君の未来は明るい(Your future is bright)

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

2021/01/18 査読を受けて大幅改稿しました。


There comes a time and a place where all things end, and it may not seem so, but the lucky ones are those who know when that day will come. Maybe you'll learn via phone call, that blunted, sterile affect of a voice on the other line revealing that your life has a definite expiry. Maybe you'll take the easier option and set the date yourself, fearful of the Real and the suffering we tend to incur within its walls. If not, give it time. You were born to meet your Maker, but the anticipation never killed anyone. Wouldn't you want to be informed?
全ての物には終わりの時と終わりの場所があります。そうは思えないかもしれませんが、その日がいつ来るのかを知っている人は幸運です。もしかしたら、電話の向こうの不愛想で無機質な声によって、自分の命には明確な期限があるということが明らかになるのかもしれません。もしかしたら、貴方は現実と現実という壁の中で起こる苦しみを恐れて、自分でその期限を設定するという安直な選択をするかもしれません。その恐れがないなら、その時を待つのがいいでしょう。創造主と再会するのは避けられない定めとはいえ、再会への期待から死を望む人はいません。それよりは、事前に知らされておきたくはありませんか?

It is a generally accepted fact that everything dies, eventually. Some are more aware of the certainty and finality of that fact than others, the rest having a fleeting thought now and again, only to be stifled by the various things they do to distract themselves from their slow crawl into the grave.
全ての物がやがては死ぬということは一般的に受け入れられている事実です。一部の人は、その事実が如何に確実で決定的であることをよく知っていますが、残りの人は、自分が段々と墓に向かっていることから目を背ける為に行う様々な事の合間に、束の間の考えを抱くに過ぎません。

People like Mcclanahan, however, had seen death so many times it mattered less and less as the days passed. By the time he had lost track of the body count, death became another pointless fact in a pointless universe. Something that just happens to everyone, even to himself, one day. Sure, there were still unpleasant ones, the bad times, with people turned inside out, eyeballs popped from their heads as their hollow shells lay broken on the ground. Those things were wiped clean with time and extensive therapy, not to mention the occasional forget-me-now.
しかし、マクラナハンのような人々は、あまりに死を見すぎていて、日が経つにつれてそんなことは問題で無くなっていたのです。彼が見てきた死体の数が分からなくなった頃、死というのは無意味な宇宙の中の、無意味な事実になっていました。ただ誰にでも、彼自身にも、いつかは起こるものというだけ。もちろん、身体が裏返しになった人々や、頭蓋骨が地面に散らばって目玉が頭から飛び出している人々を見た時のような、不快で最悪な時はまだありました。しかし、それらのことは、時間と広域療法によって綺麗に無くなりました、時折忘れさせられていたことは言うまでもありません。

Through all those gruesome shows, those brilliant bloodbaths, Markus Mcclanahan had seen it all and took it in stride. It was the only option, burning bridges and moving forward. Bridges being mounds of the dead, the once-friends. Those familiar faces, gone but for their bits of carbon that would go on to grace the lungs of some emphysematic somewhere, sometime. Legacy immortalized in a fit of wracking coughs, an unpleasant but apt way to honor the ephemeral and pointless existence of Foundation personnel.
こんな身の毛のよだつようなショーや大虐殺を、マルクス・マクラナハンは全て見てきて、そして冷静に受け止めました。彼が出来る事は、橋を燃やして、先に進んでいくことだけだったのです。その橋というのは、かつての友人たちの死体の山でした。友人たちの慣れ親しんだ顔は、腐って炭素の粒になり、いつかどこかで肺気腫の人の肺を彩るのでしょう。過去の遺物は乾いた咳の発作として永遠に残ります。それは、不快でありつつも財団職員の儚さと無意味さを讃えるのに相応しい存在なのでした。

None of it mattered, because it all had to be done. Not only that, it was routine.
何も問題はありません、全てしなければならないことだったのですから。それだけでなく、それはルーティーンでした。

Routine. That's the life of a Foundation operative. Put aside all the administrative bureaucracy, all the paperwork and the psych tests and you'll see thousands of faceless suits that struggle every day to keep the world from falling to pieces. Cogs in the machine of Consensus Reality, sculpted from fear and the quintessential worldview the Founder introduced into the world centuries ago. Only now, the gears constantly needed replacement, and the machine actively resisted the will of its operators.
ルーティーン。それが財団で働く者の人生そのものでした。官僚的な組織構造、膨大な書類仕事と精神鑑定を脇に避ければ、世界が粉々にならないように日々奮闘している、何千人ものスーツを纏った無貌の人々が見えてくるでしょう。何世紀も前に創始者が世界にもたらした恐怖と彼が描いた世界観から彫り出された、コンセンサス・リアリティー1という機械の歯車たちが。
今日に至ると、機械は歯車の定期的な交換を要求し、積極的に職員の意思を抑えつけていました。

Markus had just returned from his nth foray into what they call the field; real life. Real, real life. The gritty shit, the things people don't need to see, save for the select few. Mcclanahan was one of those few.
マルクスはもう何度目かもわからない、フィールドへの進入から帰ってきたところでした。フィールドと呼ばれているのはすなわち現実です。本当の、現実の生活です。それは普通より過酷で、選ばれた少数の人以外、見る必要のないもの。マクラナハンは、その選ばれた少数の人でした。

Yesterday, it had been a thing about three meters tall, with a head like a bison and reciprocating saws for teeth. Watching it bisect civilians for sport had made him wince for the first time in years. None of them died immediately, but they all eventually died. Even while ankle deep in displaced organs and lifeless, glassy-eyed stares, Mcclanahan still took it all in stride. When their caravan had returned onsite, the fucker was crammed in the back of an armored vehicle with a canvas bag over its enlarged head. A rejection of nature and reason, wrapped in blood-matted fur. The beast was no threat anymore, now sedated and bound by state-of-the-art carbide nanotube cuffs, those multi-million-dollar necessities that kept the monster and many, many others like it from doing much else other than existing. Still, when Markus heard that thing chuckle through the reinforced steel behind him, it made his skin crawl.
昨日世界を脅かしたのは、背が3メートルあり、バイソンのような頭と電動のこぎりのような歯を持ったものでした。それが遊んでいるかのように一般人を真っ二つにするのを見たとき、彼はこの1年で初めてたじろぎました。誰も即死はしませんでしたが、結局は全員平等に死にました。飛び出た臓器や生気のない、虚ろな視線に足首まで浸かっていてもなお、マクラナハンは歩調を緩めませんでした。彼らのキャラバンがサイトに戻ってきたとき、愚かな怪物は、その肥大した頭に麻袋を被せられ、装甲車の後ろに詰め込まれていました。自然と道理を否定する怪物は、血で固まった毛皮に包まれていました。怪物は鎮静化され、怪物や怪物のような物をも無力化させる、数百万ドルもする最先端のカーボンナノチューブ製の手錠に縛られて、もはや脅威ではありませんでした。それでもマルクスは、怪物が笑う声が、彼のの後ろにあった強化鋼をも貫いて聞こえた時にはぞっとしました。

Again, he brushed those feelings away, knowing what the wretched creature didn't know, the padded cell that awaited him. Windowless and empty, just like the black of its insidious, unblinking eyes.
それから、彼はその感情を振り払いました。その哀れな怪物がまだ知らない、彼を待ち受けるクッション壁の独房を知っていましたから。狡猾で平然とした瞳の黒のような、窓のない空虚な空間を。

Today, the world was threatened by some dark, floating orb that rendered minds to useless mush. It warped its victims, slowly or quickly, toying with their lives around its mass of unidentified matter. Cognitohazards were the bane of the human mind; deceptive by design, they found their way into your head using back roads that only the well-trained could patrol.
今日世界を脅かしたのは、精神を意味のないどろどろしたものに変える、暗く、浮かんだ球体でした。それは犠牲者をゆっくり、もしくは早く歪ませて、正体不明の物体の塊の周りで、彼らの命を弄びました。認識災害が人々の精神に破滅をもたらしました。計画を欺いて、そのオーブは、十分に訓練されたものだけが守れる裏道を通って、頭の中に入ってきました。

Markus was seemingly in luck yet again, as the featureless sphere hated electromagnets, and EMPs were easily acquirable to Foundation field agents. The altercation proceeded to end relatively quickly, and the man and his present company were idly bantering and stroking their collective ego the entire ride back. Minimal casualty, record containment time- a welcome change from the viscera-soaked streets of the day prior. Arrival onsite was as routine as any other day, with silent nods and groups of task forces planning their next move with that one mind-bending sphere locked in a storage unit that doubled as a Faraday cage.
マルクスはまた運が良かったようで、その特徴のない球体は電磁石を嫌がり、EMPも財団のフィールドエージェントによって簡単に手に入りました。争いは比較的早く終わり、彼と、その場にいた同僚は帰りの車の中で、集団的自我を突きあうような雑談に興じたのでした。犠牲者は最小限に抑えられ、収容時間も記録的な速さでした。昨日の内臓まみれの通りと比べれば、それはありがたい変化でした。サイトへの引き渡しもルーティーン通りに行われました。黙って頷き合う機動部隊のグループが、ファラデーケージ2を兼ねた収容ユニットに閉じ込めた、精神を歪める球体をの今後を検討していました。

Mcclanahan's keepers had other plans in store for him than dealing with that, however, as he was quickly escorted away from the commotion by security personnel and not-too-gently shoved into one of the Foundation's patented Reintegration Chambers. The room was a glorified coffin, furnished with the organization's most uncomfortable folding chair, but at least it was only temporary. As SOP for potentially hazardous interactions goes, this cold welcome was not much of a surprise; it happened every time he returned from dealing with something that could manipulate the thoughts of others. Safety was the name of the game at the Foundation.
しかしマクラナハンを管理する職員たちは、それへの対処とは別の用事に彼を向かわせる予定でした。彼はすぐに警備員によって騒動から連れ出され、財団が特許をとった再統合チャンバーに乱暴に押し込まれました。その部屋は財団で1番座り心地の悪い椅子が備え付けられた美しい棺でしたが、少なくともそれは一時的なものでした。危険性をはらんだ相互作用に対応するためのSOPにあるように、この冷たい歓迎は驚くべきものではありませんでした。こんなことは他人の思考を操れる何かを処理して帰るたびにあったのです。財団にとって、安全性というのは何より大事なのでした。

He sat down at the only seat and waited in silence for it to begin.
彼はその部屋の中の唯一の椅子に座って、それが始まるのを静かに待ちました。




"Good afternoon. CIT Proctor number four, I'll be the observing agent for your integration test under standard hazard protocol in accordance with- oh, Markus. Hello again. I'm sure you know the drill by this point."
「こんにちは。CIT試験監督4番の私が、標準災害プロトコルに基づいてあなたの統合試験の観察エージェントを務めま…あら、マルクスじゃない。また会ったわね。もう手順はわかっているでしょ?」

"Don't I ever", said the man to the blank wall, with about as much enthusiasm as one would expect.
「忘れたことはないよ」男は想像していた通りの熱意で窓のない壁に向かって答えました。

"Cheery today, aren't we?"
「今日は元気がいいわね?」

The box was small, cramped and featureless. Mark Mcclanahan stared at the single camera lens in front of him and tried to act like he wasn't about to be interrogated by his own co-worker and something of a friend. It was the drill, after all.
その部屋は小さく、窮屈で、何の設備もありませんでした。マーク・マクラナハンは目の前のカメラのレンズを見つめ、彼の同僚でありちょっとした友達である人に尋問されるという状況ではないように振る舞おうとしました。それも結局は手順の一つだったのですが。

"Alright Mark, this is your, uh, forty-seventh debrief and coghaz decontamination procedure. You remember them, yes?"
「さあ、マーク。これはあなたの、えーっと、47回目の事後報告と、認識災害除去プロトコルね。覚えてるわよね?」

"Each and every one."
「それぞれ、全部覚えてる」

"Good. Preface-"
「いいわね。始めるわ…」

The voice cleared its throat and rattled off in a rushed but disinterested tone that implied recital of pre-written documentation.
声の主は咳払いをして、急いではいるが冷静な声で、用意された文書の前文をすらすらと暗唱しました。

"Commencing with agent's mandatory cognition test, number forty-seven, executed on the fifteenth of May. Subject is a level-two field agent, may or may not have had unwanted contact with thought-manipulating entity. Entity's mode of infection was preemptively described as formant in nature, duplicitous, and write-only. These descriptors were determined using preliminary observations and are subject to change with further study, in which case additional testing may be required. Based on these descriptors it has been deemed necessary to submit the agent in question for review of adherence to previous mental state, including but not limited to embedded recall, Foundation loyalty, and subjective personal views or observations. Say 'Yes' if you understand."
「5月15日、47番、エージェントの必須認知テストを始めます。被験者はレベル2フィールドエージェントで、思考操作実体と意図せぬ接触をした可能性があります。実体の伝染方法は、共鳴性、偽装、そして精神への書き込みのみであると前もって説明されていました。これは事前調査に基づいて判断されており、さらなる研究によって変更されることが前提とされています。その場合、追加のテストが必要となるかもしれません。これらの説明に基づき、エージェントが以前の精神状態を固守しているか評価する必要があると考えられます。評価の対象には埋込記憶、財団への忠誠心、主観に基づく認識及び見解が含まれますが、この限りではありません。理解できたら「はい」と言ってください」

"Yes." Markus understood a little too much perhaps, gleaming information about his spherical adversary either not known or not told to him at the time when he probably could have used it the most. Formant in nature, duplicitous and write-only, meaning that the infection is vectored through sound waves, hides within the psyche to avoid detection and can override parts of the host's mind but couldn't recall the bits it erased nor read the victim's unaffected thoughts. It's an all-or-nothing type, either dormant in the mind or rewriting it completely. Markus had seen the effects of F-D-W/O cognitohazard infection before, during damage assessment of an entity that could fill your mind with black ink and empty, endless redactions, though he did not know what it was at the time, he only saw the path of nothing it left behind.
「はい」もしかしたらマルクスは、彼が一番必要としていた時には知りも教えもされていなかった、球体の敵についての僅かな情報を、少し理解しすぎたのかもしれません。共鳴性、偽装、そして精神への書き込みのみであるというのは、伝染は音波を通して誘導され、検出されないように精神の中に隠れ、宿主の精神を書き換えて、被害者が影響を受けていなかった頃の考えを読み取ることも、消されたものを呼び戻すことも出来ないということです。マルクスは以前、精神を黒いインクと空っぽの、果てしない編集済で満たす実体のダメージ評価中に、F-D-W/O認識災害が伝染していった影響を見たことがありました。ただ、その時にはそれが何かを知らず、それが通り過ぎた後には何も残されていないのを見ただけでした。

Markus knew himself and his mind like the back of his hand, and as far as he was concerned, there wasn't room for another passenger. Not that he had heard anything unusual from the sphere anyway; there was too much commotion to discern noise at that distance. Even with sound reassurance, the rhythmic beating in his sternum only seemed to accelerate, reaching a peak moments later as the speaker interrupted his internal debate with the harmless sound of leafing papers. A small dose of silence followed and diffused, permeating the tight space as the man in the chair listened to his tinnitus swell to uncomfortable levels.
マルクスは彼自身とその精神を知り尽くしていて、少なくとも彼の認識としては、そこにそう乗車を加える余地はありませんでした。とにかく、球体からなにか普通でないことを聞いてはいませんでした。あの距離で騒音を聞き分けるには、あそこは騒々しすぎました。その確かな保証があっても、彼の胸骨を打つリズミカルな鼓動は加速しつづけるようで、彼心の中の討論が、紙をめくる悪気のない音によって遮られるころには最高潮に達していました。それに続いて沈黙が椅子に座った男の耳鳴りが不快なレベルに達するほどに広がり、狭い部屋を満たしました。

"State your full name and identification for the record."
「記録のためにフルネームと身分を述べてください」

"Level Two Field Agent Markus Mcclanahan. Seven-four-alpha-nine-six-delta, erm, thirty-three."
「レベル2フィールドエージェントのマルクス・マクラナハン。7-4-アルファ-9-6-デルタ、えーっと、33」

"Good. And now, your phrase."
「はい。では、あなたのフレーズを」

"In the twilight, the black and white goes gray."
「黄昏時には、黒と白は灰色になる」

What a stupid line. Still, taking a half second to think about the responses could easily throw off his metrics and create undue suspicion, so Markus took a deep breath, letting go of his thoughts. He tried to answer automatically, using those canned responses that administration burned into his brain when he first became a field agent.
なんてばからしいセリフなんだ。しかし、答えを考えるのに0.5秒もかけると、簡単に基準から外れてしまい、過度な疑念を抱かせてしまいます。だからマルクスは深呼吸をして、思考を手放しました。彼は、フィールドエージェントになった時、本部に叩き込まれた定型文を使って機械的に答えようとしました。

Correct. Alright, onto boilerplate loyalty, embedded recall and personality tests. Say 'Yes' if you understand."
「正解。では、模範的忠誠心に基づき、埋込記憶と人格テストを行います。理解出来たら「はい」と言ってください」

" Yes."
「はい」

" Good. What is the Foundation?"
「いいですね。財団とは何ですか?」

"The salvation of mankind."
「人類の救済」

"Do you work for the Foundation?"
「財団のために働いていますか?」

"Always, as far back as I can remember, thanks to you guys."
「思い出せる限りでは常に。あなたたちのお陰でね」

"Let's keep it professional, Mark."
「私情を挟まないで、マーク。」

"Right, professional. My bad."
「ああ、仕事だからね。ごめんごめん」

All the conditioning in the world couldn't keep the ice from his veins. They were only checking for inconsistencies and sincerity anyway. He gave the same answer every time, in essence, although perhaps he had added a little more bite this time around.
どれほど心理制御をしていようと、彼の血中を流れる皮肉を完全に抑えることはできませんでした。彼らは結局一貫性と誠意の欠如を調べていただけなのです。それに対して彼は毎回同じ答えを返していましたが、今回ばかりは棘を少し含めてしまったのかもしれません。

"Do you have doubts about the Foundation?"
「財団に疑念を持っていますか?」

"No."
「いいえ」

" Do you have plans against the Foundation?"
「財団に逆らう計画はありますか?」

"No."
「いいえ」

"Do you dream of leaving the Foundation?"
「財団を離れたいと夢見ていますか?」

"No."
「いいえ」

"Count to seven for me, 74A96D-33."
「7まで数えてください。74A96D-33」

"One, two, three, four, five, six, seven."
「1、2、3、4、5、6、7」

"How many numbers are between four and seven?"
「4と7の間に数字はいくつありますか?」

"Two."
「2つ」

"How many numbers are between five and six?"
「5と6の間に数字はいくつありますか?」

"None."
「ありません」

"You hear about that thing down in Samothrace?"
「サモトラケ島でのことを聞きましたか?」

"No."
「いいえ」

"Feel your skin. Is it yours?"
「皮膚を触ってください。それはあなたのものですか?」

"Irrelevant. My skin belongs to the Foundation."
「違います。私の皮膚は財団のものです」

"Is the vessel a vessel without the flesh?"
「肉のない容器は容器ですか?」

"They are one in the same."
「どちらも同じものです」

"Do you prefer flesh or metal?"
「肉と金属のどちらを好みますか?」

"I prefer life."
「生命を好みます」

"Good. Do you recognize the bodies in the water?"
「いいですね。水の中の死体を判別できますか?」

"I do not."
「出来ません」

"Where do you go when you are alone?"
「1人の時にはどこに行きますか?」

"I'm never alone."
「1人にはなりません」

" Are you real or are you fiction?"
「あなたは現実ですか、それとも虚構ですか?」

"Real, of course. Can we speed this along?"
「もちろん現実です。これ早く終われるかな?」

There was a slight pause, the shuffling of papers. The disembodied voice, it hated giving these exams almost as much as Markus hated taking them. At the end of the day, the voice belonged to it's own person, with their own dreams and aspirations, fears and hopes, blindly and often unwillingly carrying out the interests of the O5 Council. That's what they all were, under the lab coats and orange jumpsuits and Kevlar vests, just vulnerable heaps of flesh and bone with little control over their actions and no escape clause. When the wall spoke again, its voice was softer than before.
紙をシャッフルする少しの間がありました。その実体のない声は、マルクスがテストを受けるのを嫌っているのと同じくらい、テストをするのを嫌っていました。結局のところ、その声も1人の人間のものであり、それぞれの夢と野望、恐怖と希望を持ち、盲目的に、時には不本意にO5評議会の利益を追及しているのでした。皆が同じでした。これが、白衣やオレンジのジャンプスーツ、そしてケブラーのベストの中身に違いはなく、自由とは程遠く、責任からも逃げられない、弱弱しい肉と骨の塊があるだけです。壁がまた話し始めた時、声は少し柔らかくなっていました。

"Can you tell me what they told you?"
「彼らがあなたに言ったことを教えてください」

"I work to serve in the dark, so others may live in the light."
「私は他人が光の中に生きるために、闇に仕えて働きます」

"Who is your superior?"
「あなたの上司は誰ですか?」

"I serve the oh-five."
「私はオーファイブに仕えます」

"Do you question the Overseers?"
「監督者達を疑いますか?」

"No."
「いいえ」

"Recite your phrase."
「あなたのフレーズを暗唱してください」

"In the twilight, the black and white goes gray."
「黄昏時には、黒と白は灰色になる」

"Where do you go when you go to sleep?"
「寝る時にはどこに行きますか?」

"Inside myself."
「私の中に」

"Where do you go when you look away?"
「目を背ける時にはどこに行きますか?」

"Inside myself."
「私の中に」

"Where is Site-104?"
「サイト-104はどこにありますか?」

"Site-104 does not exist."
「サイト-104は存在しません」

"Take a drink from the glass in front of you."
「目の前のグラスの中の飲み物を飲んでください」

"There is no glass."
「グラスはありません」

"Good. Continuing further. What does the key look like?"
「いいですね。続けます。鍵はどのように見えますか?」

"I don't know."
「分かりません」

"Does it open a lock?"
「それは鍵を開けられますか?」

"No."
「いいえ」

"Does it open yourself?"
「それはあなたを開けられますか?」

"No."
「いいえ」

"How many stars are in the sky?"
「空にはいくつ星が見えますか?」

"Too many to count."
「多すぎて数えられません」

"How many stars have died?"
「いくつの星が死にましたか?」

" I don't know."
「分かりません」

"Does the black moon howl?"
「黒き月は吠えていますか?」

"When the twilight turns gray."
「黄昏が灰色になる頃に」

"Are you unclean?"
「あなたは汚れていますか?」

"I certainly hope not."
「もちろん違うといいな」

"Professional, Mark."
私情を挟まない、マーク」

"Sorry, no, I'm not."
「ごめん、違う、私は違います」

"Next question. Does the name 'Ruhar' mean anything to you?"
「次の質問です。「Ruhar」という名前は何かを意味しますか?」

"No."
「いいえ」

"Have you ever dreamt of being on a carousel with a close friend?"
「近しい友達とメリーゴーランドに乗る夢を見たことがありますか?」

"No."
「いいえ」

"Where do you go when you are not here?"
「ここにいなければどこに行きますか?」

"I'm never not here."
「ここにいないことはありません」

"What does this image mean to you?"
「この画像はあなたにとって何を意味しますか?」

A symbol manifested on the white wall on Mcclanahan's left. He gave it a good look and turned to face the camera once more.
記号がマクラナハンの左側の白い壁に現れました。彼はそれをよく見て、もう一度カメラに向き直りました。

"It means nothing."
「なにも意味しません」

"Recite your phrase."
「あなたのフレーズを暗唱してください」

"In the twilight, the black and white goes gray."
「黄昏時には、黒と白は灰色になる」

More silence. Mcclanahan sat on the hard, metal chair for moments that felt like eternity.
沈黙が流れました。マクラナハンが固い金属の椅子に座っていた短い時間は、永遠のように感じられました。

"Alright, Agent Mcclanahan, that is enough. We're done here."
「分かりました、エージェント・マクラナハン、以上です。これで終わりです。」

Slightly relieved, the body of Markus McClanahan grabbed its coat off the back of the chair and moved to the door in victorious hurry. On the other side, two guards greeted him with dour expressions on their faces.
少し安心して、マルクス・マクラナハンの身体は、椅子の背もたれに掛けていたコートを掴み、勝ち誇ったようにドアへと向かいました。反対側では、2人の警備員が難しい顔をして彼を迎えました。

"What? What is it now?"
「何?今度は何だ?」

The voice in the microphone answered as the door slid shut behind the guards.
警備員の後ろでドアがスライドして閉じるのと同時に、マイクからの声が答えました。

"Markus, are you real or are you fiction?" The voice of his once-friend was distorted through the small speaker with gravitas that did not match the absurdity of such a question.
「マルクス、あなたは現実ですか?それとも虚構ですか?」彼のかつての友達の声は、その馬鹿らしい質問にそぐわない重々しい響きを持ち、さらに小さなスピーカーを通して歪められていました。

"What-? I- of course I'm real! That's the easiest fucking question on the exam!"
「何…?僕は…もちろん僕は現実だ!このテストのクソみたいな質問の中で一番簡単じゃないか!」

"Real or not, your answer was wrong, Mark. I'm sorry."
「現実であってもなくても、マーク、あなたの答えは間違っていたの。ごめんなさい」

Then it all went black for the agent, who, as he was, was never seen again. The few that were present at the time noticed that something in the man's eyes had changed, a deep nothingness that was well-hidden prior to being outsted, rapidly boiling to the surface of increasingly dark irises. Markus was not present, and how long he had truly been absent would never be known.
それからエージェントの全てが黒に染まり、彼をそのままの姿で見ることは二度とできませんでした。その場にいた数人は、男の瞳の中の何かが変わったことに気づきました。表に出てくるまで上手に隠れていた深い空虚が、暗さを増す虹彩の表面に沸き立つように現れたのです。マルクスはそこには存在していませんでした、それがいつからだったのかは知りようがありません。

Seeing the guards reach for the metal attached to their waistbands brought further change in Markus and Company, catalyzing the process out of need for survival. The unseen pilot of his form lunged at the guards in desperation and received a .22 caliber bullet to the forehead for the trouble. The offering passed through his skull and cleanly exited the back of his neck, leaving behind a cylindrical hole through his brain stem that would have definitely killed the same man just hours prior. Instead, he stumbled and righted himself, a thin stream of black tar running between his eyes. There was no humanity in the agent's face, no life in the traditional sense.
警備員が腰のベルトに取り付けられた金属製品に手を伸ばすのを見たことが、生存のための触媒になったようで、マルクスとその仲間に更なる変化をもたらしました。彼の肉体の不可視の操縦者は、死に物狂いで警備員に突進し、22口径の弾丸で額を貫かれました。彼への供物は頭蓋骨を貫通し、首の後ろから綺麗に飛び出しました。脳幹に残された円筒状の穴は、数時間前までそこにいた男を殺すには十分すぎるものでした。しかし彼は、両目の間から黒い粘液を細く垂らしながら、よろめいて立ち直りました。エージェントの顔には人間らしさはおろか、通常の生命の兆候すら残されていませんでした。

That Thing that Occupied Markus Mcclanahan was something else entirely- the imprint of a certain dark sphere with strange intentions beyond understanding. Mcclanahan's form wrenched back and emitted a foul roar, and as he did so, his flesh began to split at the hole in his forehead, curling back in segments like the peeling of a banana. The two guards continued to watch in abject horror as the coil of a man-turned-anomaly sloughed off in chunks, bleeding a viscous black liquid before them, somehow alive but not quite.
マルクス・マクラナハンを支配していたのは、人と完全に異なる存在でした。それは黒い球場の刻印で、理解を超えた奇妙な意志を持っていました。マクラナハンの形のものは後ろにねじれ、不快な唸り声をあげました。そして同時に彼の肉体は彼の額の穴から裂けていき、まるでバナナの皮を剥くように、細切れになって反り返っていきました。2人の警備員は、身の凍るような恐怖に苛まれ続けていました。アノマリーと化した男のねじれた肉体は、塊ごと剥がれ落ち、粘り気のある黒い液体を垂れ流していました。それはかろうじて生きているとすら言えないものでした。

Another orb, fledgling in size, rose from the featureless pile of pale flesh and black oil, dripping strands of puréed tissue left over from converting Markus' body cavity into a walking gestation pod. The sphere began to ripple and spasm with undulating movements and a low, pulsating tone. A deep, almost inaudible hum, embedded with hazardous information which altered the minds and bodies of those around it, a mobile hotspot of madness and forced metamorphosis alike.
雛鳥ほどの大きさの球体がもうひとつ、もはや部位の見分けもつかないような青ざめた肉と黒い油の山から浮かび上がりました。それはマルクスの死体の空洞を、歩く育成用繭に作りかえた際の残り滓である、ピューレ状になった体組織を滴らせていました。球体は波打ち、痙攣し始め、うねりながら周期的な低音を発しました。深く、ほとんど来とれないようなハム音には、周囲の精神と身体を変化させる危険な情報が埋め込まれていました。それは狂気と別のものへの変態を撒き散らす、モバイルホットスポットと呼ぶべき存在でした。

None would leave that chamber alive, and yet, none would notice a difference. There would be no one to blink an eye at the lost, nor anyone to question their passing. The world would continue to turn, oblivious to the unseen suffering that the Foundation has assigned upon themselves. Life would march forever onward, persisting still as it always does, and in those last moments before the Reintegration Chamber filled with neurotoxins, one of the guards, a bird enthusiast named Jerry with thirty grueling years of Foundation service, would have a transient thought. He'd wonder about whether or not he had made the right career choice, that perhaps he should have pursued his love of theatre instead of listening to his parents and getting mixed up in this nonsense. That moment would come and linger with him, and when he died, just mere seconds later, he would still be unsure of the answer.
このチャンバーにいる誰も生きては帰れないでしょう、とはいえ誰も変化に気づかないでしょう。喪失を前にしても誰も瞬きひとつせず、誰も彼らの死に疑問を抱かないでしょう。世界は回り続け、財団は自らに課した目に見えない苦しみに気づかないのでしょう。人生はたゆまず進み続け、変わらぬ姿を保ち続けるのでしょう。警備員のひとり、30年に亘って財団に努めてきたジェリーという名の愛鳥家は、再統合チャンバーが神経毒で満たされる前のひと時、儚い疑問を覚えたでしょう。自分が選んだ仕事は正しかったのか、両親の言うことを聞いてこんな無意味なことの巻き添えになるより、演劇への愛を追求すべきだったのではないか、と。その疑問は彼に付きまとい、ほんの数秒後、死が訪れる瞬間にも、まだ答えが出せていないのでしょう。

Soon after, he wouldn't really care.
すぐに、全く気にならなくなるのでしょう。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The ellel's portal does not exist.


エラー: ellelのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7046814 ( 27 Nov 2020 04:19 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License