忘れられても

現在このページの批評は中断しています。


アイテム番号: SCP‐XXX‐JP

オブジェクトクラス: Safe Neutralized

特別収容プロトコル:
オブジェクトクラスNeutralizedへの変更に伴い、収容の必要はありません。

説明:
SCP‐XXX‐JPは一般的な漁船の姿をしており、船底が海抜7m45cmに位置した状態で浮遊、航行しています。船底は広範囲にわたって軽く損傷していますがスクリュー軸は無事な為、航行に支障はないと見られています。SCP‐XXX‐JPは発見当時13ノットで航行していましたが、航行の方角は安定せず、特に目的らしきものは見受けられませんでした。
現在まで、SCP‐XXX‐JPは、収容施設からの出航を試みようとしています。その際繋留ロープは如何なる材質を用いても切断、腐敗します。
SCPXXXJPは、現在まで船体から毎時10マイクロシーベルトのセシウムを放出しています。

補遺1: 福島県楢葉町██番█4‐█6に立地する元██町児童館舎屋上にて、SCP‐XXX‐JPの物と一致する塗装の付着を確認。関連性を調査中です。

補遺2: SCP‐XXX‐JPは梶原氏の記憶処理を行った同日、収容施設内で突如異常性が消失。着底。衝撃で船底は大破しました。また、整備の如何に関わらず、現在も船体の劣化が進行しています。


ERROR

The kihaku's portal does not exist.


エラー: kihakuのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7069044 ( 05 Dec 2020 11:50 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License