急行列車ディスカッション

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-2570-JP

オブジェクトクラス: Euclid


特別収容プロトコル: SCP-2570-JP-1に記載された日には██駅に警備員に扮した財団エージェントを複数人配置し巡回させて下さい。██駅には常に清掃員に扮した財団エージェントを3人巡回させて下さい。SCP-2570-JPが発生次第、財団エージェント2人をSCP-2570-JP-2に乗車させ、内部の様子を報告させて下さい。SCP-2570-JP-2に乗車した乗客はクラスA記憶処理を施し、カバーストーリー「疲労によるめまい」を適用して下さい。SCP-2570-JPの終了に伴い生じる車両の極端な早着による到着予定時刻のずれや、各車両の出発予定時刻のずれが発生させる混乱を防ぐために、SCP-2570-JP終了毎に適切なカバーストーリーが適用されます。

駅の情報掲示板にSCP-2570-JP-1が出現した場合、担当のエージェントはサイト-81██の情報管理部に報告し、直ちに回収してサイト‐81██内の資料管理室に保管して下さい。

※203█/7/23追記、現在SCP-2570-JPについて以前との相違点が多数報告されていますが、SCP-2570-JPが発生した場合は通常通り上記のプロトコルが実施されます。


説明: SCP-2570-JPは東京都に位置する██駅の6番ホームを通過する車両内で発生するイベントです。イベントの内容は乗客が車両の中で討論をすると言った内容であり、イベントの詳細、SCP-2570-JP-1~4の詳細は後述します。過去にSCP-2570-JPの発生を阻止する試みが行われていますが、その性質上、発生を阻止する試みは非常に困難であることから、現在はSCP-2570-JPの発生に伴い生じる混乱を緩和させることに力を尽くします。

SCP-2570-JP-1はコート紙のフライヤーです。SCP-2570-JP-1には次回のSCP-2570-JPの「イベント内容」「イベントの発生日 時刻」が印刷されています。SCP-2570-JP-1自体は非異常性であることが確認されています。現在までに、情報掲示板にSCP-2570-JP-1が出現した瞬間は記録できておらず、SCP-2570-JP-1がどのような原理で出現しているのかは解明されていません。このSCP-2570-JP-1に記載された「イベント内容」「イベントの発生日 時刻」の通りに沿ってSCP-2570-JPは発生します。

情報掲示板に出現したSCP-2570-JP-1に記載されたSCP-2570-JPの発生時刻に近づくにつれ、6番ホームに民間人が集中し始めます1。その為、SCP-2570-JPの発生時刻に6番ホームに停車した車両は必然的に定員を大幅に超えた状態になります。その後、この定員を超えた状態の車両(以下SCP-2570-JP-2と呼称)内で以下のプロセスを辿りSCP-2570-JPが発生します。

  1. 車両内に通常とは異なるアナウンス2が流れる。
  2. 車両内の客席が移動を開始してU字型に整列する。中央には木製の縦長テーブルが出現し、複数枚の資料が出現する。乗客はこの状況に違和感を覚えずに整列した客席に無意識的に着席する。3
  3. 車掌室の入り口が青白く発光し、スーツを着用した男女の人型実体が合計██名(以下SCP-2570-JP-3と呼称)出現し、一番前の席に着席する。
  4. SCP-2570-JP-2が███駅を出発する。SCP-2570-JP-2が通常の運行時と変化の無い速さで運行し始める。4
  5. 「今回の討論のテーマは~~です。では、お互いにディスカッションを開始して下さいませ」というアナウンスが入り、車両内に汽笛が鳴り響く5。これを開始の合図としてSCP-2570-JP-2に乗り合わせた乗客らによる討論が開始される。この時、乗客はイベントに対して何の違和感も感じずに討論に参加する。
  6. SCP-2570-JP-2が駅の終点に到着するとイベントが終了する。SCP-2570-JP-3は席から立ち上がり、車掌席の入り口に進入し、消失する。SCP-2570-JP-2が終点に到着するまでの時間は様々だが、イベントに参加した乗客は車両内での時間の経過を非常に遅く感じ取る。
  7. 客席が再び移動を開始、テーブルと資料は消失し、車両内は元の状態に戻る。駅のホーム側の扉が解放され、乗客の下車が可能になる。

以上のプロセスをSCP-2570-JPが何を動力源に発生させているのかは現在、調査中です。

SCP-2570-JP-2内で繰り広げられる討論のテーマは主に政治関係のものであり、最近メディアに取り上げられたり世間で話題になったりした出来事、事件がテーマに選ばれます。終点に到着するとイベントは終わりを迎え、最終的にSCP-2570-JP-3群によって事案が制定されます。この討論で最終的に制定された事案は大抵の場合、そのまま社会の政治に広く反映されます。この後、新たに██駅の情報掲示板に次回のイベント内容が記載されたSCP-2570-JP-1が出現します。イベントに参加中の乗客は大抵の場合、警戒心、判断能力の低下、感情的かつ頑固になることが報告されています。そのため、自分の意見を強く主張し通そうとしたり、他人の意見を聞くことを極度に嫌うようになります。また、イベントに参加した後の乗客らはイベント終了時、大きな達成感、政治又はそれに関係する事柄への関心を有することが判明しています。この精神影響はAクラス記憶処理によって問題なく除去可能です。

以下はSCP-2570-JP発生時に車両内に流れるアナウンスを文字に起こしたものです。

今回は急行列車ディスカッションにご乗車頂き、誠にありがとうございます。この急行列車は一方通行、すなわち止まるところを知りません。ただ終点を目指して突き進むのみでございます。お客様方はこの列車にご乗車された。一体何をするために?討論、討論、そう討論でございます。急行列車は止まらない、一方通行、されど討論は続きます。己の意見をぶつけましょう、己の知恵で争いましょう。日本のより良き未来のために、討論をしましょう。

SCP-2570-JP-3は1~██とナンバリングされています。イベントは主にSCP-2570-JP-3が中心となり討論を進行させているように見受けられます。また、SCP-2570-JP発生中にSCP-2570-JP-3が会話をすることが判明していますが、SCP-2570-JPに参加した乗客、SCP-2570-JP-3以外の人型実体とは会話を行った記録はこれまでにありません。

過去にGPSやカメラ、マイクなどの通信機器を所持させた調査員を複数人SCP-2570-JP-2内に送り込んだ結果、イベントの発生時刻になるとGPSは正常に移動するSCP-2570-JP-2内を指していましたが、マイクには不明なノイズ音、同じくカメラにも不明なスノーノイズがイベントの終了するまで記録されていました。その為、通信機器からのSCP-2570-JP発生中の詳しい記録は記録できませんでしたが、イベント終了時に帰還した調査員の証言により、SCP-2570-JPに関する詳しい説明が作成されました。

また、SCP-2570-JP担当主任チームからの報告によると、SCP-2570-JPに参加した際に受ける精神影響の経過観察を実施するために、複数人のDクラス職員をSCP-2570-JPに参加させてその後の観察をした結果、精神影響を受けたDクラス職員の作業効率や生産性、業務に対する責任感が大幅に向上している事が報告されました。

なぜイベントが██駅に停車する車両で発生するのか、なぜ討論を主に実施する内容のイベントを発生させているのかは現在、様々な見解が予想されていますが、真実は定かではありません。

以下はこれまでに確認されているSCP-2570-JPの内容と世間に反映された事案、SCP-2570-JP-1と記載されていた文章の一部抜粋の要約をまとめた表です。


.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

 

 

 
 


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The unagi-mesi's portal does not exist.


エラー: unagi-mesiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7039226 ( 24 Nov 2020 03:59 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License