Maybe きっとダいじょうぶ

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 現在、Dクラス職員をSCP-XXX-JPの対象にさせることで収容状態を維持して下さい。SCP-XXX-JPによってDクラス職員が死亡した場合は直ちに他のDクラス職員をSCP-XXX-JPの対象にさせて下さい。██████病院には常に医療スタッフに扮した財団職員に見回りをさせて下さい。

説明: SCP-XXX-JPは████県立██████病院に搬送中の救急車内でランダムに起こる現象です。SCP-XXX-JPが発動する条件は搬送中の患者が成人した大人であること、その患者が重症であることが確認されています。なお、SCP-XXX-JPが発動する前に救急車の搬送先を██████病院以外の医療施設に指定することでSCP-XXX-JPの発動を阻止できることが確認されています。

対象となった患者はSCP-XXX-JPが発動する前に、言語性幻聴1を聞き始めます。過去に記録でSCP-XXX-JPによる幻聴を受けているDクラス職員にインタビューをしたところ「男の子の声が聞こえた」「”きっとだいじょうぶ”と励まされた」などのSCP-XXX-JPの幻聴に対して非常に好印象なコメントを記録しました。これらの記録からSCP-XXX-JPによって聞こえる声の持ち主は推定7歳ほどの男児と考えられています。

言語性幻聴を聞き始めて約3分ほど経つと対象は集団墓地に転送されます。この集団墓地の場所は特定されておらず、先がないほど広いことが分かっています。次に対象はそこで葬式の参列を発見します。この葬式は誰が死んだために行われたのかが分かっていません。対象が参列を発見してから暫くすると元の救急車に再び転送されます。

対象はその病院で驚異的な回復力を見せ、最短で2週間以内に病院を退院します。このまま対象が病室に入院すると、精神異常を発症します。入院した対象は他者から何を言われても「だいじょうぶと言われた」と錯覚します。また、対象は本や新聞などの文面や、何も書かれていない壁や床にも「だいじょうぶ」と書かれていると錯覚します。

対象が病院を退院するとSCP-XXX-JPの影響は全く受けなくなります。対象自身も何も無かったかのように病院を退院し、普段の生活を送り始めます。この1週間後、対象は何らかの形で心身にかかわる重傷を負い、また██████病院に搬送されます。その救急車内でもう一度SCP-XXX-JPが発動し、対象はこのくだりを永遠に繰り返します。対象が死亡するとSCP-XXX-JPのターゲットは変更され、次に██████病院に救急車で搬送されてきた患者に発動します。

以下の記録はSCP-XXX-JPの存在が確認されて間もない20██/7/17~20██/7/19に、安斎博士によって記録されたインタビュー記録です。救急車で搬送中のSCP-XXX-JPの対象となったD-65882にインタビューを行いました。なお、医療スタッフに扮した財団職員数人も同行しています。

補遺: D-65882は20██/7/25に

 

 

 

 

 

 

 


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The unagi-mesi's portal does not exist.


エラー: unagi-mesiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7039226 ( 24 Nov 2020 03:59 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License