異常の戦士

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Thaumiel

特別収容プロトコル: [SCP-XXX-JPはサイト-81██の低危険物収容ロッカーに収容されます。エージェント風隠はSCP-XXX-JP-Aに指定され財団の監視下にあります。SCP-XXX-JP-Aの業務継続は許可されています。襲撃イベントの際はO5評議会の許 可が通り次第一時的にSCP-XXX-1及びSCP-XXX-JP-2を解放します。襲撃イベント終了時SCP-XXX-JP-1とSCP-XXX-JP-2の再収容、SCP-XXX-JP-Aに記録した音声記録の提出を義務付けてください。

説明: SCP-XXX-JPは特殊な装飾が施されたベルトのバックル(SCP-XXX-JP-1)と数枚のカード(SCP-XXX-JP-2)です。SCP-XXX-JP-1は未知の物質で構成されており、破壊は可能で破壊後3時間で一箇所に吸い寄せられ接着する形で修復されます。破壊されている間SCP-XXX-JPは異常性が一時的に無力化されますが破壊は推奨されません。SCP-XXX-JP-2は番号とその番号に対応するSCPオブジェクトが描かれています。
SCP-XXX-JP-Aは財団エージェントのエージェント風隠です。SCP-XXX-JP-AはSCP-XXX-JP-1とSCP-XXX-JP-2を使用できる唯一の人物です。SCP-XXX-JP-AがSCP-XXX-JP-1を腰に接触させ、「装着」し、SCP-XXX-JP-2をSCP-XXX-JP-1に挿入するとSCP-XXX-JP-2に描かれたSCPオブジェクトの異常性を獲得したスーツまたは武器(SCP-XXX-JP-3)がSCP-XXX-JP-Aが装着した形で出現します。
SCP-XXX-JP-3をSCP-XXX-JP-Aから脱がせる試みは失敗に終わりました。
そして定期的に「襲撃イベント」が発生します。襲撃イベントの流れは以下の通りです 。

1.ランダムな位置に直立二足歩行の異常生物(SCP-XXX-JP-B)が出現する。SCP-XXX-JP-Bにはそれぞれ番号が振られており、番号に対応したSCPオブジェクトの異常性を獲得しています。またSCP-XXX-JP-Bは通常の銃火器や爆発物、刃物では撃破できません。

2.SCP-XXX-JP-AがSCP-XXX-JP-Bの半径100メートルの地点に転移、SCP-XXX-JP-1及びSCP-XXX-JP-2が浮遊しSCP-XXX-JP-Aがいる地点に移動。この時SCP-XXX-JP-1及びSCP-XXX-JP-2は壁を貫通することはできず、実質的収容は可能です。

3.SCP-XXX-JP-AがSCP-XXX-JP-1を装着、SCP-XXX-JP-2を使用しSCP-XXX-JP-3を装着した状態になる。

4.SCP-XXX-JP-AとSCP-XXX-JP-Bが戦闘。この戦闘は必ずSCP-XXX-JP-Aが勝利すると決まっておらず、SCP-XXX-JP-Aが敗北することもあることに留意してください。しかし、SCP-XXX-JP-Aが撃破、死亡した例は確認されていません。

5.SCP-XXX-JP-AがSCP-XXX-JP-Bを撃破。

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]

ERROR

The Drake dragonfly 's portal does not exist.


エラー: Drake dragonfly のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7036208 ( 21 Nov 2020 23:54 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License