, pointing towards the gun.
Con.: SCP-1019-A - "You don't need that here, you know?"
00:31:04:32 SCP-1019-Aの頭頂部に巻きひげができ、銃のほうを向いている。
Con.: SCP-1019-A - "ここは必要ないだろ?"

00:31:04:32 X-04 inhales sharply, lowering the gun.
Con.: X-04 - "Who are you?"
00:31:04:32 X-04は鋭く息を吸い込み、銃を下ろす。
Con.: X-04 - "あなたは誰?"

00:31:10:03 After a pause it begins moving back and forth.
Con.: SCP-1019-A - "Who aren't I?"
00:31:10:03 しばらく停止した後、前後に動き始める。
Con.: SCP-1019-A - "私は誰?"

00:31:15:06 A smile cracks on the upmost mouth and two more tendrils form from SCP-1019-A.
Con.:SCP-1019-A - "I'm sure you can tell but I am — Many people, many minds, and many human bits."
00:31:15:06 一番上の口元に笑みがこぼれ、SCP-1019-Aからさらに2本の巻きひげが生成される。
Con.: SCP-1019-A - "分かっていると思うが、私は多くの人間、多くの心、多くの人間の欠片だ。"

00:31:20:06 SCP-1019-A has stopped rocking. The tendrils are reaching over towards a desk and are tapping on it.
Con.:X-04 - "Do you know what this place is?"
00:31:20:06 SCP-1019-Aは揺れを止めた。巻きひげは机の方に伸び、机を叩いている。
Con.:X-04 - "この場所が何なのか知っていますか?"

00:31:31:16 SCP-1019-A deflates before speaking.
Con.:SCP-1019-A - "Forgot. I forgot. I've spent so much time, in this head. I forgot."
00:31:31:16 SCP-1019-Aは、話す前に萎縮する。
Con.:SCP-1019-A - "忘れた。忘れていた。長い間、この頭の中で過ごしてきた。忘れていた。"

00:31:42:19: SCP-1019-A closes its eyes.
Con.:SCP-1019-A - "I was in my brain too much and still then it wasn't enough. Enough. To become human again"
00:31:42:19: SCP-1019-Aは目を閉じている。
Con.:SCP-1019-A - "脳内に長いこといたが、それでも物足りなかった。十分だ。人間にもどるには"

00:32:01:13 SCP-1019-A's eye's open again, its lower mouth is ajar and an unidentified fluid is dripping out. The camera moves back.
Con.:X-04 - "Then what do you know about this place?"
00:32:01:13 SCP-1019-Aの目が再び開き、下の口が開く。口からは、正体不明の液体が滴り落ちている。カメラは後方に移動する。
Con.:X-04 - "では、この場所について何を知っているのですか?"

00:32:10:13 SCP-1019-A's hums and three additional tendrils form from its back. Each tendril begins stroking a different part of its body, situated above the eyes.
00:32:10:13 SCP-1019-Aは音を立て、背中から3本の巻きひげが生える。それぞれの巻きひげは、目の上にある体の別の部分を撫で始める。

00:33:13:38 SCP-1019-A ceases the action.
Con.: SCP-1019-A - "It was made to escape. Escape what we thought at the time was disaster. But it was humanity we had been running from. Humanity."
00:33:13:38 SCP-1019-Aは行動を停止する。
Con. SCP-1019-A - "逃れるために作られた。当時は災難だと思われていたものから逃れるために。しかし、我々が逃れていたのは人間性だった。人間性。"

00:33:30:32 SCP-1019-A closes its eyes. Its body is seen shaking and the left most mouth begins humming. All of the rest of the mouths are absorbed into the muscular tissue.
Con.: SCP-1019-A -"I…It was coming, as a payment for what I'd done. I'd abandon humanity, we had abandon them. Our oath we took was words and nothing more."
00:33:30:32 SCP-1019-Aは目を閉じている。その体が揺れ、一番左の口がハミングし始めるのが見える。残りの口はすべて筋肉組織に吸収されている。
Con.: SCP-1019-A -"私は…私がしたことの代償として、ここに来たのだ。私は人類を見捨てた 。我々は彼らを見捨てたのだ。私たちがした誓いは言葉だけで、それ以上のものはない。"

00:33:30:32 SCP-1019-A opens its eyes, a white and red liquid is flowing from them along with several other orifices, which are presumed to be nasal cavities.
Con.: SCP-1019-A -"While we hid, we became mechanical, more machine than man. While the outside world, it became human, more and more so. But we had holed ourselves into the darkness like we had for so many years before, though this time it was not for humanity, rather it was for ourselves."
00:33:30:32 SCP-1019-Aが目を開けると、鼻腔と思われるいくつかの開口部から、白と赤の液体が流れてくる。
Con.: SCP-1019-A -"隠れている間に、私たちは機械的になり、人間というより機械になった。だが、外はどんどん人間らしくなっていった。しかし、私達は何年も前からそうであったように、暗闇の中に身を隠していた。それは人類のためではなく、むしろ自分自身のためだった。"

00:34:34:24 Four other mouths form in muscular tissue and popping noises are audible.
Con.: SCP-1019-A -"We had strayed from the light and we. No you. Paid the price for becoming inhuman… Maybe that's why we're still here, away from the surface, the light. We're together. Together."
00:34:34:24 他の4つの口は筋肉組織で形成され、破裂音が聞こえる。
Con.: SCP-1019-A -"我々は、光から外れてしまった。お前ではない。人間では無くなった代償として…私達はまだここにいる。表や光から離れて。私達は一緒にいる。一緒に。"

00:35:03:34 The liquid that had previous been apart of SCP-1019-A is beginning to harden into an adipose-like tissue. The camera moves back.
Con.: X - 04 -"Who is we?"
00:35:03:34 SCP-1019-Aを構成していた液体が固まり始め、脂肪のような組織になる。カメラは後方に移動する。
Con.: X - 04 -"私達は誰?"

00:35:50:23 SCP-1019-A shakes the tendrils on its head.
Con.: SCP-1019-A -"We. Us. You. I. ……1, but you know him as your boss don't you? When the disaster, humanity, came, our secrets they fell. We fell. There was no use in having them. There never was. I'm sure you understand the protocols."
00:35:50:23 SCP-1019-Aは頭の上の巻きひげを揺らす。
Con.: SCP-1019-A -"私達、私達、お前。私……2だが、お前の上司は知っているよな?災難、人類が来たとき、我々の秘密は崩れ去った。崩れ去ったんだ。持っていても仕方がない。そんな事は無かった。プロトコルは理解しているはずだ。"

00:36:03:38 The camera turns to face the entrance of the room. For second of the recording the entrance is seen covered by the adipose flesh.
Con.: SCP-1019-A -"I'm sure you saw it on your way down. Down here. I imagine it's also what you cleared through. I had to. We had to too. It's my punishment for abandoning humanity. We never abandon it. And now I think humanity wants it to be yours as well. We want you, to see, our clarity."
00:36:03:38 カメラは部屋の入り口に向きを変える。収録の2回目には、入り口が脂肪の塊に覆われているのが見える。
Con.: SCP-1019-A -"降りる時に見たはずだ。この下で、お前が通った道で。そうだ。我々もそうだった。人類を見捨てた罰だ。我々は決して見捨てない。そして今、人類はそれを自分達の物にしようとしている。私達の事を、見てほしい。"

00:36:03:38 The screen goes blank.
00:36:03:38 画面が白くなる。

00:36:03:38 The recording ends.
00:36:03:38 録音が終了される。

End Log
記録終了


.
.

>??? has one email and one attachment(s)
???から、1件のメールと1件の添付ファイルが届いています。

.

>open both?
>y/n
>両方開きますか?
>y/n

.
.

yes
yes

.
.
.

>opening
>開いています…

.
.
.

.
.
.

Good evening Six,
こんばんは、6。

At 3 AM, your time, a plane will be outside your residency. Please board when you get there.
あなたの時間の午前3時に、飛行機があなたの居住地の外に来ます。そこに来たら搭乗してください。
Do not talk to the rest of the council about this meeting. Consider 3 and 4 KiA.
この会議について、他の議会に話してはいけません。3と4のKiAを検討します。
I know you’ve been entrusted with all physical copies of the documents. I expect you to bring them to me. There's a scan of a document from -A. Compare them with the others.
あなたが全ての物理的なコピーを託していることは知っています。それを持ってきてください。SCP-1019-Aからのドキュメントのスキャンがあります。他と比較してください。
{{Expect a long conversation after take off.

離陸後の長い会話に期待します。
Until then:
では、その時まで。

.
.

>opening file:O5-3.pdf
>ファイル:O5-3.pdfを開いています…

.
.
.

.
.
.

Wow! We are human again. At last.
ワーオ! 私達は人間に戻った。ついに。
After popular demand, we've brought back a brand new set of Little Misters, a limited edition collection from Dr. Wondertainment! Isn't that fun?
好評につき、ワンダーテインメント博士限定版コレクションのリトル・ミスターズが全く新しい顔ぶれで帰ってきたよ!楽しいでしょ?
Find them all and become the Brand New Mr. Collector!
全部見つけて、全く新しいミスター・コレクターになっちゃおう!
00. Mr. Prologue
00. ミスター・プロローグ
01. Mr. Dark
01. ミスター・くらやみ
02. Mr. Remembrance
02. ミスター・ついおく
03. Mr. Toxic
ミスター・ゆうどく
04. Mr. Collector
04. ミスター・コレクター
05. Mx. Voltage
05. ミックス・でんあつ
06. ██. Gears
06. ██・はぐるま
07. Mr. Memory
07. ミスター・きおく
08. Mr. Nobody
08. ミスター・だれでもないもの
09. Mr. Brainy
09. ミスター・りこうもの
10. Ms. Seraph
10. ミズ・セラフ
11. Mr. Chronal and Mr. Dimension
11. ミスター・じかんとミスター・じげん
12. Mr. Fish
12. ミスター・おさかな
13. Mr. Epilogue
13. ミスター・エピローグ
14. Mr. Redd (Discontinued)
14. ミスター・レッド (製造中止)

— ココマデ —

SCP-1019(原文)
私structure_blockが英語が全く分からないため、翻訳サイトを使用しある程度の日本語に直した後で違和感のある部分をテコ入れしています。そのため、翻訳ミスなどが多々あると思いますが、それらを見つけた場合は教えてくれると嬉しいです。

付与予定タグ: scp en ワンダーテインメント博士


ERROR

The structure_block's portal does not exist.


エラー: structure_blockのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7072410 ( 01 Dec 2020 07:57 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License