非現実的なスノーグローブ

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは大型オブジェクト収容チェンバーに収容されます。収容室の中に進入するにはセキュリティクリアランス3/XXX-JPを保有する職員の許可が必要です。SCP-XXX-JP-A内には財団エージェントを1人常に配備させ12時間ごとに交代させて下さい。

説明: SCP-XXX-JPは半径2.5mのガラスの球体及びそれを乗せた5m×5m×1mの木造の台座です。見た目はスノーグローブ1に酷似しています。制作者と製造年は不明です。SCP-XXX-JPの中には建造物らしきものが確認できますが視界がぼやけているため、外から観察するだけでは中の様子が確認できません。

SCP-XXX-JPにはガラスで構成された入り口となる1つの扉が存在します。この扉は周りのガラスと隙間を作らずに存在していたため、収容当時はその存在が確認されていませんでした。SCP-XXX-JP内部へ入室した人間は雪山が広がる半径50m程の未知の異空間へ転移されます。SCP-XXX-JP内部は室内にもかかわらず常に降雪、積雪が8cm存在しており、この積雪量は如何なる方法を用いても変化しないことが判明しています。気温は-4.2度を保っています。また、SCP-XXX-JP内部に降雪している雪は通常の雪とは異なり、合成樹脂で構成された綿であることがSCP-XXX-JP研究主任チームの報告により判明しました。これらは合成樹脂であるにもかかわらず、雪に酷似した特性2を有しています。SCP-XXX-JP内部には天井らしきものが確認されておらず、また確認する試みもすべて失敗に終わっています。

SCP-XXX-JP内部には時空間異常が生じており、1週間のサイクルを繰り返していると推測されています。SCP-XXX-JP内部に存在する物体が何らかの形で移動、又は損傷した場合、毎週火曜日の17時28分53秒を経過した時点で元の状態、位置に戻ります。SCP-XXX-JP内部はこのサイクルをいつから繰り返しているのかは不明です。

SCP-XXX-JP内部の中心には山小屋(以下SCP-XXX-JP-Aと呼称)が存在します。SCP-XXX-JP-Aの内装は素朴で木組みの床と壁と壁に掛けられた時計と1階北の壁側に設置されているレンガ造りの暖炉しかありません。暖炉の中には木の束が燃料として燃焼していますが、燃料が燃え尽きることはなく常に燃焼しています。SCP-XXX-JPは収容時である19██/04/30から20年以上が経過していますが、前述の特性によりSCP-XXX-JP-Aや内部の家具の老朽化の傾向は一切確認されていません。

SCP-XXX-JP内部には白い肌を持つ女性の人型実体(以下SCP-XXX-JP-1と呼称)が閉じ込められています。SCP-XXX-JP-1は通常、SCP-XXX-JP-A内部で暮らしていると考えられています。また、SCP-XXX-JP-1はSCP-XXX-JP内部に閉じ込められる以前の記憶を一切保持していません。SCP-XXX-JP-1も時空間異常の影響を受けていると推測されます。SCP-XXX-JP-1の特筆すべき行動記録として雪だるまを作る、作った雪だるまを小屋の中に運ぶ、外に出して壊すといった行動が頻繁に確認されています。SCP-XXX-JP-1に関するより鮮明な詳細はインタビュー記録XXX-JP-1を参照してください。

 
インタビュー記録XXX-JP- 1 - 20██/██/██

対象: SCP-XXX-JP-1

インタビュアー: ██博士

付記: SCP-XXX-JP-1とは過去に2回の接触を行っています。

<記録開始>

[需要度が低いため省略]

██博士: SCP-XXX-JP-1、あなたはいつからこの山小屋に住んでいるのですか?

SCP-XXX-JP-B: そうですね…、ちょうど1週間ほど経つと思います。

██博士: なるほど…。どのようにしてこの空間の中に入ったのかは覚えていますか。

SCP-XXX-JP-1: それが覚えていないんです。気づいたらいつの間にかここにいましたから。

██博士: あなたはこの空間から出ようとは試みましたか。

SCP-XXX-JP-1: 一度は出ようと思いました。しかし、この小屋からしばらく歩くと…分かりませんが謎の力で押し返されるんです。これまで何度も試してきましたが、どうやっても外に出られませんでした。

██博士: なるほど。あなたは先ほどこの空間にどのように入ったかは覚えがないと言いましたが、その…気づいたときの事を具体的に話してもらえますか?周囲の景色の様子やあなたの考え、何でも。

SCP-XXX-JP-1: あー…。私が気づいたときには私だけではなく、私以外にもう一人、男性の方も一緒でしたね。

██博士: 男性?あなたは最初からこの空間に一人だけではなかったのですか。その彼は今どこに?それらしき姿が見当たりませんでしたが。

SCP-XXX-JP-1: 彼はちょうど1週間前に、私の助けを呼びに行くと言いながらこの場所を離れました。ああ、もちろん彼が勝手にどこかに行ったのではありませんよ。どちらがここに残ってどちらが助けを呼びに行くか、ちゃんと話し合って両方の合意の上で決めたことです。

██博士: その男性がこの場所を離れたのは本当に1週間前ですか?

SCP-XXX-JP-1: はい。1週…あれ、えー…[7秒間沈黙]

██博士: えー、質問の内容を変えます。あなたはこの空間から出ようとは試みた

SCP-XXX-JP-1:

██博士:

SCP-XXX-JP-1:

██博士:

SCP-XXX-JP-1:

██博士:

SCP-XXX-JP-1:

██博士:

タグ: scp jp Safe 建造物 自我 人工 死体

 

 

 


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The unagi-mesi's portal does not exist.


エラー: unagi-mesiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7039226 ( 24 Nov 2020 03:59 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License