翻訳 SCP-5545 - アブノ―マリティー(原題:ABNORMALITY)

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x


site344-1.jpg

Provisional Site-344-1, Antarctica. 
南極にあるサイト-344-1

Item #: SCP-5545
アイテム番号: SCP-5545

Object Class: Safe
オブジェクトクラス: Safe

Special Containment Procedures: Provisional Site-344-1 has been built around SCP-5545-1. At least eighteen individuals must be present within Site-344-1 at all times.
特別収容プロトコル: 臨時サイト-344-1はSCP-5545-1の周辺に構築されています。少なくとも18人の人間が常にサイト-344-1の中に存在している必要があります。

Conceptual Site-344-2 contains SCP-5545-2 via association lock. All Foundation personnel entering Provisional Site-344-1 must be presented with the following phrase:
SCP-5542-2は関連ロックによって概念サイト-344-2に含まれています。臨時サイト-344-1に入る全ての財団職員は、次のフレーズを提示する必要があります:

SCP-5545-2 is contained in Site-344-2.
SCP-5545-2はサイト-344-2に収容されている

SCP-5545-3 will remain inactive as long as SCP-5545-1 and SCP-5545-2 remain contained.
SCP-5545-3はSCP-5545-1とSCP-5545-2が収容されている間は活動しません。


hallway.JPG

SCP-5545-1-E2.

Description: SCP-5545 refers to a series of interrelated anomalous objects and phenomena.
説明: SCP-5545は、相互に関係した一連のオブジェクトと現象です。

SCP-5545-1 appears as a series of hallways manifesting within the subterranean complex of Provisional Site-344-1. SCP-5545-1 instances appear in various forms, but will always lack doors or discernible markings, possess light fixtures at regular intervals, and be indistinguishable architecturally from its surroundings. Although SCP-5545-1 instances extend indefinitely, these hallways cannot be entered from any other location; it is believed that SCP-5545-1 intersects an extra-dimensional space.
SCP-5545-1は臨時サイト-344-1の地下複合施設内に現れる一連の廊下として出現します。SCP-5545-1は様々な形で現れますが、常に、ドアや識別可能なマークを持たず、一定の間隔で照明器具があり、その周辺と建築上見分けがつきません。また、SCP-5545-1は無限に広がり、その廊下は他のどんな場所からも入ることはできません。そのためSCP-5545-1は余剰次元空間を横断していると考えられています。

SCP-5545-2 is an entity located within Site-344-2. No further information can be provided.
SCP-5545-2はサイト-344-2の中に存在します。それ以上の情報は提供できません。

SCP-5545-3 is a phenomenon resulting in SCP-5545-2's interactions with SCP-5545-1. During this process, SCP-5545-1's area of effect will exponentially increase with time, resulting in the manifestation of SCP-5545-1 occurring globally within a period of 4–6 hours. This will continue so as long as SCP-5545-2 is present within SCP-5545-1; subversively, SCP-5545-1 will logarithmically decrease in its area of effect while SCP-5545-2 is not present within it.
SCP-5545-3は、SCP-5545-2がSCP-5545-1と相互作用した結果引き起こされる現象です。この過程で、SCP-5545-1の影響範囲は時間とともに指数関数的に拡大し、その結果、SCP-5545-1の兆候が4から6時間の間に世界的に発生します。この現象はSCP-5545-2がSCP-5545-1の内部に存在している限り続き、SCP-5545-2がSCP-5545-1内に存在していなければ、影響範囲は対数的に縮小します。

Although this is not the limit to the relationship between SCP-5545-2 and SCP-5545-1, further information would constitute a containment breach.
これはSCP-5545-1とSCP-5545-2の間の関係を制限するものではありませんが、さらなる情報は収容違反の原因となり得ます。

Discovery: Although the exact details behind SCP-5545's discovery are unclear, its central anomaly was believed to have been repeatedly discovered by colonial explorers since the late 1700's. Due to their interactions with SCP-5545-1 and -2 (and in some cases the indirect activation of SCP-5545-3), a vast majority of colonial explorers who learnt of the anomaly died, either from the anomaly itself or suicidal tendencies provoked by it. The total number of casualties during this time period are believed to number around seventy.
発見: SCP-5545の発見における正確で詳細な背景は不明ですが、その中心となるアノマリーは、1700年代後半から植民地時代の探検家によって繰り返し発見されていたものだと考えられていました。SCP-5545-1と-2の相互作用(場合によってはSCP-5545-3の間接的な活性化)が原因で、アノマリーを発見した植民地探検家の大半が、アノマリー自身またはそれによって引き起こされる自殺願望によって死亡しました。この期間における死傷者の総数は、約70人だと考えられています。

On September 8th, 2003, Foundation researchers discovered SCP-5545 during an expedition into Antarctica. The anomaly was initially believed to be confined to SCP-5545-1, and a provisional site was quickly established. However, after discovering the site in which SCP-5545-2 was located, sixteen members of the research team died. After investigation, the current containment procedures were set in place.
2003年9月8日、財団の研究員は南極への遠征中、SCP-5545を発見しました。アノマリーは当初、SCP-5545-1のみだと考えられており、臨時サイトが早急に建設されました。しかし、SCP-5545-2が存在する場所が発見された後、研究チームの中の16人が死亡しました。調査の後、現在の収容手順が確立されました。


NOTICE
The remainder of this file has been deemed extremely sensitive information. If your O5 Clearance credentials are found to have been falsified, you will face termination charges.

通知
この報告書の残りの部分は、非常に機密性の高い情報だと見なされています。もしあなたのO5評議会のクリアランスが偽造されていると発覚した場合、終了措置が取られるでしょう。


Between December 3rd, 2003, and November 15th, 2019, twenty-nine Mobile Task Force units have been sent into SCP-5545-1 instances, and seventy-three D-Class personnel. None have been accounted for since. Another expedition was scheduled for December 21st, 2019, but was prevented from occurring.
2003年12月3日から2019年11月15日にかけて、29の機動部隊と73人のDクラス職員がSCP-5545-1の実体内部に送られました。それからは何も報告されていません。2019年12月21日にも遠征が予定されていましたが、未然に防がれました。

On November 18th, 2019, Director Jason Monroe submitted a formal inquiry to investigate the documentation surrounding SCP-5545, the extensive loss of human life, and the general misconduct of staff in the site. Director Monroe was permitted to conduct his investigation; a full list of relevant documentation can be found below.
2019年11月18日、サイト管理官のジェイソン・モンローはSCP-5545に関する文書、人命の大規模な損失、サイト職員の一般的な不正行為を調べるための正式な調査を提案し、モンロー管理官は調査を行うことを許可されました。関連文書の完全なリストは以下にあります。

Addendum 1: Official Inquiry Request and Response
補遺1: 正式調査依頼とその返答

Addendum 2: Initial Exploration
補遺2: 初期探索

Addendum 3: Investigation
補遺3: 調査

Addendum 4: Conclusion
補遺4: 結論



































scp en keter メタ 語り 人間型



ページ情報

執筆者: ellel
文字数: 62798
リビジョン数: 16
批評コメント: 0

最終更新: 13 Jan 2021 02:05
最終コメント: 批評コメントはありません

ERROR

The ellel's portal does not exist.


エラー: ellelのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7046814 ( 27 Nov 2020 04:19 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License