SCP-YYYY-JP

このページの批評は終了しました。


アイテム番号:SCP-YYYY-JP

オブジェクトクラス:Safe

特別収容プロトコル: SCP-YYYY-JPはサイト-██内の低セキュリティ貯蔵庫に収容されており、5m×5m×5mの部屋の机の上に財団によって作られたガラス製の眼鏡台に固定してあり、壁と先セル1を鎖つながれ保管されています。

SCP-YYYY-JPは当SCPの担当研究員による許可が下りた場合のみ鎖の開錠が可能です。
実験時は、鎖のロックを解除しSCP-YYYY-JPの実験に当たってください。
実験時は、必ず観察者を確保して実験を行ってください。

また実験による被験者の精神汚染が確認された場合。または重度なけがを負うような奇行に走った場合は、すぐに実験を中止し、数時間から数日、安治室や集中治療室にての隔離治療、最悪の場合は記憶処理を行ってください。

CASE3の場合のみ、その実験で使用している記録器具がCASE3であると認知できるような場合は、電源を遮断してください。

実験終了後、鎖とSCP-YYYY-JPの先セルをつなぎ鍵をかける際は、絶対に鎖の長さが人間の平均頭周(約570㎜)を超えてはなりません。

説明: SCP-YYYY-JPは19██年に埼玉県の██工房から特注品で作成された眼鏡で、特注した人物は現在特定できていません。そして、SCP-YYYY-JPを製造してから██工房でオーナーをしていた██ ██の消息も不明となり、現在当SCPの製造過程を知りえる者は存在していません。

SCP-YYYY-JPを装着した人間は主に初期(5分)、中期(13分)、終期(25分)の大きな反応に分かれ、装着した人によって中期・終期のパターンが変わります。
Dクラス職員100人の実験結果で、以下のようになりました。

1. 初期ではどの被験者からも何かしらの異常を検知できません。

2. 中期になると、吐き気・頭痛を伴うCASE1。幻覚・幻聴が出始めるCASE2。また狂ったような行動や発狂などのパニック状態に陥るCASE3の3つのパターンに分かれます。いまだに、被験者と各CASEの規則性は発見されていません。

3-CASE1. CASE1の終期は2つに分かれ、CASE1-Aはインフルエンザウイルスに感染したかのような高熱をだし、長時間経過すると脱水症状に陥ります。CASE1-Bは頭から首、上半身、腰、というように上半身から下半身に痛みが伝達していき、装着から25分経つとA,Bどちらもそれ以上の反応はありません。

4-CASE2. CASE2の終期は、被験者の記憶の中で潜在的に最大の恐怖を覚える物体、または出来事が幻覚と幻聴として蘇り、被験者はパニック状態、または失神を起こします。

5-CASE3. CASE3の終期は被験者が落ち着きを取り戻すと、直立姿勢を保ち未知の言語を話し始めます。その未知の言語は今まで確認されたオブジェクトのどの言語にも当てはまらず、CASE3の終期まで到達した各被験者でそれぞれ話す内容が異なっています。

ただし、CASE3の終期の場合のみ、それの音声や映像を録音した記録器具は終期に入ってすぐ緊急記録保護機能に移行し記録を中断していて、中にはデータが破損していたものもありました。
そのため、SCP-YYYY-JPのCASE3で発せられる未知の言語を解析するのは困難であり、何故このような事態に陥るのか、未だにわかっていません。

またSCP-YYYY-JPのヨロイ2のネジがこのような異常状態を被験者に体験させていると実験記録から考察されていて、現在CASE3の終期の未知の言語の情報に繋がっているとして解析が進められています。

実験記録SCP-YYYY-JP at:20██/█/██

目的:当SCPの分解、のちに部品交換による効果の変化

対象:SCP-YYYY-JP(一部部品交換)をかける被験者

実験方法:
SCP-YYYY-JPのヨロイのネジ(SCP-YYYY-JP-ρとする)をSCP-YYYY-JP-ρと同じ寸分で加工したネジに交換して被験者に装着させ効果を見る。

結果:効果はなくなっていて、被験者に異常は見当たらなかった。

分析:ネジはSCP-YYYY-JPの効果の発生に関わっていると推測される。

実験記録SCP-YYYY-JP at:20██/█/██

目的:当SCPの分解、のちに部品交換による効果の変化

対象:SCP-YYYY-JP(一部部品交換)をかける被験者

実験方法:
SCP-YYYY-JPのパッド3(SCP-YYYY-JP-θとする)をSCP-YYYY-JP-θと同じ寸分で加工したパットに交換して被験者に装着させ効果を見る。

結果:効果はなくならず、被験者はCASE2の効果が出現。中期で実験を中止。

分析:パットはSCP-YYYY-JPの効果の発生に関わっていないと推測される。

その他の部品交換による実験記録は[_編集済_]のためデータが削除されました。


以下の2つのファイルは当SCPのその他の記録です。
これらのファイルの閲覧は記録され、当SCPの担当研究員を経由して財団のデータベースに転送されます。

 


【評価してほしい点】
自分は、文章内でおかしな表現(誤字もできるだけ確認しましたが、できればお願いします)。またSCP記事を書く上で、こうしたほうが良いというアドバイスや、やってはいけないことなど教えてくれると嬉しいです。


ERROR

The ishiitumuji's portal does not exist.


エラー: ishiitumujiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7053853 ( 30 Nov 2020 07:53 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License